ホエイプロテインとソイプロテインの決定的な違いとは?

ホエイプロテインとソイプロテインはどのような違いがあるのでしょうか。「ダイエットに向いているのはどっち?」、「値段が安いのは?」などの違いが気になっている方も多いようです。

ホエイプロテインとソイプロテインを比較して分かったこと

ホエイプロテインは牛乳に含まれるタンパク質の一種、ソイプロテインは大豆のタンパク質部分だけ取り出して粉末にしたもの。まずホエイプロテインとソイプロテインは原料が違うことが最大の特徴です。

また、価格の差も大きく、プロテインの中でも特に費用が高いホエイプロテインに対し、ソイプロテインは比較的リーズナブルな価格のため、コスト対策のためにホエイプロテインとソイプロテインをブレンドしているタイプも少なくありません。

吸収率が高いのはどっち?

吸収速度でプロテインを比較する方も少なくありません。吸収速度が飛び抜けて高いのは、ホエイプロテインです。飲んでから1~2時間で吸収分解されるので、運動で身体を鍛えている方の筋トレサポートにも欠かせません。

一方、ソイプロテインの吸収分解速度はかなり遅いのが特徴的で、飲んでから5時間から6時間経たないと消費されません。

ダイエットなど女性に嬉しい効果が多いのは・・・

身体に取り込まれるまで時間がかかるソイプロテインの特徴は、プロテインの力によって筋トレ効果を倍増させたいアスリートには物足りないようです。ただ、ダイエット中の女性にとって、ソイプロテインの「吸収分解速度が遅い=腹持ちが良い」と言う図式は見逃せないはずです。

置き換えダイエット中で、食べる量を減らしたいダイエッターの方にも、ソイプロテインは頼りになる存在です。カロリーが低いのも注目ポイントの1つです。元々ソイプロテインに含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと構造が似ているため、積極的に摂取することで、美肌効果、脱毛予防効果も期待できます。

細胞の代謝を高める働きなど、減量中に嬉しい作用もたくさんあるので、ダイエット目的で摂取する時はソイプロテインもおおいに活用しましょう。ホエイプロテインより若干少ないとは言え、タンパク質も7割から9割ほど占められるので、痩せながら筋肉を育てたい方にもぴったりです。

併用するのもオススメ!自分で混ぜる方法も

プロテインは種類によって特徴がだいぶ違うので、それぞれのメリット&デメリットを把握し、ご自身の目的に合うものを選ぶ必要があります。

しっかり筋肉を育て、太りにくく痩せやすい体質に改善したい方は、アミノ酸が多くすぐ吸収されるホエイプロテイン、ダイエット目的でプロテインを摂る予定の方は低カロリーで腹持ちの良いソイプロテイン・・・と賢く使い分けましょう。併用するのもおすすめで、自分で配合率を決め、混ぜ合わせている上級者も増えています。

合うのはソイプロテイン?それともホエイ?飲み分けて好みの味を探そう

ホエイプロテインにしてもソイプロテインにしても、飲んですぐ効果が現れるわけではないので、ある程度長期間飲み続けることが大切です。

味に飽きないためにもホエイプロテインとソイプロテインを飲み分けることが効果的ですが、同じプロテインの種類でも、メーカーによって味はバラバラです。バニラ味やココア味のプロテインがよく出回っていますが、メーカー次第で味の濃さや甘さ、香り、溶けやすさは異なるので、合うメーカーを探しましょう。

甘すぎず飲みやすいと評判のホエイ&ソイプロテイン

最近はボディウイングの「飲みやすい大豆プロテイン」など甘くないタイプのプロテインもたくさん出回っています。プレーンタイプは混ぜ合わせやすいのも魅力ですよね。砂糖無添加タイプもダイエット中にオススメです。

ただし、無添加タイプのプロテインは溶けにくい傾向があるので、シェーカーをしっかり振って混ぜ合わせるのがポイントです。水の量が多すぎても混ぜにくくなるので、シェーカーの6割から7割程度の水分を入れるのもコツの1つです。

■ザバス アクアホエイプロテイン100 グレープフルーツ風味(18 食分) 3,564円
■ボディウイング 飲みやすい大豆プロテイン( 1 kg ) 2,100 円
■ニチガ ホエイプロテインW80 プレーン味(1 kg) 2,290 円