ホエイで汗やおならが臭い・・・臭くなる原因は?

ホエイプロテインを飲むようになって体臭がきつくなったと感じる方が多いようです。臭いがきつくなる原因や対策方法についてお伝えするので、スメハラ(スメルハラスメント)にならないよう注意しましょう。

ホエイ 臭い

スポンサーリンク

おならや便が臭い・・・ホエイプロテインで体臭が臭くなる原因

ホエイプロテインに限らず、プロテインを摂取すると体臭が臭くなる可能性があります。適量を飲んでいる分には体臭が変わるほどの変化はありませんが、本格的なトレーニングやダイエットでしっかりプロテインを摂取し続けると、周りから「臭い」と指摘されるかも知れません。

ホエイプロテインで体臭がきつくなる原因は1つではありませんが、まず腸内環境が悪化することも関係しています。特におならや便がいつもより臭いと感じる時、腸内環境が劣悪な環境になっている可能性大です。

ホエイプロテインはタンパク質の塊ですが、腸内の悪玉菌はタンパク質を好むため、タンパク質の摂取量が多くなるとどうしても悪玉菌が優位になってしまいます。

たくさん餌を食べて元気一杯になってしまった善玉菌は、悪臭を漂わせるスカトールやインドールなどの有害物質を盛んに生み出します。腸内に溢れる有害物質はやがて血液にも浸透し、全身を駆け巡るようになります。

こうなるとおならや便どころか汗まで臭うようになり、体臭全体がきつくなるというわけです。

汗が尿臭い?おしっこが腐るような体臭になることも・・・

ホエイプロテインを飲んで体臭がきつくなる原因はもう1つあります。ホエイプロテインは運動効果を上げるため、筋トレに励みながらプロテインを愛飲するパターンが王道です。

筋トレによって汗をかく量が増えることも体臭が臭いやすくなりますが、実はハードなトレーニング中体内でアンモニアが発生しています。このアンモニアが汗をおしっこ臭くする犯人です。

元々尿のような臭い汗をトレーニングによって大量にかくことで、腐敗臭に近い激臭になることも珍しくありません。日常生活の範囲内で身体を動かす分には、発生した分のアンモニアは肝臓で尿素に分解されるので臭いが変わるほどの影響を与えません。

ところが、「筋トレ+ホエイプロテイン」のダブルパンチが加わると、肝臓も従来の処理能力が追いつかずにアンモニアをすべて分解することが難しくなります。

ホエイプロテインで屁が臭いと気づいた時の対策

汗の臭いは自分では異常に気づきにくいものですが、ホエイプロテインを飲んでいる時はおならの臭いを意識して嗅いでみましょう。おならの臭いで体臭がきつくなっていることを自覚するケースが少なくありません。

いずれにしても、プロテインを飲んでいる限り体臭がきつくなる可能性はおおいにあるので、早い段階から臭い対策に取り組んでおいた方が周りにも迷惑をかけずに済みます。

ホエイプロテインによる臭い対策は腸内環境の改善と肝臓強化の2本立てで行います。プロバイオティクスなど生きたまま腸に届くタイプの乳酸菌を積極的に摂取し、便秘にならないよう食物繊維も積極的に摂取しましょう。

悪玉菌が生成する有害物質を体外に排出しやすくなるオリゴ糖などプレバイオティクスも有効です。肝臓のアンモニア分解を助ける栄養素は、オルニチンやシトルリン、アルギニンなど。シジミやスイカ、大豆などがおすすめ食材です。

臭いにくいと評判のホエイプロテイン

腸や肝臓をケアするための栄養も入っているホエイプロテインだと、体臭も臭いにくいと評判です。

・ウイダー 乳酸菌が入ったおいしいプロテイン 8本 (1,340円)

ウイダー 乳酸菌が入ったおいしいプロテイン

ホエイプロテインの他、シールド乳酸菌が10gあたり50億個も入っているので、タンパク質をしっかり補っても腸内環境が悪化しないよう善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることができます。

シェイカーにホエイプロテインの臭いがついた時の対処法

ホエイプロテインは乳製品なので、シェイカーに臭いがつきやすい点がネックです。体臭だけではなくシャイカーの臭い移りを気にする方も少なくありません。

臭いがうつらないようにするためにも、プロテインをシェイクしたらすぐに飲み干してその場で洗ってしまうのが一番です。飲んですぐトレーニングを開始し、シェイカーを放置する方もいらっしゃいますが、使用後1時間もすれば臭いが取れにくくなります

一旦水で軽くゆすぐだけでも臭い対策になるので、ホエイプロテインが付着したままシェイカーを放置しないよう注意して下さい。もし既に臭いがついてしまったら、タンパク質や脂質を溶かしやすいアルカリか、タンパク質&脂質を分解しやすいハイターで洗いましょう。