30代のクレンジング選びで絶対外せない条件

30代に入り、今まで使っていたクレンジングが合わないと感じることは珍しくありません。化粧品は肌の状態に合わせて選ぶのが鉄則ですが、年齢による影響も少なくありません。

30代で起こる肌の変化とは・・・

肌の老化が進むスピードは個人差があるので一概には言えません。ただ、30代になるとほとんどの女性がある変化を感じるようです。それは、刺激に弱くなり、肌が乾燥しやすくなること。今まで普通肌、混合肌だった方も、30代に突入した頃から、きちんとお手入れしていても肌が万全ではないと感じるようになる傾向があります。この変化は決して気のせいではありません。人間の皮膚は年齢によって水分や油分を保持する力が変わります。30代になると、水分や油分を保持する力も衰え始め、肌が安定しにくくなります。血行不良も起きやすくなり、顔色がいつも冴えない、透明感を感じられない・・・などの問題が起きることも。本来28日周期で1サイクルするはずのターンオーバーも遅れ気味で、30代になると肌が生まれ変わるまでに40日間以上かかることも珍しくありません。

「とにかく化粧が落ちれば良い」はNG

10代、20代は派手なお化粧をすることも多いせいか、ひたすら化粧落ちの良いクレンジングを求める女性も少なくありません。リーズナブルな価格で化粧をスムーズに落とせるクレンジング成分と言えば、石油系界面活性剤ですよね。何しろ食器洗剤にも使われるほど汚れを落とす力が強い成分なので、ウォータープルーフのマスカラなど濃いアイメイクもすんなり落とすことができます。1,000円以下で買えるものも多く、「安いのによく落ちる!」とメリットばかりに思えるかも知れません。ただ、天然の潤い成分がたっぷりある10代20代ならこういったクレンジング剤でもデメリットを感じないかも知れませんが、肌が乾きやすく刺激に弱くなっている30代になると、「顔を洗ったあとの肌の調子がいまいち?」と感じることが。石油系界面活性剤はメイク汚れだけではなく、皮膚を潤わせるために欠かせない皮脂など天然保湿成分まで根こそぎ洗い流してしまう性質があるからです。

浸透性が高い性質も厄介

しかも石油系界面活性剤は、浸透性も高く、肌の奥まで入り込み、汚れと共に保湿成分を奪い去ります。皮脂膜や角質層も通り抜け、部分的に肌の奥に留まり続ける残留性の高さに注意を促す専門家も増えています。タンパク質を破壊する性質もあるので、長く使い続けるうちに皮膚のバリア機能がガタガタになり、湿疹やかぶれ、アトピー性皮膚炎などの症状を悪化させる可能性も指摘されています。肌が弱り始める30代になってもこういった毒性、刺激性の強いクレンジングを使っていると、40代になる前に皮膚がぼろぼろになる恐れがあるので注意しましょう。

譲れない2つの条件!30代におすすめのクレンジング

こういったことを踏まえ、30代に必要なクレンジングの条件を考えてみると、肌のバリア層を破壊しないクレンジング成分を配合していることも譲れない条件の1つになるかも知れません。もちろん、メイクをきちんと落とすことができなければクレンジングを使う意味がないので、メイク落ちも良く、皮膚に負担をかけないクレンジング剤こそ30代の肌に理想的なクレンジング剤と言えます。

楽天ランキングナンバー1のクレンジングをチェック

巨大ショッピング市場の楽天市場、クレンジングランキングでは、どんなクレンジング剤がランクインしているのでしょう。人気ナンバー1の売れ筋クレンジングは、スキンビルの美容液ホットクレンジングでした。99.7%も美容液成分を配合しているので、肌への優しさは申し分ありません。しかも温感毛穴洗浄効果で高いクレンジング力もキープし、一般的なクレンジング剤では落としにくい大気微粒子汚れも落とすことができます。クレンジング成分として配合されているのは、肌に負担をかけずに汚れを絡め取るのが得意な吸着ミネラルです。毛穴の奥の汚れもするりと落ちると評判なので、黒ずみ毛穴にお悩みの30代にもおすすめです。また、毛穴引き締め効果のある成分、ハマメリスエキスもたっぷり配合しているので、開き毛穴にお悩みの女性にもぴったりです。1本200gが1,886円とリーズナブルな価格帯なので、毎日たっぷり使いやすいのではないでしょうか。マツエク中も使うことができます。