ニキビにクレンジングジェルは合う?合わない?

ニキビ肌だと普段使うスキンケアアイテムを選ぶ時も慎重にならざるを得ませんよね。果たしてクレンジングジェルはニキビ肌に使っても大丈夫なのでしょうか。おすすめのクレンジングもご紹介します。

跡に残るかも・・・ニキビ肌に絶対合わないクレンジングとは?

ニキビ肌のクレンジング選びでは、どんなことに気をつけなければならないのでしょうか。ニキビができている時は、跡にならないようできるだけ刺激を避けなければなりません。

そのため、摩擦による刺激が心配なシートクレンジングはNGです。また、オイルクレンジングもオイル成分が皮脂腺に刺激を与えやすいので、避けた方が無難です。

ただ、肌にかかる負担が一番少ないミルククレンジングだと、洗浄力も弱いのでメイクを完全に落とし切るのが難しく、落としそびれたメイクが皮脂を詰まらせる可能性もあります。その点、メイク落ちも良く、肌負担も少ないジェルクレンジングはニキビ肌に最適なクレンジング剤と言えます。

ニキビ肌をケアするジェルクレンジングの使い方

ジェルクレンジングはオイルクレンジングなど他のクレンジング剤と比べると、肌に優しい落とし方ができます。

ただ、ニキビ肌はほんの少しの刺激でも敏感に反応してしまうので、炎症をこじらせ、ニキビ跡が残る最悪の事態を避けるためにも、3つのポイントを抑えて下さい。

①1分以上時間をかけない

クレンジング剤は低刺激性でも、やはり肌には刺激を与えるものです。特に油分や界面活性剤を含有しているクレンジング剤は、あまり長く肌に付着し続けない方が安心です。

ジェルを肌になじませる時間が、1分を超えないよう気をつけましょう。そのためにも、肌なじみが良いクレンジング剤を選ぶことが大切です。伸びの良さもチェックして下さい。

②油っぽい場所から擦らず撫でるようにして伸ばす

クレンジングジェルを肌に伸ばす時、摩擦は禁物です。擦ってしまうとニキビも過敏に反応する可能性があるので、そっと撫でるようにしてジェルを顔に馴染ませながら広げていきます。

最初にジェルをのせる順番も重要です。皮脂腺が集中し、皮脂が多く汚れやすいTゾーンから先にのせ、頬やアゴなど肌に厚みがある部分に移りましょう。デリケートな目や口の周りは最後で大丈夫です。

もし口紅、マスカラなどのポイントメイクをしている場合、部分的にシートクレンジングなどで拭き取っておくことをおすすめします。

③すすぎは念入りに

クレンジングジェルを肌に伸ばすプロセスにはあまり時間をかけないのが理想的ですが、メイクを絡めたジェルを落とすプロセスは雑に行ってはいけません。

水か体温以下のぬるま湯をたっぷり使い、クレンジング成分と汚れを肌に残さないようしっかり洗い流して下さい。油分などが皮膚に残っていると、ニキビ菌の餌になる可能性がありますし、毛穴の塞いでしまう可能性もあります。

オイルフリーや皮膚科開発ジェルも人気!ニキビ肌にぴったりのジェルクレンジング4選

ジェルクレンジングとニキビ肌の相性は抜群!中でもニキビ肌のケアに向いているメーカーを厳選したので、参考になれば幸いです。

■箸方 化粧落し (500円)

大阪のはしかた皮膚科クリニックの女医さんが開発したドクターズコスメで、ニキビ肌でも安心して使える内容になっています。プチプラとは思えないほどクオリティが高く、肌を健やかに保つグリチルリチン酸2K、乾燥対策の天然ビタミンE、潤い成分のベタイン、ダイズ種子エキスなど有効成分が凝縮されています。

■ノブ ACクレンジングジェル (2,160円)

肌質に合わせて選ぶことができるノブのニキビ肌用クレンジングジェル。臨床皮膚医学に基づいて成分や洗浄力の強さが調整されているので、ニキビが中々治らずに悩んでいる方にもおすすめです。オイルを一切カットし、アクネ菌の生育を抑える抗菌成分の感光素201号を配合しています。

■オルビス クレンジングジェル(1,440円)

肌にニキビができている時、皮脂腺を刺激する油分は極力避けなければなりません。オルビスのクレンジングジェルは100%オイルカットタイプなので、炎症中のニキビを抱えている方も安心して使うことができます。ノンコメドジェニックテストもクリアしているので、ニキビができやすい肌質の方からも支持率が高い1本。

■リダーマ モイストゲルクレンジング(3,076円)

乾燥はニキビの発生原因、悪化要因になります。リダーマのクレンジングジェルは99.3%を美容液成分が占めるので、肌の潤いを奪うどころか「クレンジング前よりしっとり!」と口コミでも保湿力に定評があります。毛穴の奥に詰まった汚れも、柔らかいこんにゃくスクラブが落としてくれるので、ダブル洗顔も不要です。