洗顔パックの使い方と効果的な頻度とは?

洗顔パックの泡は何分放置すれば良いの?

毛穴の汚れが落としやすくなり、肌の透明感も増すと評判の洗顔パックを試してみたい、とわくわくしている女性も多いでしょう。お手持ちの洗顔料ですぐに実践できるお手軽な美容法ですが、泡を放置する時間にはご注意下さい。長すぎてしまうと、皮膚に負担をかけてしまう恐れがあります。肌の汚れ具合や洗顔料の洗浄力にもよりますが、敏感肌なら30秒程度で洗い流した方が安心です。油性肌で毛穴が黒ずんでしまっていても、長時間の放置は禁物です。長くても1分ぐらいで泡パックを終了しましょう。最近は泡状のフォームが出る洗顔料やパックが次々に登場しているので、専用のものを使う時は記載されている使用時間を守りましょう。

泡パックするほど白くなる?美白効果が凄い

洗顔パックは黒ずんだ苺毛穴に効果てきめんですが、肌トラブルがとくにない方にもおすすめです。洗顔パックを実践している方の間でも「洗顔パックをするほど肌が白くなる!」と評判になっていますが、美白効果も侮ることができません。元々色白肌でも、毛穴が汚れで詰まり、皮膚表面の角質層が厚くなっていると、くすんだ肌に見えてしまいます。ところが、洗顔パックを続けると、古い角質や皮脂が落ち、瑞々しい透明感が出てくるので、美白効果も。ただし、もっと白くなりたい、と長時間放置したり、洗顔の度にパックをするなど、やりすぎは禁物です。

洗顔パックの最適な頻度は?

では、いったい洗顔パックはどれぐらいの頻度で日々のスキンケアに取り入れれば良いのでしょう。洗顔パック初心者は頻度の問題も気になるはずです。実は、洗顔パックの最適な頻度は、肌質や使用する洗顔料によって異なります。敏感肌なら、2~3日に1回の頻度ぐらいが丁度良いかも知れません。皮膚に負担をかけない成分を使っているデリケート肌用のものなら、1日1回、朝か夜の洗顔のどちらかで行っても大丈夫でしょう。自分の肌の状態もチェックしながら、最適な頻度を突き止めましょう。連続で行うと乾燥や赤みが気になるようなら、頻度を減らして下さい。寝不足で肌が疲れている時はお休みするなど、常に肌と相談しながら頻度や放置時間を調節するのがポイントです。

ニキビ肌でも泡パックして大丈夫?

ニキビ肌にも洗顔パックはおすすめです。ニキビをケアするためにも、アクネ菌対策ができる洗顔料を使うのがおすすめです。クレイパックも、強力な粘着力で皮脂や汚れを除去する効果が高いので、ニキビ肌改善に効き目があるようです。ミネラルも多く、天然成分で肌に優しいのも魅力です。界面活性剤など、皮膚の刺激になる成分をできるだけ排除した洗顔料や石鹸を選びましょう。ちなみに、ニキビに不要な刺激を与えないよう、マッサージは禁物です。ただ泡を皮膚にのせ、しばらく放置するだけでOKです。また、ピーリング石鹸でニキビケアをしている方もいらっしゃいますが、肌に負担がかかる洗顔料なので、頻度や使い方にご注意下さい。

ピーリング石鹸の使い方に要注意

AHA配合のピーリング石鹸は刺激が強いので、商品毎に決まっている使用頻度を厳守しなければなりません。強めのものは1週間に1度に使用頻度が制限されていることもあるので、要注意です。また、しばらくお手入れを続け、古い角質が大体きれいに落ちたら、しばらくは普通の石鹸、洗顔料に戻すことも大切です。一般的に洗顔パックをお化粧前にすると化粧ノリが良くなり、化粧崩れがしにくくなるので、朝の習慣として取り入れている方が増えています。ただ、ピーリング石鹸を使ったあとは肌が敏感になっているので、お化粧や紫外線などの刺激を受けやすくなります。ピーリング石鹸に限り、朝の洗顔パックは避けた方が無難です。

上級者向けの炭酸泡もおすすめ

洗顔パックに慣れてきたら、色々な洗顔料を使い分けてみましょう。寒い時期は保湿メインの洗顔料、汗をよくかく季節はある程度洗浄力が強いものがぴったりです。最近は、炭酸泡が出る洗顔料を使った洗顔パックも注目を集めています。炭酸水で顔を洗う美容法もブームになっていますが、炭酸泡は汚れを落とす作用に優れている他、血行促進効果も期待できます。細胞に酸素を送り込み、ターンオーバーを促進する効果も。アンチエイジングを狙いたい時は、炭酸泡洗顔が最適です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする