クレンジングは50代で切り替えるべき?人気ランキングおすすめ3本を徹底解析!

50代のクレンジング選びで絶対に欠かせないポイントは? アットコスメでも人気のクレンジングをピックアップし、50代でも安心して使える成分かどうか詳しく調べた結果もお伝えします。

50代のクレンジング選び

スポンサーリンク

乾燥がひどい・・・クレンジングは50代で変えなきゃダメ?

お化粧を始めた10代、20代の時とまったく同じクレンジングを使っている方も少なくありませんよね。ドラッグストアで買える定番のプチプラクレンジングも、幅広い年齢層に人気があります。親子で同じクレンジングを使っているケースも珍しくありません。

ただ、よほど肌の美しさや丈夫さに自信がある場合を除き、一般的には年齢に応じてクレンジングを切り替えていく対策が必要です。すでに肌の乾燥に悩んでいる方はエイジングケアができる化粧水や乳液を使い始めているかも知れませんが、実はクレンジングこそまっさきに切り替えるべきアイテムです。

一般にはまだあまり知られていませんが、クレンジングこそ、加齢による乾燥を招く最大の原因になる恐れがあります。

ショック!激減する50代女性のうるおい成分

50代になるとクレンジングを見直さなければならない理由は2つあります。まず、人間の肌は年齢によってうるおい成分がどんどん減っていくことが理由の1つです。皮膚の水分量は個人差もあるので年齢別の平均値は数値化されていませんが、加齢によって水分含有率が下がっていくことは間違いありません。

40~50%の水分量をキープするのが理想的ですが、40代以降、年齢を重ねれば重ねるほど保持できる水分量は減少していきます。水分量の他、ヒアルロン酸やコラーゲンなど他のうるおい成分も減ってしまうため、若い頃にはあまり意識しなかった乾燥問題に直面することになります。

アラフィフ特有のトラブル!昨日までなかったくすみ&ほうれい線に気づく時・・・

50代になると、乾燥だけではなく、くすみやほうれい線などのトラブルも抱えやすくなります。実は、くすみやほうれい線も根本的な原因はうるおい成分の不足です。皮膚の水分量が低下すると肌の透明感が失われるため、毛穴も目立つようになりますし、顔全体のくすみも激しくなります。

ほうれい線ができるのも、加齢の影響です。老化によって肌の水分やコラーゲンが減ることで、頬全体を支える皮膚組織もたるみやすくなり、ほうれい線が深く刻まれることになります。肌の乾きが気になる年齢になったら、ただお化粧を落とすだけではなく、乾燥をケアできる機能性も重要な要素になります。

おすすめできない?ドラッグストアのプチプラクレンジングは何がいけないの?

加齢による乾燥を引き起こす主な原因は、肌に合わないクレンジングです。「ただメイクを落とすだけだから」という理由でクレンジングにあまりお金をかけない女性が大半ですよね。

しかも、ドラッグストアのプチプラクレンジングは非常にメイク落ちが良いため「安くてメイクがよく落ちる」という魅力があります。確かに、若い頃はプチプラクレンジングによる悪影響は及びにくいため、無理にワンランク上のアイテムを買う必要はありません

ただ、プチプラコスメは原材料を安く抑える必要があるため、どうしても使える成分が決まってきます。例えばオイルクレンジングの場合も、天然油脂は材料費が高くなるため、肌のうるおい成分が流失しやすい安価な石油系界面活性剤に頼りがちになってしまいます。

界面活性剤にはメイクを落としやすくする働きもあるので100%悪いわけではありませんが、石油系の合成成分は肌のバリア機能を弱め、乾燥を進める原因になるので注意が必要です。

アットコスメの口コミランキングでも人気TOP!ファンケルやアテニア、オルビスの実力を解説

50代のクレンジング選びではメイクの落としやすさはもちろん、肌を乾燥させないクレンジング成分を使っているかどうかもチェックする必要があります。ファンケルやアテニア、オルビスなど一般的に人気があるクレンジングの成分を細かく確かめてみましょう。

3ブランドとも、アットコスメの口コミランキングでも常に人気があるクレンジングです。

・オルビス クレンジングリキッド 150ml (1,440円)

オルビスのクレンジングリキッドはオイルを含まず、保湿成分が30%も配合されているため、一見50代のデリケート肌に良さそうな印象です。

ところが、かずのすけの化粧品解析サイトでも「唯一の救いはお値段がそこまで高くないということだけ」と酷評されているように、メイク落ちも悪い上、肌にも刺激が強いクレンジング成分が使われているので注意が必要です。

ベース成分のDPGは水性のアルコール基剤で、肌や眼の粘膜に対する刺激性が強く、皮膚に残留しやすいためきちんと落とせないと肌荒れの原因になります。アットコスメの口コミ評価では7点中4.4点、ランキングでも6位前後にランクインしていますが、アラフィフ世代は避けた方が無難かも知れません。

・ファンケル マイルドクレンジングオイル 10包(500円)/60ml(980円)/120ml(1,700円)

アットコスメの口コミ評価でも7点中5.4点を獲得している大ヒットクレンジングで、人気ランキング第1位にランクイン。辛口評価の「コスメ解析ドットコム」やかずのすけの解析サイトでも星3つの格付けで、50代の乾燥肌でも比較的安心して使える印象です。

強めのクレンジング成分が配合されているのでメイクもよく落ちますが、乾燥や肌ダメージに備えるための成分も添加されているため、クレンジング後に乾きにくい仕上がりになっているようです。敏感肌には“超”おすすめとは言いがたいものの、メイクが濃い目、かつリーズナブルな価格帯のものを探している女性に向いている1本。

・アテニア スキンクリアクレンズオイル アロマタイプ 175ml (1,700円)

アットコスメの口コミ評価でも7点中5.1点、人気ランキングでも2年連続1位になりました。美容雑誌にもよく掲載されているので、気になっている方も多いでしょう。メイクはもちろん、エイジング世代特有の黄ぐすみの原因になる肌ステインまで洗い流せる画期的なクレンジングです。

低刺激タイプのクレンジング剤を採用しているので濃いメイクを落とすには若干不満を感じる可能性はありますが、抗酸化成分や抗菌成分も加え、加齢肌にも安心感が強い1本に仕上がっています。解析ドットコムサイトでも5点満点中4.17と高く評価