乾燥肌のまつエク派が安心して使えるおすすめクレンジングは?

純石鹸はクレンジング剤より肌に優しい・・・の誤解とは?

確かに純石鹸は薄いファンデーションぐらいのメイクなら問題なく落とすことができますし、水に触れた瞬間に界面活性力が消える性質があるので、皮膚に負担をかける成分が残りにくいのが特徴的です。軽く洗うだけなら、角質層の奥までダメージが及ぶ心配はほとんどないでしょう。ただし、ウォータープルーフタイプのメイクや日焼け止めなど、落ちにくい汚れはそのまま残るため、頑固な油性の汚れが皮膚に蓄積し、新たなトラブルの原因になりかねません。アルカリ性なので、顔を洗ったあと、ツッパリ感を感じる可能性もあります。一般的なクレンジング剤ほど洗浄力は強くありませんが、洗い方によっては細胞間脂質やNMFを奪い去ってしまう恐れがあるので、純石鹸なら乾燥肌でも安心とは断言できません。やはりメイクや日焼け止めを塗る以上、メイクを落とす専用のクレンジング剤でクレンジングを行うプロセスは省くことはできません。

肌が乾きやすいならミルククレンジングがおすすめ

肌の潤いを奪う恐れがあり、メイク汚れが残る心配がある純石鹸より、乾燥肌専用のクレンジング剤を使った方が満足できるようです。クレンジングにも色々ありますが、乾燥肌におすすめなのはミルククレンジングです。クレンジング力は高くありませんから、濃いメイクは専用リムーバーやコールドクリームなどで落とす必要がありますが、角質層に負担をかけず、メイクだけを優しく落とせる成分が配合されています。

ミルククレンジングならまつエクもOK

ミルククレンジングのおすすめメリットは他にもあります。それは、まつエクことまつげエクステ装着中でも使えること。まつエクはデリケートなので、クレンジング成分やオイルで取れやすくなってしまいます。その点、ミルククレンジングは基本的にまつエクOKの成分しか入っていないので、「取れたらどうしよう」なんて心配をせずに乾燥肌でも使うことができます。

乾燥肌用のクレンジングは値段が高い方が良い?

乾燥肌用のミルククレンジングはたくさんありますが、ドクターズコスメやデパートコスメは結構お値段が高いものが多く、価格を知って驚くことも。クレンジングは毎日使うものなので、値段を気にせずたっぷり使いたいと考えている方もいらっしゃるはずです。クレンジングなどスキンケアアイテムの不思議なところは、高ければ高いほど肌に合うとは限らないことです。セレブ御用達の高級クレンジングが肌に合わない可能性も十分にありますし、プチプラコスメでも気に入ることはあるでしょう。肝心なのは、皮膚との相性、続けて購入できるよう予算に合うものを選ぶことです。

ドラッグストアで買える市販のプチプラクレンジングは?

クレンジング剤の人気ランキングをチェックしてみると、ドラッグストアや薬局で購入できるプチプラクレンジングもたくさんランクインしています。例えば、先ほどお話した純石鹸で挫折した方にもおすすめなのが、カウブランドの無添加メイク落としミルクです。150ml880円とリーズナブルな価格ながら、普通のクレンジング剤と純石鹸のメリットをかけあわせたような仕上がりになっています。皮膚の潤いを奪わない成分しか配合されていないので、優しい洗い上がりを堪能できます。しかも純石鹸よりクレンジング力が高いので、メイク汚れが残ってしまうこともありません。濡れた手や顔にも使える点も「使いやすい!」と評判です。