ポンズのクレンジングクリーム定番4種類を徹底比較してみた!

ポンズのクレンジングクリームは、お手頃価格なのにメイクがするっと落ちる、と評判ですよね。定番4種類について、成分や合う肌質など徹底的に比べた結果をお伝えします。

スポンサーリンク

ポンズの魅力!どの種類に共通する注目ポイント

ポンズのクレンジングクリームは肌質や目的によって合うものをチョイスできるよう、バリエーションが多く、定番のクレンジングクリームだけでも4種類に分かれています。

選択肢が多いこともポンズの魅力ポイントですが、さらに価格が安く1,000円以下で購入できることも見逃せないメリットです。プチプラのクレンジングクリームを探している方にぴったりでしょう。

しかも、低価格にも関わらず美容エッセンス成分はどの種類にも40%も配合しています。その他、世界中で愛され170年もの歴史を持つポンズクレンジングクリームの信頼性も、魅力の1つかも知れません。安心感で、新商品でも気軽にトライしやすくなることは間違いありません。

~ポンズクレンジングクリームに共通する魅力~

・肌質に合わせて種類を選ぶことができる
・プチプラ(アマゾン最新価格でも全種類1,000 円以下)
・美容エッセンス成分40 %配合でスキンケア効果も抜群
・マッサージによるリフトアップ効果
・主成分はミネラルオイル
・170年以上の歴史がもたらす安心感

ポンズクレンジングクリームの定番4種類

ポンズのクレンジングクリームは種類によって蓋の色が違うので、見分けるのが簡単です。

・ポンズ ウォッシャブルコールドクリーム (270 g 810 円)※洗い流すコールドクリーム(青い蓋)
・ポンズ コールドクリーム (270 g 810 円)※ふきとるコールドクリーム(緑の蓋)
・ポンズ クリアフェイス クリームクレンジング (270 g 812 円)※洗い流すコールドクリーム(黄色い蓋)
・ポンズ エイジングビューティー クリームクレンジング (270 g 812 円)※洗い流すコールドクリーム(赤い蓋)

青い蓋:洗い流すコールドクリームのニキビ予防成分って?

肌のキメと乾燥が気になる女性に向いているのが、ポンズの洗い流すコールドクリームです。収れん作用、消炎作用に優れたハマメリスエキスを配合しているため、キメや乾燥トラブルの他、毛穴が詰まりやすい肌質、ニキビができやすい肌質に最適です。

ニキビなどの肌トラブルを抱えている方は、青い蓋のクレンジングクリームをチョイスしましょう。

緑の蓋:ふきとりタイプのコールドクリームで落ちないメイクはない!?

ポンズ定番4種類のクレンジングクリームの中でも、ふきとりタイプは緑の蓋の1種類しかありません。ふきとりタイプのクレンジングクリームは、コットンでふきとるだけで手軽にメイクを落とすことができるので、疲れている日、夜のスキンケアに時間をかけるのが難しい日にも重宝します。落としにくい濃い目のメイクもするっと落ちると評判です。

天然保湿成分のミツロウもたっぷり入っているので、クレンジング後もしっとり感が続きます。

黄色い蓋:保湿効果の高さで選ぶなら?

保湿効果が一番高いのは、黄色い蓋が目印の洗い流すタイプのクリアフェイスです。高麗人参、金銀花エキス、芍薬エキスなど、保湿効果抜群の成分を凝縮しています。

また、古い角質も取り除き、クスミやごわつきも解消することができるので、肌の透明感に自信がない女性にとって頼れるアイテムになるでしょう。

マッサージもできるエイジングビューティー

エイジングビューティーはアンチエイジング向けのクレンジングクリームです。ポンズのクレンジングクリームはどの種類もマッサージクリームとしても使うことができるのが魅力ですが、エイジングビューティーは特にマッサージクリームに向いています

美容エッセンス成分に加え、セタノールやアセタミドMESなど肌ハリ成分もブレンドされているので、メイクを落とす時もエイジングケアを大切にしたい方にぴったりです。使い続けることで顔全体のハリを取り戻すことができれば、たるみも自然に解消され、実年齢より若々しいフェイスになるでしょう。

ポンズクレンジングクリームの気になる疑問

ポンズのクレンジングクリームはマッサージクリームとしても使うことができます。より美しい肌のためにも、積極的にマッサージケアを取り入れましょう。

「クレンジング中のマッサージはメイク汚れが皮膚の奥に入り込むのでは?」と不安を感じる方もいらっしゃるようですが、汚れが肌の中に逆流することはないので、安心して下さい。

浸透率の高い美容エッセンスだけが、角質層まで到達し、肌をしっとり整えてくれます。