3000円以上払う価値がある!洗顔石鹸より原価率が高いおすすめ洗顔料

同じ洗顔石鹸でも100円以下のものもあれば3000円以上するものもあります。もちろん価格帯が同じでも内容に差があるので、単純に高ければ良いとは限りません。今回は値段の話から本当に買う価値がある洗顔料を絞り込みました。

洗顔石鹸 原価率

美容のプロもおすすめ!一番お金をかける必要があるのは洗顔料

クレンジングから洗顔、化粧水、クリーム・・・と女性はスキンケアのプロセスが多いために、1つ1つのアイテムに使うことができる予算は限られています。

昔から洗顔料は安いもので構わない、なんて考えている方も少なくないようですが、実はエステティシャンや美容皮膚科医など美容のプロほど洗顔料に一番お金をかけるべきだと主張しています。

なぜなら、肌に汚れや角質が残っていると、どんなに高価な化粧水や美容液を塗っても、肝心な角質層の奥まで有効成分が浸透しにくいからです。

スキンケアアイテムの効果を最大限引き出すためにも、洗顔料で顔の汚れを洗い流しフラットな状態にリセットしなければなりません。リセット力が足りないと、肌のターンオーバーも遅れて代謝力が一気にダウンします。洗顔料を選び間違えるだけで、まるでドミノ倒しのように美容トラブルが次々と引き起こされるので「たかが洗顔料」と軽く捉えることはできません。

ドラッグストアとブランドの差!100円と3000円以上する洗顔石鹸は何が違う?

「次に買う洗顔料は思い切って高いものに挑戦してみよう」と決心した女性も多いでしょう。ただ、「高価な洗顔料=最高品質」とは限らないので要注意です。洗顔料の値段は本当にピンキリで、100円しないものから3000円以上するものまでかなりの価格差があります。

どの部分にお金をかけるのかはメーカーの方針次第で違うので一概には言えませんが、高いお金を出して買う価値があるのは良い原料を使っているものです。値段に差が出る理由の1つは、使用している原料の価格が違うため

洗顔料に使われる洗浄成分は数えられないほどたくさんの種類があります。ドラッグストアなどでよく量販されている洗顔料は、安価な石油系合成界面活性剤が使用されることが多いのが特徴です。

石油系合成界面活性剤は安く泡立ちが良いのは魅力ですが、肌に刺激が強いため、使い続けると肌のバリア機能が破壊される恐れがあります。

一方、アミノ酸系洗浄成分や天然成分を使う洗顔料は原料費が高いため、どうしても値段に反映されて2000円、3000円以上のお値段になってしまうことが多いようです。

乳雪花は3,700円支払う価値がある?

例えば話題の洗顔料、乳雪花の洗浄成分も、クオリティの高いものが厳選されています。1ヶ月分4000円近くするので値段のハードルを飛び越えられないと感じる方もいらっしゃるでしょう。

ただ乳雪花は、美容のプロからも大絶賛されているヨーグルト配合洗顔料で、既に美容雑誌でもちょくちょく取り上げられていることからも効きそうな予感がプンプンします。

ピーリングパックやエイジングケアなど6つの働きを備えているので、1本あれば多角的に美肌を目指すことができます。この乳雪花の実力を確かめるためにも詳しく成分を解析してみたところ、やはり原材料にお金をかけている最高品質の洗顔料ということが分かりました。

ヨーグルトパック洗顔クリーム 乳雪花 120g (3,700円)※定期コースは2,479円

ニキビや敏感肌の毛穴を優しく落とす・・・成分を解析して乳雪花の実力を検証

日本の洗顔料は成分表示が義務付けられていますが、含有量が多い順番に記載されるルールがあります。とは言っても最初の方は基剤成分なので、途中から有効成分をチェックしましょう。もちろん乳雪花は基剤成分選びでも妥協していません。

ピーリング成分とは別にメインの洗浄成分として配合されているラウロイルグルタミン酸Naは皮膚の表皮と同じ弱酸性の植物性界面活性剤で、刺激性がとても少ないことが特徴です。ニキビ勃発中のデリケート肌や敏感肌の毛穴を優しく落とすのに最適な成分です。

毎日の洗顔に使っても表皮常在菌のバランスが崩れる原因にはなりません。セラミドを必要以上に洗い流してしまうこともなく、泡立ちも抜群。ただし唯一のネックがコストの高さです。原料費が高いので大量生産されるタイプの洗顔料の洗浄成分としては向いていません。

宣伝費にコストを費やすタイプの洗顔石鹸に要注意!

洗浄成分1つ取ってもお金がかかっていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。ただし3,000円以上する洗顔石鹸でも安価な石油系合成界面活性剤を使っているケースはよくあります。

コスメメーカーによっては、原料費を極力抑えて宣伝費やパッケージ代にコストを費やす方針のところも少なくありません。成分表をよくチェックして原価率が高い洗顔料を見極めましょう。宣伝にハリウッド女優を起用するイメージ戦略も悪くありません。

ただ、肌の悩みを抱えて洗顔料選びに奔走している女性にとっては、パッケージやコマーシャルに使われモデルは二の次で直接肌に触れる原料の方が問題ですよね

乳雪花は本当に無添加?フェノキシエタノールの毒性が気になる!

乳雪花はデリケート肌をできるだけ刺激しないよう、旧指定成分はもちろん、エタノールやパラベン、香料、鉱物油、硫酸系洗浄剤も使っていません。ただ最後の方まえ成分表をチェックするとフェノキシエタノールが入っていることに気づきます。

口コミでも「エタノールを使用していなくてもフェノキシエタノールが入っていたら無添加とは言えないのでは?」と疑問の声が寄せられていました。確かにフェノキシエタノールは防腐剤の一種ですが、エタノールとはまったく違うものです。

フェノキシエタノールは玉露の揮発成分として発見された成分で、抗菌力が高くほんの微量化粧品に加えるだけで防腐効果を発揮します。成分表の最後に記載されていることから分かるように、含まれているのはほんの微量で毒性を感じるほどの濃度ではありません

むしろこういった防腐成分を配合しない天然成分100%の洗顔料はすぐに劣化するので、冷蔵庫で保管しなければなりません。使い勝手を良くするために入れられているので安心して下さい。

ヨーグルトパック洗顔クリーム 乳雪花 120g (3,700円)※定期コースは2,479円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする