クレンジングクリームの正しい使い方を確認!その使用法は危険かも!

え・・・クレンジング後の肌に汚れ残りが?

「クレンジングクリームの正しい使い方を知っている」と断言できる方は予想以上に少ないようです。実は、クレンジングクリームは使い方次第で肌にかかる負担が大きく変わるクレンジング剤です。せっかくなら、クリームの効果を最大限引き出す正しい使い方をマスターしておきましょう。化粧水の前に拭き取り化粧水を使っている方はよくご存じかも知れませんが、洗顔とクレンジングのダブル洗顔をしていても、コットンを使って顔を拭き取ってみると、案外汚れが残っているものです。その日の汚れはその日のうちに取り除いておかないと、毛穴詰まりや肌のくすみに繋がります。化粧水の浸透にも影響するので、一度ご自身のクレンジング方法の見直しが必要です。

よくあるクレンジングクリームの間違った使い方

クリームタイプのクレンジング剤は、基本的に乾いた手と顔につけるのが鉄則です。最近は濡れた手でも使える便利なクリームも登場していますが、手と顔の水気が多いと肝心なクレンジング剤の有効成分が薄まってしまい、メイク落ちが悪くなる可能性があります。

クリームをなじませる順番も重要

クレンジングクリームを肌につける時、正しい使い方は「Tゾーン→Uゾーン」です。皮脂の分泌がもっとも激しいところが一番汚れているので、高い洗浄力をキープしている最初に額から鼻のゾーンへなじませます。強い力を入れるのは厳禁なので、白いクリームが半透明になるのを確認しながら、円を描くように軽いタッチでなじませるのがポイントです。特に皮膚が薄い目元、口元付近は、絶対にこすらないようにして下さい。また、汚れた手もクレンジング剤のクレンジング力が落ちる原因なので、一度手を洗ってから水気を拭き取り、改めてクレンジング剤を塗布する工夫が効果的です。

洗い流す時は水?それともお湯?

クレンジングクリームの使い方は間違っていないのに、洗い流すプロセスで失敗してしまっているケースも目立ちます。洗い流す水の温度は冷た過ぎても熱過ぎてもいけません。温度が低い水は洗顔の仕上げにはぴったりですが、クリームを落とす時は不向きです。水とクリームがなじまず、汚れたクリームが肌に残りやすくなるのでご注意下さい。反対に温度が高過ぎるお湯は、肌の潤い成分を奪ってしまいます。クレンジング後熱いお湯を使っているせいで肌が乾燥しているのに、「クレンジング剤のクレンジング成分が強過ぎるのかしら?」と誤解しているケースも少なくありません。どんなにマイルド処方のクレンジングクリームを使っても、熱いお湯で洗ってしまうと皮膚が潤い成分を保つことができません。体温以上に熱いお湯は使わないようにしましょう。

マッサージクリームとして使うのも・・・

天然成分100%だから・・・とクレンジングクリームをマッサージクリーム代わりに使うケースもあるようです。自然由来の成分でもクレンジング作用を発揮する成分が含まれているなら、マッサージクリームとして使うのは正しい使い方とは言えません。マッサージクリームは基本的に保湿など与える方向性のものです。一方、クレンジングはいくら美容成分が多くても、最大の目的はメイクや汚れを取り除くために開発されています。与えるものと奪うもの・・・真逆の方向性のクリームなので、兼用することはできません。最近はマッサージとクレンジングの両方できるクリームも登場しているようですが、そういったクリームを使う時でもあまり時間をかけるのはおすすめできません。できればクレンジングはクレンジング、マッサージはマッサージ用の専門クリームを使うのが理想的です。

鏡を見ながらメイクを落としていますか?

クレンジングクリームを使う時は、明るいところで鏡を見ながら行うのがポイントです。パーツによってメイクの濃さが違います。落としやすさも異なるので、目で見ながら、メイクと汚れがよくなじんでいるか、落とし残しはないか、確認するプロセスが必要です。また、メイクの濃さによってクレンジングを使い分けると肌の負担を減らすことができるので、クリームタイプの他にオイルやジェルなど、違う形状のクレンジング剤を使い分ける上級テクも試してみて下さい。