泡パックは炭酸が入っていると効果倍増!?

意外と知らない?炭酸泡パックと普通の泡パックの違い

塗って流すパック、シート状のパックなど、パックにも色々ありますが、今一番注目を集めているのは炭酸泡パックと言われています。パックは元々美容のスペシャルケアとして愛用されてきましたし、炭酸の美容、健康効果も定評がありますよね。炭酸風呂、炭酸スカルプケアなど炭酸を活用した様々なアプローチがありますが、炭酸泡パックなら専用の施設に行かなくても、ご自宅で手軽に取り組める点が魅力です。もこもこの泡で顔を覆う泡パック自体、美肌効果抜群ですが、さらに炭酸が入ることで浸透率が驚くほど上がります。分子が小さい炭酸は皮膚の奥まで浸透し、毛細血管まで到達することができます。泡の炭酸が肌の深層部まで届くことで、毛細血管レベルで血流を促進し、顔色がぱっと明るくなります。血の巡りが良くなることで栄養や酸素も全身の隅々まで行き渡るようになりますし、顔のくすみや吹き出ものの原因になる老廃物も排出されやすくなります。排出と補給の2つの作用を同時に促進されるのが、炭酸の凄いところです。

どんな女性におすすめ?

炭酸泡パックは、くすみ肌や黒ずんだ毛穴トラブルを抱えた女性におすすめです。皮膚や毛穴に古い角質や汚れが蓄積されていると、毛穴も黒くなりますし、肌全体の透明感が失われてしまいます。肌をワントーン明るくするには、皮膚の血行を促進し、毛穴の汚れをしっかり取り除くことができる炭酸泡パックを頼るのが一番です。皮膚が老廃物などで覆われていると、化粧水や美容液の有効成分も浸透しにくくなります。定期的に炭酸泡パックでお手入れすることで、現在使っている化粧品の効果も倍増させることができます。

効果を最大限引き出す使い方をチェック!

炭酸泡パックの使い方は各製品によりますが、より効果を引き出す使い方は大体共通しています。1つ目の注意事項は、クレンジングや洗顔をしっかり行うことです。肌に汚れや余分な油分が残っていると、泡の炭酸の浸透力が半減してしまう可能性があります。有効成分をしっかり浸透させるためにも、クレンジングと洗顔で汚れを丁寧に落としましょう。顔を洗ったあとは水気を拭き取ることもポイントの1つです。
もう1つ気をつけたいのが、泡の炭酸パックは鮮度が命なので、塗布する直前にジェルと顆粒を混ぜ合わることです。炭酸泡パックはジェルと顆粒のセットになっていて、使う時に混ぜるスタイルのものが大半です。パックを準備してからクレンジング、洗顔を行う方もいらっしゃいますが、汚れを落としている間にガスが抜けてしまいます。肌に塗れる状態にスタンバイしてから、混ぜ合わせましょう。また、念入りに混ぜるより、ざっくり混ぜた方が効果的です。もし極度の乾燥肌で、洗顔後の肌がすぐに乾いてしまうようなら、混ぜ合わせる手間がいらないタイプの炭酸泡パックがおすすめです。

口コミランキングトップ!市販の炭酸泡パックで人気が高いのはsing(シング)

炭酸泡パックは手作りする方法もありますが、色々準備するのが大変なので、面倒な方は市販のパックで試してみてはいかがでしょうか。続々と新しい炭酸泡パックが発売されていますが、特に口コミで評価が高いのはsingです。シングは今までにない画期的な炭酸泡パックで、パック機能はもちろん、洗顔やピーリング機能、そしてパックのあと肌がきちんと潤うよう保湿機能も兼ね備えています。4wayの便利なパックとして、ユーチューブやインスタグラムでもよく紹介されています。洗顔機能も備えているので、パック前はクレンジングだけでOKです。20分以上顔に乗せておかなければならない炭酸泡パックも多い中、シングなら5分放置するだけ良いので、夜も休日も忙しい女性にもぴったりですよね。炭酸泡パックの中では珍しく、オーガニック成分にこだわっているところにも注目して下さい。マヌカハニーやラベンダーエキス、ローズマリーエキスなど、厳しいオーガニックのルールに基づいて育てられた保湿成分がたっぷり配合されています。150gも入って1本1,800円とリーズナブルな価格も魅力の1つです。