今更聞けない!洗顔パックと化粧水の順番と裏技

正解は?洗顔パックと化粧水の順番

洗顔パックにトライする前に、アフターケアの方法もチェックしておきましょう。洗顔パックは、洗顔料の泡をすぐに洗い流さず、30秒から1分程度皮膚の上にのせたままにする美容法です。頑固な皮脂汚れや古い角質が落としやすくなるので、続けてケアすることで、肌に透明感が出て、毛穴が目立たなくなると評判です。ただし、普通に顔を洗う時より皮膚に負担を与える可能性があるので、パックの後のケアは欠かせません。洗顔パックの後に基礎化粧品を何もつけないで放置・・・なんてやり方はNGなので、きちんと化粧水を塗ってお手入れしましょう。

順番が逆!?化粧水をつけてから洗顔パックをする美肌テクも

ただし、美容マニアの中には、洗顔パックの前に化粧水をつける美肌テクを実践している方も。パックの前に化粧水をつけることで、肌が柔らかくなり、洗顔パックの効果を引き出しやすくなると言われています。もちろん洗顔パックをした後も化粧水のお手入れは必ず行わなければならないので二度手間になりますが、時間の余裕がある時に、是非試してみて下さい。

アフターケアの化粧水は収れんタイプがおすすめ?

洗顔パックの後に使う化粧水は、どんなものを選べば良いのでしょうか。洗顔パックは毛穴の汚れ、皮膚表面に蓄積した古い角質を取り除くのに効果を発揮するお手入れ方法です。毛穴トラブルを抱え、収れん化粧水を使っている方も少なくありませんよね。収れん化粧水は、毛穴や肌を引き締めるための化粧水です。洗顔パックの後は肌が少し敏感になることも多いので、皮膚が弱い方だと若干の刺激を感じるかも知れません。特にソルビトールなどアルコール配合の収れん化粧水は刺激性が強いので、ご注意下さい。実際に使用してみていつもと違う反応がないようなら問題ありませんが、赤みが出たりヒリヒリするようなら、保湿重視の普通の化粧水でお手入れしましょう。同じ収れん化粧水にも色々なものがあるので、収れん成分と一緒に保湿成分もたっぷり配合されているようなタイプもおすすめです。

時間をあけるのがポイント!オイルや乳液を塗る順番

洗顔パックの後は、肌に潤いを与え、補充した潤いが逃げないようケアすることが大切です。そのため、最初は化粧水、その次に乳液を塗り、最後にオイルで仕上げるのが正しい順番です。水分の多いものから塗っていくのは、スキンケアの原則ですよね。オイルの種類によっては、洗顔後の肌に直接塗るよう推奨されているものもありますが、基本的にはオイルは最終段階で塗るのが効果的です。オイルを塗ることで、化粧水や乳液の有効成分が蒸発するのを防ぎやすくなりますし、バリア機能もアップします。オイルは浸透性抜群なので、最後に塗っても角質層の細胞間脂質まですっと浸透します。また、1つ1つのプロセスでは、ある程度時間をあけるのがポイントです。

シートマスクのルルルンで相乗効果UP

洗顔パックの後、シートマスクでお手入れすると、相乗効果が倍増します。洗顔パックのように、取り除くお手入れをしたら、潤いを与えるアフターケアが欠かせません。化粧水を何度も塗り直す暇がなくても、シートマスクなら顔にのせておくだけで良いので、朝の身支度をしながらスペシャルケアを済ますことができます。シートマスクで特に売れているのは、ルルルンシリーズです。エイジングケア用のホメオエイジ、潤いと艶が出るスムースゴールド、ワントーン明るい肌を目指すためのサニーデイなどバリエーションが豊富なので、目的に応じて選ぶことができます。アロマハーブを配合したタイプは、メンタルにも働きかける作用が強く、疲れている時やリフレッシュしたい時にもぴったりです。お得な大容量タイプもありますし、1枚50円ちょっとで買えるシリーズもあるので、プチプラプライスも嬉しい魅力です。コンビニや通販の他、ドラッグストアやスーパーマーケットでも扱っているので、チェックしてみて下さい。