クレンジングはおすすめできない?敏感肌の化粧落としの注意点

クレンジングで荒れる敏感肌だからノーメイク・・・は間違い!

クレンジング剤の選び方、使い方を間違えてしまうと、スキンケアアイテムの中でももっとも肌に負担をかけてしまう恐れがあります。特に敏感肌の女性は、しっくりくるクレンジング剤と巡り会うことができず、ノーメイク派になる決意をすることも。昔から「すっぴん=肌に良い」と言われていますよね。確かにお化粧は皮膚に負担をかける恐れがありますし、クレンジングで落とす時にもダメージを与えてしまう可能性があります。ただ、ある程度の年齢になると、ノーメイクは見た目の問題だけではなく、皮膚の負担も考慮して避けた方が無難です。

クレンジング不要のノーメイクの意外な落とし穴

メイクは、肌を若々しく美しく見せるだけではなく、紫外線ダメージから守ってくれる役割もあります。下地やファンデーションなど、ベースメイクを塗るだけで、紫外線が皮膚にダイレクトに照射されるのを防ぐことができます。家の中でも窓ガラスを通じ、紫外線は容赦なく降り注いでいます。UVケアの意味でも、無防備なノーメイクはおすすめできません。しかも、保湿力に優れたコスメを使えば、乾燥も防ぎやすくなりますし、花粉やホコリ、外気の汚れから皮膚を守る役割も。クレンジング剤を使いたくないからノーメイクと言うのは、本末転倒に終わりそうです。

日焼けもクレンジングが必要?

メイクをせず、日焼け止めだけ塗っている方も多いでしょう。薄づきの日焼け止めなら、ナチュラルメイク感覚で仕上がりますし、家の中や近所のお出かけぐらいなら、問題ありません。ただ、「日焼け止めしか塗っていないからクレンジングしなくてOK」と言うのも、少々問題です。確かに最近は普通の洗顔石鹸で落ちると謳う日焼け止めも増えています。けれど、威力が弱い日焼け止めは何度も塗り直さなければならないので、どうしても肌が汚れがちです。あまり塗り直さなくて良い強力な日焼け止めは、クレンジング力の強い洗浄剤が必要です。どちらのタイプの日焼け止めでも皮膚が汚れるので、ある程度クレンジング力がある洗顔料やクレンジングで落とすのが理想的です。「落ちます」と言う商品のキャッチコピーを鵜呑みにしてメイクや日焼け止めが皮膚に残ってしまったら、敏感肌には致命的なダメージになりかねません。敏感肌用のクレンジングや洗顔料は皮膚に優しい反面、メイクや頑固な汚れを落としにくいので、顔を洗ったあと、細かい部分まで肌を観察し、汚れ残りの有無を確認しましょう。

2種類以上のクレンジングを使い分けて敏感肌を守る!

敏感肌なら、2種類以上のクレンジングを使い分けるのが鉄則です。メイクの濃さや日焼け止めの種類など、肌の汚れ具合はその日によって違いますよね。目元と肌では、メイクの濃さが違うことも。肌に負担をかけないためには、汚れ具合にジャストフィットするクレンジングを選ぶことが大切です。敏感肌なら基本は一番刺激が少ないミルククレンジングがおすすめですが、ちょっとメイクが濃い部分、ウォータープルーフの日焼け止めを塗った部分は、クリームやジェルクレンジングを使うなど、臨機応変に使い分けて下さい。過剰なクレンジングもセラミドやNMFなど保湿成分を奪い過ぎ、シワやくすみの原因になりますが、肌の残った汚れもニキビや肌荒れの原因になります。

クレンジングしやすい日焼け止めは?

メイクも難しいほどひどい敏感肌でも、日焼け止めは欠かせません。落とす時のことを考えて日焼け止めを選ぶのがポイントです。油分が少なくクレンジングしやすいのは、スプレーやパウダー、ローションタイプの日焼け止めです。クリームやスティックタイプは落とす時に高いクレンジング力が必要なので、ご注意下さい。よく誤解されていますが、UV効果が高さは落としにくさとそれほど関係なく、油分の多いものが落としにくい性質があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする