米ぬか石鹸の効果は美白!シミに効く根拠もある?

シミに効く美白石鹸を探している方に、米ぬか石鹸がぴったりです。日本の天然素材を使った石鹸が大ブームになっていますが、米ぬかの美白力、保湿力は飛び抜けて高く、ニキビのようなトラブル肌にも向いています。

米ぬか石鹸の効果、最新ランキング情報、作り方など、今すぐ知りたい情報を集めました。

天然のピーリング成分・・・洗浄力が高い米ぬか石鹸の効果

断食中のサポート食としても注目されている米ぬかは、大変栄養価が高い食材です。この米ぬかの有効成分を配合した石鹸は洗浄作用にも優れているため、普段くすみがちな肌もワントーン明るくなると評判です。

実際、米ぬかは穏やかなピーリング作用、スクラブ作用があるので、普通の石鹸では落としにくい毛穴の奥の古い汚れもきれいに洗い流しやすくなります。

毛穴の黒ずみ対策にも、米ぬか石鹸が役立つことは間違いありません。解毒作用も強く、老廃物や毒素のせいでできる吹き出ものやニキビ、肌荒れ、アレルギー症状の鎮静化にも有効です。

米ぬか石鹸で洗うだけでシミに効くのはなぜ?

米ぬか石鹸は、いつも通り顔を洗うだけで、シミ対策にも効果的です。米ぬかには、ビタミンB群、ビタミンEなどメラニンの生成を抑える成分がたくさん入っています。

特に肌のターンオーバーを促進するビタミンB1、2は、シミなどのトラブルを抱えた古い肌が新しい皮膚に生まれ変わる時に欠かせません。

また、米ぬかにしか含まれていないy-オリザノールは、紫外線の悪影響から肌をガードし、メラニン色素がシミを濃くするのを邪魔してくれる美容成分です。

保湿効果の高さも見逃せないポイント

さらに、米ぬかは、米ぬかセラミドやオレイン酸など、皮膚の皮脂量を適切に保ち、潤いやすくなる保湿成分もたくさん含有しています。

皮膚が乾いていると紫外線など外からの刺激に弱くなるため、普段から肌に潤いを与え、ダメージを受けにくい土台を整えておくことも重要です。米ぬか石鹸の保湿力の高さも、驚異的な美白力を発揮する大切な一要素です。

美白作用の強い成分の中には、「シミには効くけれど乾燥もひどい」なんて性質のものも。美白と保湿の両方の機能を兼ね備えているところは、他の美容成分には中々真似できない米ぬか独自の魅力です。

米ぬか石鹸の泡立ちは良い?悪い?

米ぬか石鹸をまだ使ったことがない方は、泡立ちの良さも気になるかも知れません。

もちろん、メーカーによっても泡立ちの良さは異なりますが、ほとんどの米ぬか石鹸は泡立ちが良い上、泡切れも良く、何度もすすがなくてもさっぱり落とすことができると評判です。

人工的な保湿成分を添加している普通の石鹸だと、妙にぬるぬるしてすすぎに時間がかかることも。

重曹でできる?米ぬか石鹸の手作りは初心者でも簡単

米ぬか石鹸は合成添加物フリーのものも少なくありませんが、本当にシンプルな石鹸を使いたい方は手作りに挑戦してみて下さい。

実は、初心者でも簡単に作れるほど、難しくありません。用意するものはお水600cc、重曹20g、そして米ぬか200gだけでOKです。

~米ぬかと重曹の手作り石鹸レシピ~

①鍋に水を入れて沸騰させ、重曹を入れます。
②重曹を追加したあと、鍋の中が落ち着くのを待ち、米ぬかを投入します。弱火のまま焦げないよう、混ぜ続けて下さい。
③冷めたペースト状の米ぬかと重曹を型に流し、乾燥させるだけで完成します。

ランキングトップの売れ筋米ぬか石鹸10種類が勢ぞろい

市販の米ぬか石鹸で特に売れている人気メーカーをご紹介します。100円台のプチプラから3,000円以上するセレブ御用達まで色々なタイプの米ぬか石鹸を集めました。

■牛乳石鹸 カウブランド 自然派石けん 米ぬか(162 円)
■松山油脂 M-mark 米ぬかせっけん(256 円)
■美人ぬか純米シリーズ 純米洗顔石鹸(540 円)
■白鶴 鶴の玉手箱 米ぬか石けん (666 円)
■スクワナチュレ 米ぬか化粧石けん (828 円)
■無添加石鹸本舗 釜焚き 米ぬか石鹸(864 円)
■ペリカン石鹸 米艶 洗顔石鹸(864 円)
■筑野ライスファインケミカルズ 米糠石けん 稲穂 (1,066 円)
■IGNIS グランドライン ブランソープ(3,240 円)
■MIRAI 米みるく石鹸SHIZAWA (3,186 円)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする