100均の洗顔用泡立てネットを徹底比較!なぜ泡が必要なのか理由も調査

100均の泡立てネットを使うだけで、プロ並みの洗顔効果が得られるとしたら・・・試さずにはいられませんよね。何千円もする洗顔料を買う予算がなくても、たった100円で買える洗顔用泡立てネットがあれば、高価な洗顔料に負けないほどの美肌高価を狙うことができます。

100均 泡立てネット

面倒を省ける?洗顔の時泡立てネットを使う理由

「100均の洗顔用泡立てネットが手放せない!」と絶賛する愛用者が続々と増えています。洗顔用泡立てネットは使う派と使わない派に分かれますが、美肌効果を高めたいなら断然使用するメリットの方が多いでしょう。

同じ洗顔料でも、泡の立て方1つで汚れを落とす力もアップしますし、皮膚に負担をかけずに理想的な洗顔が可能です。一旦作った泡の気泡を潰し、空気を抜く作業を何度が繰り返すと、洗顔時の泡として完璧な状態になります。

ただ、このやり方で濃密な泡を作るのは慣れないと難しく、時間もかかります。

その点、泡立てネットを使えば誰でも素早くきめの細かい泡をたくさん作ることができるため、水分量の細かい調節を面倒と感じる方にぴったりです。

泡立ちにくい無添加洗顔料も簡単に泡立つ!

「泡立てネットを使わなくても、元々泡立ちが良い洗顔料を選べば良いのでは?」と考える方もいらっしゃるかも知れません。確かに泡立ちが良い洗顔料もたくさんありますよね。

全部が全部ではありませんが、実はリーズナブルな価格で泡立ちが良い洗顔料は合成界面活性剤を頼っている確率が高く、敏感肌、乾燥肌、加齢肌にはおすすめできません

肌に優しい洗浄成分を使っている洗顔料は優しい洗い上がりを期待できるものの、泡立ちが悪く使いにくい一面も。そんな時も、泡立てネットを使えば、合成界面活性剤不使用の洗顔料から、瞬時にボリュームたっぷりの泡を作ることができます。

東急ハンズやamazonの電動ブラシよりおすすめ?100均ネットは安くて使い方も簡単

洗顔料を泡立てる大切さは、テレビや雑誌などのメディアでもよく取り上げられています。その影響からか、東急ハンズやamazonでも電動洗顔ブラシの売り上げが伸びていますが、実は100均の泡立てネットも負けないほどの勢いで売れ続けています。

威力の強さや機能性は電動洗顔ブラシに劣るものの、100均の泡立てネットにも独自の魅力があります。それは安いので手軽に買い換えやすいこと。「泡立てるだけなので100円で十分」と感じる女性は、決して少数派ではないようです。

また、使い方も簡単で美容家電の操作に自信がない方でも不要要素がありません。数千円から1万円以上する電動洗顔ブラシは本体も高い上、消耗品のブラシも定期的に取り替えなければなりません。

維持が高く、「それなら高価な洗顔料を買った方が良い」と考える方も少なくありません。その他、「本体が大きくて置き場所に困る」、「コードが邪魔」、「コードレスタイプは充電に時間がかかる」など、美容家電特有のデメリットも・・・。

セリアなど100均の泡だてネットや代用品を比較!上手に使うコツは?

ほとんど100均で泡だてネットを扱っています。サイズや色は微妙に違うので、色々試してみて下さい。いずれにしても、洗顔ネットを使ったあとはしっかり洗って水気を絞り、きちんと乾かすこと。

浴室に置きっぱなしだとカビが生えやすくなります。ネット自体が汚れていると泡立ちも悪くなるのでご注意下さい。

■ダイソー

・泡だてネット→使用後広げて干すことができるので、乾きやすくなっています。できるだけ衛生的にネットを保ちたい方にぴったりのアイテム。
・ホイップ洗顔S→オーソドックスなデザインの泡だてネット。サイズを選べる点が魅力です。
・ほいっぷるん→大ヒット中のニュータイプの泡だてアイテム。蓋にセットされているスティックを上下に動かすだけでもっちり泡ができるので、ネットをうまく使いこなせない方にもぴったり。水の分量も決まっているので、水の加減で失敗することもありません。

■セリア

・ホイッパーmini→日本製で検品シールも貼られています。初心者でも簡単に泡立てることができるよう、袋の裏にイラスト付きの説明が記載されている点も好評です。ネットの網目も小さく、付け根にプラスチック製のリングもついているので、干す時も便利です。

■キャンドゥ

・もっちりクリーミー泡→小さめサイズと大きめサイズの泡だてネットが2種類セットになって売っているので、お得感満載です。
・ひみつの泡立ち→小さくなった石鹸を最後まで使い切れるよう、袋状になっています。固形石鹸派に嬉しいデザイン。
・ふんわりリッチ→ネットではなく、プラスチックケースで泡を作る新しいタイプの泡だてアイテム。容器に洗顔料と水を入れ、蓋についているスティックを上下に動かすだけで、濃密な泡を作ることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする