ラクトフェリンクリームでアトピーのかゆみが落ち着くのはなぜ?

ラクトフェリンのサプリを飲むことで、アトピーの症状が改善する可能性がある・・・と評判になっていますよね。実は、サプリの服用だけではなく、ラクトフェリンのクリームもアトピーのかゆみや炎症に効くと話題を集めています。

どういったメカニズムで作用するのか、効く根拠に迫ります。アトピー患者さん向けのクリーム情報も必読!

アトピーの辛い症状出るメカニズムをおさらい

アトピー性皮膚炎になると、身体に害を及ぼさないアレルゲンに対しても、積極的に攻撃を繰り出し、抗体を作ってしまいます。アレルゲンは無数にあるので、年間を通してかゆみ、炎症などアトピー性皮膚炎独特の辛い症状に悩まされてしまうことになります。

アレルゲンを攻撃する元は、ヒスタミン。症状を沈静化させるために、医療機関ではヒスタミンの動きを抑える薬を処方します。ただ、ヒスタミンを抑制すると攻撃する必要があるアレルゲンに対しても放置することになり、体内の免疫システムが稼働しなくなってしまいます。その結果、アトピーの症状が落ち着いても違う不調に見舞われ、新たな症状が現れることに・・・。

アトピーの症状がラクトフェリンサプリで沈静化する理由

そこでラクトフェリンの出番です。ラクトフェリンを服用すると、ヒスタミンの働きを邪魔することなく、アレルギーの抗体を増やすことが可能です。

免疫力を著しくダウンさせることなく、きつい症状を出すアレルゲンだけを攻撃することができるので、かゆみや炎症も出にくくなります。現在、ラクトフェリンサプリを飲んでいるアトピー患者さんも多いのではないでしょうか。

え、飲むだけじゃなく塗っても効くの?

このラクトフェリンは、クリームとして肌に塗っても、アトピーの症状に有効と評判です。長年アトピー性皮膚炎を患っている肌は、バリア機能がガタガタになっているほど、荒れ果てている状態です。

ステロイド治療の影響が角質層まで及んでいるケースもよくありますし、ほんのわずかな刺激にも過敏に反応する敏感肌になっているケースも珍しくありません。

ラクトフェリンは、元々哺乳類の体内に存在する免疫成分です。粘膜などデリケートな部分にも存在し、外からの刺激から皮膚をガードする作用を発揮します。ほんの微量でも肌に塗ることで、皮膚の奥まで浸透し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を自ら作り出すよう働きかけてくれます。

こういった成分は加齢の影響でも自然に減っていくものですが、アトピー性皮膚炎の症状が激しく出ている時、刺激の強い外用薬を塗っている時も激減してしまいます。長い間治療をアトピーと戦い、ぼろぼろになった肌も、ラクトフェリンクリームで土台から立て直しましょう。ベースがしっかりすることで新たな症状も出にくくなるため、「ラクトフェリンクリームがアトピーに効く!」と脚光を浴びるようになったようです。

アトピー肌におすすめ!ラクトフェリンクリーム

健康業界、ダイエット業界だけではなく、現在美容業界でも熱いラクトフェリンブームが続いています。

単純にラクトフェリンを配合しているクリームならたくさんありますが、アトピー性皮膚炎の対策目的で選ぶなら、無添加タイプなど肌に刺激を与えない内容のものを選びましょう。抗炎症成分を含むものもおすすめです。

■ラクトフェリンラボ LLエナジーアクティベート クリーム

高純度ラクトフェリンを最高濃度で配合したスペシャルクリームです。合成着色料、合成香料、パラベン、アルコール、石油系界面活性剤など、ちょっとした刺激にも敏感に反応する肌に不向きな成分は徹底的にカットしているので、小じわなどアンチエイジングが気になる年齢のアトピー対策にぴったり。

肌の奥まで浸透するために、オリジナル加発の浸透サポート成分もブレンドされています。アミノ酸やセラミド、コラーゲンなどラクトフェリンの効果を倍増させる成分もたっぷり入っているので、素晴らしい相乗効果を期待することができます。

■クレールアクア ホワイトクリーム

肌が荒れやすいアトピー患者さんは、症状が出ている時に普通のこってりしたファンデーションを塗るのが辛いですよね。塗っている最中炎症やかゆみが悪化するのもきつい上、クレンジング力の強いクレンジング剤を使うことでさらに状態が悪くなる可能性も。

こちらのラクトフェリン配合クリームは美容成分もたっぷり配合し、スキンケアしながら肌も整えることができる下地クリームとして活用することができます。薄化粧のクリームファンデーションとしても使えますが、夜のお休み前のお手入れにも使えるのでクレンジングは不要です。