カゼインとホエイの成分の違いって何なの?

カゼインとホエイプロテインは主成分が同じ牛乳なのに、特徴やメリット、デメリットにはかなりの違いが・・・。どう違うのか、ダイエットに向いているのはどちらのプロテインなのか、気になる疑問に答えます。

牛乳タンパク質を分離・・・カゼインとホエイの割合は?

カゼインとホエイプロテインも、主成分は牛乳です。カゼインもホエイも牛乳に含まれるタンパク質を利用していることでは共通しているので、比較されることが少なくありません。

牛乳のタンパク質を分離後・・・80%のカゼイン、20%のホエイから成り立っています。ホエイはタンパク質の他、ミネラルや水溶性ビタミンも多く、筋肉成分の大半を占めるアミノ酸も豊富です。

必須アミノ酸全部、筋肉を育てるのに欠かせない分岐鎖アミノ酸(BCAA)、タウリンなど含硫アミノ酸までたっぷり補うことができるプロテインは、ホエイプロテインしかありません。そのため、プロテインの王様と呼ばれ、特別視されているほどです。

消化吸収スピードで比較!遅いプロテインはダイエット向き?

カゼインとホエイプロテインは、消化吸収スピードでもかなり差がついてしまいます。消化吸収が飛び抜けて優れているのはホエイプロテインの方で、早ければ摂取してから1時間以内に身体に取り込むことが可能です。

一方、不溶性で固まりやすいカゼインは、身体の吸収速度が遅いのが特徴です。ただし、腹持ちの良さからダイエット目的で利用する時は重宝されます。

アスリートのプロテイン補給時には向いていませんが、プロテインを飲む全員が全員、筋トレ効果を最大限に引き出す目的を持つとは限りませんよね。それぞれの特徴を踏まえ、目的に合う方を選びましょう。

カゼインとホエイの混合プロテインが多い理由

プロアスリートにも愛飲されているホエイプロテインはたくさん種類がありますが、カゼインだけのプロテイン飲料はそう多くありません。その理由はいくつか考えられますが、まず、カゼイン100%だと飲み物として扱いにくいためです。

とにかく溶けにくく、シェイカーでしっかり振っても粉っぽさは完全に取れません。メーカーによっては個体に近く、ダマ感が強く残るものも。「二度と飲みたくなくない」と悪評も凄いので、溶けやすいホエイプロテインをブレンドして飲みやすくしているメーカーが少なくありません。

また、ホエイプロテインは価格が高いので、手軽に買い求めやすい価格に調整するためにカゼインプロテインを混ぜているところも。

カゼインとホエイをブレンドしているプロテイン

■ゴールドジム ホエイ&カゼイン ダブルプロテイン バニラ風味 900g (5184円)
■ファイトクラブ 炎神プロテイン ホエイ&カゼイン 3kg (9,158円)
■ウイダー マッスルフィット プロテイン バニラ味 900g (5,184円)
■dns バーエックス抹茶風味 12本入り カゼインプロテイン ホエイプロテイン (4,665円)

味と値段は混ぜるカゼインとホエイの比率次第!

プロテインの味、価格は配合されているプロテインの種類が非常に強く影響します。

カゼインとホエイのブレンドタイプも、カゼインの比率が多くなるほど飲みにくく、溶けにくいプロテイン飲料に。ホエイが占める割合が増えると溶けやすくて飲みやすくなるものの、価格の方も高くなるので、予算とも相談しながらどのプロテインを買うのか決めましょう。

カゼインとホエイの両方をうまく使い分けて活用

いずれにしても、カゼインにはカゼインの、ホエイにはホエイの良さがあるので、両方をうまく使い分けて身体作りやダイエットに役立てましょう。

ホエイプロテインは吸収スピードが速い一面、血中のアミノ酸値が高い状態を長く維持するのは苦手です。余分なアミノ酸は排出されてしまう点もネックです。カゼインプロテインは身体に取り込むまでに時間がかかりますが、摂取7時間近くアミノ酸値を高い状態でキープできるので、寝ている間の筋肉修復にも有効です。

筋トレ効果を上げるために単独で摂取する場合は、筋トレ直前か直後にホエイプロテイン、就寝前にカゼインプロテインを飲むことで、効率的に筋肉を増やし、鍛えることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする