クレンジングミルクの使い方!クラランスなど売れ筋4選

クレンジングミルクの基本的な使い方、クレンジング力を引き上げるコツ、特に売れているクラランスなどのクレンジングミルクの使い方をご紹介します。

クレンジングミルクのクレンジング力を引き上げる2つの使い方のコツ

クレンジングミルクは他のクレンジング剤と比べ、肌に優しい分クレンジング力はそう強くありません。クレンジングミルクのクレンジング力を最大限に引き出すために、2つのコツを押さえておきましょう。

1つ目は、手のひらを擦り合わせた手のひらにミルクをのせ、温めることです。手のひらの熱で温まったミルクはお化粧を落としやすくなるので、試してみて下さい。

2つ目は、乾いた手のひらと顔に使うことです。濡れた手でも使えるタイプのクレンジングミルクもありますが、水分が混ざるとクレンジング力が弱くなるので、乾いた手と顔に使った方がメイクを落としやすくなります。

塗ってすぐ洗い流すのはNG

クレンジングミルクはクレンジング力が強くないので、肌に塗ってすぐに洗い流すと皮膚にメイク汚れが残る可能性があります。

Tゾーン、両頬、顎、首にクレンジングミルクをのせたあと、しっかりなじむまでそっとマッサージを続けましょう。指がよく滑るよう、量は多めに出して下さい。マスカラなど部分的に濃いメイクをしている時は、その部分だけポイントリムーバーで最初に落としておくことも大切です。

独自の吸着法がポイント!クラランスクレンジングミルクの使い方

クラランスのクレンジングミルクは、ヨーロッパの伝統的な薬草のアルテア、アルニカなど貴重な美容成分を配合しているのが特徴的です。

■クラランス クレンジングミルク ドライ/ノーマル

一般的なクレンジングミルクは馴染ませてから洗い流す方法、もしくは拭き取る方法でOKですが、クラランスのクレンジングミルクは吸引法と言う独自のやり方を推奨しています。

温めた手のひらにミルクをのせてオイル化し、クレンジング力をアップさせたあと、顔や首に軽くなじませて下さい。そのあと、手のひらでメイク汚れを吸着するよう、手のひら全体で行う優しいパッティングを顔に7回、首で5回繰り返します。吸着後はティッシュやコットンでオフする方法、洗い流す方法のどちらでも構いません。

手早く落とせる!カバーマーククレンジングミルクの使い方

89 %が美容液成分で占められるカバーマークのクレンジングミルクは、敏感肌のメイク落としに最適です。

■カバーマーク トリートメント クレンジングミルク

カバーマークのクレンジングミルクはオリジナル技術のアクアクレンジングゲル構造により、肌にそっとのせるだけで自然にお化粧が浮き上がってくる効果が。肌に残りやすいカバー力が強いファンデーションも、肌に強い負担をかけずにスムーズに落とすことができます。

水分を含むとクレンジング成分が自動的にナノサイズの粒子に変化し、すっきり洗い流すことができます。しつこくすすがなくても、クレンジング剤が肌に残ることがないので、スキンケアに時間をかけられない夜のお手入れにもぴったり。

洗い流すだけでOK!エステダムクレンジングミルクの使い方

保湿成分として杏仁オイルを配合し、使う度に肌表面のバランスを整えてくれるクレンジングミルクです。W洗顔が不要なので、クレンジングと洗顔を一度に済ませたい方にも最適です。

■エステダム モイスチャークレンジングミルク

乾いた手と顔に使います。温めた手にとったミルクを顔にのせ、小さな円を描くようにして広げ、メイクや汚れとなじませて下さい。強い力を込めずに、優しく丁寧に馴染ませるのがポイントです。汚れが浮き上がったのを感じたら、水かぬるま湯で洗い流しましょう。

洗顔料としても使える!テラクオーレクレンジングミルクの使い方

オーガニック原料を95.98 %も使った贅沢な仕上がり。合成着色料、香料など添加物は排除し、天然の素晴らしいダマスクローズの香りを堪能できる貴重なクレンジングミルクです。

■テラクオーレ ダマスクローズクレンジングミルク

乾いた肌に適量のミルクを伸ばし、丁寧に馴染ませて下さい。メイク汚れはもちろん、皮脂やホコリなどの汚れも取り除くことができるので、W洗顔は不要です。お化粧をしていない日に洗顔料として使う時は、濡れた手のひら、顔に使うのがポイントです。