顔のむくみの原因を徹底追及!病気の可能性も・・・

顔のむくみは朝にひどくなるのが特徴

人間の体重は時間帯によっても変動するので、寝起きと食後では1キロ以上差が出ることも珍しくありません。顔のむくみも時間帯によって変わり、朝にひどくなるのが特徴的です。起きたばかりの顔がむくんでいるのは、寝ている間は横になっているので、余分な水分が顔にもくるため。起きて普通に活動していれば、水分は自然に下へ下がるので、むくみも上半身から下半身へ移動します。

塩分が多い食べ物も原因に!どうして顔がむくむの?

大切なイベントの日に顔がむくんでいると、本当に焦ってしまいますよね。塩分が多い食事など顔がむくむ原因にも色々ありますが、普段よりも余分な水分が肌の内側に溜まっている状態がむくんでいる状態です。血液循環やリンパの流れが滞っていると、余計な水分が体内に溜まり、腫れぼったい顔になってしまいます。

アルコールで顔がむくむメカニズム

この日だけは絶対に顔がむくみたくない、と言う大事なイベントが控えているなら、アルコールは厳禁です。お酒を飲むと血液中のアルコール濃度が濃くなり、血管が普段より広がってしまいます。その結果、血液の流れる速度が通常よりも遅くなり、水分も流れにくくなり、いつまでも体内に留まり続け、顔のむくみに繋がります。しかも、お酒のおつまみは塩辛や塩を直接振った枝豆などしょっぱいものが多いので、塩分も影響して頑固なむくみの原因になります。

顔のむくみに悩む男性が急増中

顔のむくみは女性特有の悩みと思われることが多いようですが、女性だから特別にむくみやすいと言うことはなく、男性も条件が揃えば女性と同じように顔がむくみます。冷えもむくみの原因ですが、冷え性の女性が多いことから、「顔のむくみ=女性特有の悩み」と誤解されているのかも知れません。実際は、男性の方が塩分の濃い食べ物を好む傾向がありますし、お酒をたくさん飲む方も多いので、本人が意識していないだけで顔がむくんでいることもよくあるはずです。顔がむくんでいると顔色も悪く、不健康な印象を与えます。ただむくんでいるだけでも太っているように見えるので、食事制限のできない自分にだらしない性格の人・・・と思われることも。むくんでいる時はフェイスラインもぼやけ、目鼻立ちも埋もれがちになるので、接客業や営業職など見た目の好感度が大事な職業の男性も、むくみ対策が欠かせません。

腎臓や肝臓の病気でむくむことも

塩分や水分、アルコールの過剰摂取、睡眠不足、運動不足、姿勢や寝相の悪さなど顔がむくむ原因は色々あります。特に思い当たることはないのにここ最近ずっとむくみがひどいと感じているなら、腎臓の病気かも知れないので、早めに病院で診て貰った方が安心です。顔のむくみ症状が現れる病気はたくさんあるので、顔のむくみが病気の発見に繋がることもあります。また、ホルモン薬など、薬の副作用として顔がむくむこともたまにあります。

顔がむくむことが多い病気

・狭心症や心筋梗塞などの心疾患
・肝硬変や門脈圧亢進症などの肝疾患
・クッシング症候群など内分泌疾患
・ネフローゼ症候群など腎疾患
・パセドウ病や橋本病などの甲状腺疾患

顔がむくむ可能性がある幼児の病気は?

お酒やおつまみで顔がむくむことが珍しくない大人とは異なり、子供の顔がむくんでいると驚いてしまいますよね。大人と同じように塩気の強い食べ物や水分の飲み過ぎで顔がむくんでいることもありますが、病気の症状として出ていることもあるので、注意して下さい。腎炎やネフローゼ症候群、アレルギー疾患の血管浮腫が、幼児がかかりやすい病気です。顔のむくみ以外の症状を冷静に観察し、おかしいと感じたらすぐに病院で診て貰いましょう。腎炎やネフローゼ症候群は治療が長期に及ぶ可能性がありますが、血管浮腫は投薬治療を始めれば3日から4日で快方に向かいます。