ホエイはニキビの原因にならない!ニキビ跡が薄くなる驚きの効果も?

ホエイとニキビの関係はよく分からないことも多いですよね。「ホエイを摂取したせいでニキビができた」なんて声も少なくありませんが、「ホエイパックでニキビ跡が薄くなった」と言う体験談も。ホエイとニキビの気になる関係について、最新情報をまとめました。

ニキビと関係が深い!?ホエイプロテインとは

ニキビと密接な関係があると囁かれるホエイは、牛乳から抽出されるプロテインの一種です。プロテインは原料によって3種類に分かれますが、ホエイと同じ牛乳を主成分とするカゼインもダイエットや筋トレで活躍するプロテインの1種です。

一方、大豆を原料とするソイプロテインは、カロリーも低く糖質や脂肪分も大幅にカットされているので、減量のタンパク質対策にぴったりです。

ホエイを摂取するとニキビが増える?

ホエイはカゼインよりも栄養価が高い分、大量に摂取するとニキビができやすくなる可能性も否定できません。ソイプロテインやカゼインより吸収スピードが速く、筋トレに役立てるためには最適ですが、過剰摂取によって必要なカロリーを大幅にオーバーすれば、ニキビができやすくなります。

栄養が多いと胃腸など消化器官の他、肝臓など内臓にも負担がかかります。内臓が疲労するせいで肌が荒れやすくなり、ニキビができるやすくなることも。ただ、これはホエイに限らず、どんな栄養素に関しても言えることですよね。

どんなに栄養価が優れている食材でも、食べ過ぎてしまえば栄養過多になり、肥満やニキビ、吹き出ものの原因になります。

ホエイは直接ニキビの原因にはならない!疑われた理由も判明

チョコレートも食べ過ぎればニキビの原因になりますが、適量を守って食べている限り大丈夫ですよね。ホエイも直接ニキビの原因になることはありません。そもそも、食べたら即ニキビができる食べ物なんて怖いですよね。

ただ、ホエイのせいでニキビができた・・・と思い込んでいる方が一定数いることも事実です。その理由は、単純に摂取し過ぎたと言う理由の他、プロテインを取り巻く環境が影響しているようです。

ホエイプロテインは、筋トレやダイエットのために服用している方が大半です。筋トレ中は汗をたくさんかきます。毛穴の汚れをその日のうちにきちんと落とさないことで、ニキビができやすくなると指摘する声も。

また、ダイエット中、プロテインを摂取していても全体の栄養が決定的に足りないと、やはり肌が荒れやすくなり、ニキビの原因になります。実はホエイ以外の原因でニキビができる可能性があるので、ホエイのせいと決めつけないことが大切です。

ニキビ跡を改善する効果が・・・

ホエイに含まれるタンパク質は、肌の代謝を促す栄養です。従って、ほどほどに摂取している分には、ニキビを改善させる作用の方が強いでしょう。肌そのものが細胞レベルで新しく生まれ変わる必要があるニキビ跡にも、タンパク質のターンオーバー促進作用は効果的です。

「ニキビができたのはホエイが原因」と思い込む前に、生活習慣全体を見直す必要があるかも知れません。皮膚のコンディションと深く関わるビタミンB群は不足していないかどうか、ホエイ以外の動物性脂質を過剰摂取していないかどうか、睡眠不足が続いていないかどうか、ホエイ以外の原因を探ってみましょう。

ヨーグルトに混ぜるのも微妙?ニキビを作らないためのホエイの摂取方法

ニキビが心配なら、ホエイを飲む量をセーブしましょう。飲むだけで筋肉ができると勘違いしている方もいらっしゃいますが、あくまでもホエイはサポート成分であり、飲んでも肝心なエクササイズが足りなければ単なるカロリーオーバー、栄養過多の原因になりかねません。

ホエイプロテインを割る飲み物も、脂質が気になる時は豆乳や水など牛乳以外の飲み物を選んだ方が安心です。ニキビができやすい肌質なら、ヨーグルトに混ぜるのも控えた方が良いかも知れません。

ニキビ対策のためのベストタイミングは、トレーニングを終えたあとです。身体を動かす前にホエイを補充してしまうと、トレーニングのために血液やエネルギーがフル稼働されてしまい、ホエイを消化するために胃腸に強い負担をかけ、肌が荒れやすくなります。

また、動物性脂肪で消化し切れない分は体脂肪になります。胃腸器官が活動をセーブする就寝前も、余剰分が多く出やすいのでホエイを飲むタイミングとして最適とは言えません。