洗顔パックの時間は朝がベスト?それとも…

密かなブーム!洗顔パック=泡パックでOK?

美容マニアの間で密かに流行っているのが、洗顔パックです。「洗顔?パック?」と聞きなれない言葉に戸惑ってしまうかも知れませんが、洗顔料の泡でパックをする方法を洗顔パックと言います。通常、洗顔料の泡で顔を洗ったあとは、すぐに洗い流しますよね。ところが、洗顔パックでは、顔に泡をパックのようにのせたまま、しばらく置いておきます。

どんな効果を期待できるの?

普通に洗顔するよりも時間と手間が少々かかりますが、洗顔パックは毛穴対策に効果抜群です。毛穴に古い皮脂や角質が溜まってしまうと、黒ずんでしまい、とても不衛生に見えます。毛穴がどこにあるか確認できるほど、黒い点々になってしまっているなら、要注意です。ファンデーションを塗っても透けて見えて汚い印象を与えてしまいます。黒い毛穴を隠すため、コンシーラーやファンデーションを厚塗りして余計毛穴に負担をかけてしまっているパターンも少なくありません。そんな汚れた毛穴、透明感を失ってしまった肌に、洗顔パックはぴったりです。泡を数分肌にのせておくことで、毛穴や肌表面の頑固な汚れも落ちやすくなります。一度に全部落とすことは難しいかも知れませんが、定期的に洗顔パックでケアすることで、徐々に毛穴の黒ずみも目立たなくなるでしょう。「洗顔パックを始めてから肌に透明感が出てきた!」と喜ぶ声も。

普通の洗顔にもパックにもない、洗顔パック独自の魅力2つ

洗顔パックの魅力は、顔を洗うついでにパックまでできることです。忙しいと、わざわざパックをする手間をかけられないことが多いですよね。けれどどんな多忙な生活を送っている方でも、洗顔をさぼる女性はほとんどいないでしょう。いつもの洗顔のついでにできるので、「それならついでに試そうか」と言う気持ちになりやすいのも魅力です。しかも、洗顔パックは普段使っている洗顔料で良いので、わざわざ特定の商品を買わなくても問題ありません。既に持っている洗顔料でできるので、お金もかかりませんし、思い立ったらすぐにできます。

泡パックの効果を最大限引き出す方法

それでは、洗顔パックの具体的な方法をご紹介しましょう。とは言っても、やり方は本当に簡単です。いつも愛用している洗顔料を、できるだけきめ細かく泡立てて下さい。泡立てネットやスポンジを使うと、すぐにコモコの泡を大量に作ることができます。ただし、ネットやスポンジに水分を多く含んでいると、泡が柔らかくなり過ぎることが。軽く水気を切った状態で泡立てるのが、洗顔パックの効果を最大限に引き出すポイントの1つです。洗顔料もたっぷり使いましょう。泡パックの最中、指の腹で丁寧にマッサージする方法もおすすめですが、ただのせるだけでも構いません。パックの時間も30秒から1分程度でOKです。パックの後はぬるま湯で泡が残らないよう洗い流すだけです。洗顔パック後は保湿対策をしっかり行って下さい。

夜より朝が効果的ってホント!?朝パックと朝マスクの相乗効果が凄い

女性に嬉しい効果がいっぱいある洗顔パックですが、実は朝行うと、もっと嬉しいメリットがあります。「朝からパックする時間がない!」なんて悲鳴が聞こえてきそうですが、最短30秒で実践できる美容法なので、コツを掴めばすんなり朝の習慣にしやすいでしょう。実は朝、パックやマスクをすることで、化粧ノリが格段に良くなります。特に寝ている時に汗をたくさんかく体質の方、油性肌の方は、寝る前にお風呂に入っても寝起きの肌はギトギトに・・・。洗顔パックで肌のキメを整え、毛穴の汚れをしっかり落としてからお化粧することで、とても美しく仕上がることを実感できるはずです。化粧崩れもしにくくなる、とも評判です。湯船にゆっくり浸かる夜は、毛穴の汚れも落としやすくなっています。しっかり洗えないことが多い朝こそ、洗顔パックで毛穴の隅々まで洗浄しましょう。洗顔パック後、髪の毛をセットしている間などに朝マスクをすれば、相乗効果でお肌のケアは完璧です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする