クレンジングバーム乗り換え派が急増している理由に納得!

今までクレンジングの形状と言えばオイルやジェル、ミルク、シートなどが定番でしたよね。ところが、最近はまったく新しい形状のクレンジングバームの人気が急上昇しています。クレンジングの人気ランキングでも上位にランクインし、オイルやシートから乗り換える女性も増えています。他のクレンジング剤にはないバームクレンジングの魅力、特に人気があるメーカーについて最新情報を詳しくお伝えします。

オイルでもシートでもなくクレンジングバームを買うメリット

クレンジングのメリット、デメリットは形状によってそれぞれ違いますが、クレンジングバームの凄いところは、各クレンジングのデメリット面を克服し、メリットを掛け合わせたような魅力があるところです。例えば、オイルクレンジングはクレンジング力が高いものの、皮膚にかかる負担も強いのがネックでした。反対に、クリームやミルククレンジングは肌に優しいクレンジングができるものの、洗浄力に不安が残る点がデメリットです。クレンジングバームはオイルの配合量も多く、オイルクレンジングに負けないクレンジング力の高さをキープしつつ、美容成分も多く、肌に負担をかけずにメイクや皮脂などの汚れを落とすことができるのが魅力です。オイルやクリーム、ミルククレンジングに不満を抱いていた女性がバームに乗り換えるのも納得ですよね。

クレンジングバームのランキングTOPはRMK?それともクリニーク?

売れ筋ランキングの中でも常に上位をキープしているクレンジングバームをご紹介しましょう。特に人気があるのはRMKやクリニークです。

■RMKモイストクレンジングバーム(アールエムケー)100g 3,456円

シアバター、マンゴー種子バター、アボカドオイル、ローズヒップオイル、サトウキビ由来スクワラン、オリーブオイルなど、エモリエント成分がたっぷり配合された贅沢な仕上がりです。皮膚に負担をかけず肌をマッサージすることができるので、摩擦によるダメージを受けたくない方に最適なクレンジング剤になるでしょう。

■テイク・ザ・デイ・オフ・クレンジングバーム(クリニーク)110g 4,104円

普通のクレンジングでは落としにくい濃いメイクや日焼け止めも、古い角質など皮膚の汚れごとすっきり洗い流すことができます。肌ダメージを最小限に抑え、余計な汚れだけを落とすことができるので、クレンジングのツッパリ感が苦手な方にも最適です。潤い成分の配合量が多く、使用し続けるうちに皮膚が元々持つモイスチャーバランスが整えられ、バリア機能を回復させる効果も。

ink.はドラッグストアで買える?プチプラクレンジングバームを知りたい!

大ヒットしているクレンジングバームはお値段が割と高めのものが少なくありません。「クレンジングバームは3,000円以上出さないと買えないの?」とがっかりしている方もいらっしゃるかも知れませんが、安心して下さい。1,000円台で購入できるプチプラバームも販売されています。

■ink.クレンジングバーム(大地の人)お試し20g 送料込み500円/90g 1,200円

何千人もの肌を見てきたエステティシャンやサロンプロ用化粧品の開発に携わった人間が開発した本格的なクレンジングバーム。素肌をリセットして戻す力、潤い時速力、肌を育てる力を重視し、トレンドに流されない本物のクレンジング剤作りにこだわったそうです。ヒト型セラミドやヒアルロン酸、油溶性ビタミンC誘導体など美肌うるおい成分、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキスなど美肌エキスが凝縮されています。毛穴対策も重視し、毛穴レス成分のバイオベネフィティ、毛穴レス潤い美容オイルのホホバオイル、オリーブオイル、スクワランオイル、アルガンオイルもブレンド。メイクを落とすだけではなく、毛穴やエイジングケア、角質ケア、マッサージなど7通りの使い方ができる高機能クレンジング剤になっています。洗顔機能も備わっているので、ダブル洗顔も不要です。一般的なクレンジングバームは1回60円から100円ほどしますが、1回あたり20円しない金額でOKなので、コストパフォーマンスも抜群です。ただしドラッグストアで買うことはできないので、公式サイトの他、楽天市場やヤフーショッピングなどをチェックしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする