無印のクレンジングミルクは990円で買える!注目の天然成分って?

無印のクレンジングミルクはまさに”良品”です。プチプラにも関わらず、貴重な天然潤い成分もたっぷり配合。詳しい成分解析の結果をお伝えします。

口コミで圧倒的人気を誇る無印のクレンジングミルク

無印のクレンジングミルクは口コミ評価がずば抜けて高く、無印アイテムの中でもロングセラーを記録し続けています。口コミの内容を分析してみると、「安い」、「敏感肌でも安心して使える」、「全成分をオープンにしている」、「無添加」、「クレンジング後もしっとり」など、理想のクレンジングの条件を満たしていることが分かります。

・無印良品 マイルドミルククレンジング (200 ml 990 円)

ジェルやオイルより優しい!クレンジングミルクは敏感肌におすすめ

無印のクレンジングは一通りのタイプが揃っていますが、敏感肌を自覚している方、ニキビや乾燥などトラブルを抱えている方は、ミルクタイプのクレンジングが最適です。

無印のクレンジングミルクはしっとりした洗い上がりが特徴的で、クレンジング後も急いで化粧水をつける必要はありません。しかも、クリームクレンジングよりもクレンジング力が高く、メイクなじみも良いのも魅力です。

肌ダメージを最小限に抑えつつ、メイクもしっかり落としたい時は、ミルクタイプのクレンジングをチョイスしましょう。

成分を解析した結果は?プチプラなのに無添加

無印のクレンジングミルクはプチプラにも関わらず、成分を詳しく解析した結果、非常にクオリティの高い成分が厳選されていることが分かりました。価格を抑えたクレンジング剤は添加成分に頼る傾向がありますが、無印のクレンジングミルクは人工香料&着色料、鉱物油、アルコールフリーの無添加ポリシーを貫いています。

オレンジ油など控えめな柑橘系の香りに包まれながらメイクを落とす時間は、1日の癒しタイムになるでしょう。アンズ果汁、桃の葉エキスなど天然由来成分をたっぷり配合しているところも見逃せないポイントです。

~無印クレンジングミルクの注目成分~

・アンズ果汁
ネバネバとは無縁のサラサラしたテクスチャーなので、フェイシャルマッサージにも活躍している美肌成分です。皮膚を柔らかくする作用、新陳代謝を蘇らせる作用、皮脂膜を回復させてバリア機能を高める作用、ハリを与えるアンチエイジング作用、痒み予防作用など、肌に多角的に働きかけてくれます。

・桃の葉エキス
日本でも昔からスキンケア成分として重宝されてきた歴史があります。アミノ酸、タンニン、フェノールなど貴重な成分が多く、赤ちゃんのデリケートな肌にも安心して使うことができます。天然のポリフェノール効果で殺菌作用、抗炎症作用も高く、ニキビや吹き出ものなど肌荒れが気になる時にも頼りになります。抗アレルギー作用にも優れているため、アトピー性皮膚炎の症状を予防する効果も。その他、抗酸化作用によるアンチエイジング作用、収れん作用によるキメ肌作用など、女性に嬉しい作用をたくさんもたらしてくれる成分です。

・オレンジ油

無印のクレンジングミルクは人工香料ではなく、天然のオレンジ油を配合しています。アロマテラピーでも大活躍するオレンジ油は、ピリピリしている気持ちを落ち着かせ、前向きで元気な気持ちを取り戻したい時にぴったり。不眠や食欲不振、うつ症状、自己否定感が強い日も、オレンジ油の香りで気持ちをリフレッシュしやすくなります。皮膚に対しても血流を促進する働きがあるので、血の巡りを改善し、健康的で艶やかな肌を取り戻しやすくなるはずです。

オルビスにはない無印クレンジングミルクの魅力って?

オルビスと無印のどちらのクレンジングを使おうか、迷っている最中の女性もいらっしゃるかも知れません。同じリーズナブルな価格帯のスキンケアアイテムなので、比較されていることも少なくありません。

それぞれの良さは違いますが、無印のクレンジングの魅力はオイル、ジェル、リキッド、クリーム・・・と種類がたくさんあることでしょうか。サイズの選択肢も多く、必要な分を無駄なく購入することができます。無印良品はコスメ専門ブランドではありませんが、とにかくスキンケアアイテム数が多く、女性消費者心理に見事に応えてくれるラインナップが魅力です。

クレンジングだけでも20アイテム以上揃っている無印に対し、オルビスはたった4種類。サイズも1パターンしか展開していません。現在リキッド、ジェル、拭き取りタイプのクレンジングしかないので、クレンジングミルクが欲しい時は無印のサイトをチェックしてみて下さい。また、コンビニでも買えることも、無印のメリットの1つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする