朝マスクで肌荒れしなくなる科学的理由とは?

肌が荒れるのは潤い不足かも?

どんなスキンケアアイテムを使っても肌荒れが良くならない・・・とお悩みなら、朝マスクを試す価値があるかも知れません。肌が荒れる原因は色々考えられますが、特に多いのは保湿不足です。皮膚の潤いが足りないと、紫外線の被害をダイレクトに受けやすくなります。日焼け止めを塗っても、肌が乾燥し、皮膚組織がガタガタになっている状態では、しっかりガードすることができません。荒れた肌は化粧崩れしやすいように、スキンケア用品の有効成分や日焼け止め成分も長く留めておくのが難しくなります。

肌荒れに朝マスクが効くメカニズム

どうして朝マスクが肌荒れに効くのでしょう。夜、寝る前に乳液やクリームなどの保湿アイテムでお手入れしている方も少なくありません。夜マスクなどのスペシャルケアを習慣にしている方も。ただ、いくら就寝前にしっかり潤いを与えても、寝ている間は予想以上に大量の汗をかいてしまいます。お風呂のあとに塗った保湿のための有効成分も流れ落ちてしまいますし、冷暖房の影響で皮膚の水気も奪い去られてしまっています。その結果、朝起きた時は既に乾燥している状態に・・・。朝は汗や皮脂で肌がベタベタなので、皮膚が乾いていることに気づきにくいものです。しかも、出かける前のお手入れは雑になりがち。その点、朝マスクで肌に十分な潤いを与え、皮膚をリフレッシュさせている方は、どんどん肌荒れしにくくなります。

朝マスクでバリア機能をUPして外に!

朝マスクの習慣を取り入れると、驚くほど肌荒れが目立たなくなります。肌の潤い成分が足りない状態で家の外に一歩出ると、早朝から容赦なく振り注ぐ紫外線や外気の汚れで皮膚のバリア機能はあっという間にガタガタになりかねません。バリア機能がしっかり働いていない状態で外部から刺激を受けてしまうと、ダメージが蓄積しやすくなり、シミやシワを招きやすくなります。ちょっとしたダメージに過敏に反応するようになり、紫外線を浴びていない状態でも、メラニンを生成するようになります。しかも、肌が乾いているとターンオーバーが遅れ、日に焼けても新しい皮膚に生まれ変わりにくくなります。古い角質やダメージを溜め込んだ皮膚のままだと、肌荒れも改善しにくい環境です。

口コミで話題のクリアターンは6シリーズ16種類

初めて朝マスクにトライする時、どんなフェイスパックを選んだ良いのか戸惑ってしまうかも知れませんが、顔にのせて剥がすだけで良いシートマスクタイプがぴったりです。特に口コミでも「朝マスクに最高」と評判になっているのが、コーセーのクリアターンです。なんと肌質や年齢、今抱えている肌トラブルに合わせ、全部で6シリーズ16種類もあります。

~最新情報!クリアターン全種類~

■ホワイトマスクシリーズ

・和漢植物エキス・ヒアルロン酸・ビタミンC

■プレミアムロイヤルジュレマスク

・ヒアルロン酸・コラーゲン

■プリンセスヴェール

・ピュアホワイト・リッチモイスト・エイジングケア・モーニングスキンケア

■エッセンスマスク

・コラーゲン・ヒアルロン酸・ビタミンC

■ベイビッシュ

・オイルインうるおいタイプ・うるおいマスク

■肌ふっくらマスク

・超濃厚保湿マスク・薬用美白肌ホワイト

肌荒れを改善する近道は、肌が荒れている原因を探ること。幅広い選択肢から、肌荒れの原因に合わせてマスクを選べるところも、クリアターンシリーズの魅力です。

マンダムのバリアリペアシリーズ

朝のフェイスケアは、保湿力の高いものを選びましょう。マンダムのバリアリペアシリーズも、朝マスク用のフェイスマスクとして売れています。なめらか、しっとり、もっちり・・・と3タイプありますが、どのタイプも肌荒れの原因になりやすい防腐剤は含まれていません。1パック5枚入りなので、常に新鮮な状態をキープしやすいと好評です。皮膚の潤いが不足していると、バリア機能もダウンしてしまいます。保湿力で定評のある有効成分が凝縮されているので、たった5分肌にのせるだけでも肌荒れも沈静化し、瑞々しい理想の皮膚に近づきます。時間に余裕がある時は20分程度シートを顔に密着させておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする