洗顔時の泡パックで美白するテクを伝授!

たった30秒の泡パックでいつもの洗顔が変わる!?美白のための洗顔方法を改めてチェック

洗顔の時、泡を30秒程度顔に乗せたままにする泡パック洗顔が流行っていますが、泡パックの効果を最大限引き出すためにも、改めて正しい洗顔の仕方をチェックしてみましょう。泡パックをしているのにいまいち効果を感じられないようなら、もう一度正しい洗顔方法を見直してみる必要があるかも知れません。せっかくクオリティの高い美白洗顔料を買っても、使い方次第で効果が半減してしまいます。例えば、予備洗いが不十分なのも、気になるポイントの1つです。手や顔をたっぷりのぬるま湯で予備洗いし、水で落ちる汚れは取り除いておきましょう。朝は洗顔料を使わない方もいらっしゃいますが、寝ている間の寝汗の量は少なくても500ml。就寝前に顔を洗ってから半日近く経っているわけですから、洗顔量を使ってしっかり顔を洗わないと、皮膚に汚れが残ったままお化粧をすることになり、毛穴の奥にどんどん老廃物が蓄積され、顔全体もくすんで見えるようになります。

え・・・泡の立て方で美白効果が上がるってホント!?

洗顔料の量が足りないのも、美白力がダウンする原因です。特に高価な洗顔料を購入すると、1回1回の量を出し惜しみしたくなることも・・・。けれど必要な量を出さないと、せっかくの美白成分や泡パックも威力を発揮しにくくなりますし、肝心な洗浄成分が不足することも。汚れを落としきれていなければ、せっかく洗顔料を使っても本来の目的を完全に果たすことができません。予算に合った化粧品を買うのが大切、と言われるのはそのためです。泡の立て方も、直接皮膚の上で泡立てるのはNG。たっぷり泡を作るのがとても大切ですが、きめの細かい泡をたくさん作るのは結構手間がかかります。手早くボリュームのある泡を作りたい方は、泡立てネットやスポンジも活用してみて下さい。“その日の汚れはその日に落とす”を目標に、汚れを蓄積させないことが美白洗顔の秘訣です。汚れや摩擦は肌をくすませる原因になるので、十分な泡で皮膚に負担をかけずに余分なものを洗い流さなければいけません。

美白効果で定評があるのは?泡で出てくる洗顔料がおすすめ

洗顔で美白対策を行うためには泡の立て方が重要だと分かったものの、泡立てネットやスポンジが苦手・・・と言う女性も少なくないはずです。確かに泡立てネットやスポンジは衛生的に管理するのがとても難しく、気を抜くとすぐにカビやぬめりが発生します。そんな方におすすめなのが、最初から泡で出てくるタイプの美白洗顔料です。登場以来続々とファンを増やしているので、ご存知の方も多いでしょう。洗顔料を泡立てる手間が面倒、スキンケアに時間をかけたくない、と感じる女性にぴったりです。

■“洗顔料はプチプラ派”に満足度の高い「肌ラボes洗顔(泡タイプ)」793円

1,000円以下のリーズナブルな価格帯ながら、無添加処方なので、肌が弱い方でも安心して使いやすい泡洗顔料です。保湿成分のヒアルロン酸も配合されているので、肌の乾燥によって皮膚が厚みを増し、透明感を失ってしまっているタイプの方にも美白対策の役に立つのではないでしょうか。

■加齢によるクスミにも効く3wayの炭酸洗顔「テンデシカ」3,200円

テンデシカは泡パックとソフトピーリングもできる洗顔料です。最初から泡パック目的で洗顔料を探している方にもぴったりです。加齢や生活習慣の乱れで肌のキメが崩れることも、クスミの原因になります。テンデシカは炭酸の細かい泡を肌に乗せるだけで、毛穴の奥の頑固な汚れや、皮膚表面に蓄積された古い角質もスムーズに取り除くことができます。たった1回泡パックをするだけでも肌がぱっと明るくなると評判の洗顔料です。炭酸ピーリングは穏やかな作用で効くので、「敏感肌でも安心して使える!」とリピーターを増やし続けています。