50代におすすめの洗顔料は?加齢臭対策ができるものまとめ!

50代は臭い対策ができる洗顔料がおすすめです。アンチエイジングより加齢臭対策ができる洗顔料が必要な理由とは?女性も無視できない50代の加齢臭と洗顔料の選び方について、科学的データに基づく詳しい情報をお伝えします。

洗顔料 おすすめ 50代

加齢臭の科学的根拠は?閉経後の女性は洗顔料で加齢臭をケア!

洗顔料は年齢に応じて選ぶのが賢い選択です。例えば、50代の女性はアンチエイジングを最優先して買う洗顔料を決める傾向がありますが、実はもう1つ気をつけなければならないポイントがあります。それは加齢臭

加齢臭は気のせいではなく、原因物質があることが突き止められています。女性は50代になると、生理が終わる女性が急増しますよね。早い場合40代で閉経することもあるようですが、一般的には50代で生理が来なくなるケースが目立ちます。

男性は加齢の影響で40代、50代からノネナールと呼ばれる臭い物質が分泌されるようになりますが、女性は閉経前、女性ホルモンの影響でノネナールは生成されません。ところが、閉経後、女性ホルモンの働きが弱くなると、男性と同じようにノネナールがたくさん分泌されるようになり、独特の加齢臭を放つようになります。

50代になると、なんとなく顔つきも男性らしい雰囲気になると言われますが、顔立ちはお化粧でごまかすことも可能です。ただ、臭いは専用の対策をしない限り防ぎにくいので、オバさん臭さを醸し出す前に洗顔料でケアする必要があります。

50代の洗顔料人気ランキング!臭い対策できるのは?

同じ50代向けの洗顔料でも、男性用より女性専用のものを選んだ満足度の方が高いでしょう。50代はシワや乾燥などのトラブルが深刻化する年代です。臭いはケアできてもエイジングトラブルが進行してしまったら、これまでもスキンケアの努力が台無しです。

保湿成分やエイジングケアもブレンドされ、加齢対策にも備えることができる洗顔料をピックアップしました。

・エコーレア 華麗な石けん

女性が加齢臭洗顔料を選ぶ時、ただ香料の強い洗顔料は避けましょう。加齢臭と合成香料が混ざり合い、余計不快な臭いになる確率が高いでしょう。

エコーレアの華麗な石けんは、不快臭を優しく洗い流す柿渋のバーシモン抽出物、ローズ抽出物、赤紫蘇種子抽出物など、消臭成分をたっぷり配合した上で、エレガントなハーバルグリーンフローラルの香りをブレンドしています。

妙齢女性の肌に不足しがちな保湿成分も多く、エイジング世代にぴったりな洗顔料として高く評価されています。

・エテルノ 薬用柿渋石鹸

柿タンニン、茶カテキン、ユーカリエキス・・・と3種類のポリフェノールで、臭いの原因になる汚れを落とすことができる洗顔料。臭いを抑える薬用成分、イソプロピルメチルフェノールも配合。

整肌成分のグリチルリチル酸ジカリウムの他、ヒアルロン酸、コラーゲン、オリーブオイル、スクワランなどエイジング世代に欠かせない保湿成分もたっぷりブレンドしています。髪や身体も洗えるので、臭いやすい場所をまとめてケアすることができます。

・霊芝・冬虫夏草配合グレープフルーツソープ

霊芝や冬虫夏草、ヒアルロン酸以上の保湿力と評判のプロテオグリカン、スクワラン、ポリグルタミン酸など、50代の肌をいたわるエイジング成分に加え、臭いの原因物質を洗浄する柿タンニン、茶エキスも配合。

エイジングケアと加齢臭ケアの両機能を兼ね備えています。また、泡立ちも良い上にふやけにくく、最後の1mmの薄さになってもふやけないと絶賛されています。

・アニモケア 全身シャンプー

天然芳香成分のラベンダーオイル、ローズマリー葉オイル、ハッカオイルを配合し、汗や加齢臭に備えます。保湿成分のシソエキスやサクラ葉エキスもブレンドし、乾燥が気になる世代でも安心して使うことができます。

シリコン、合成香料など肌に刺激になる成分は添加されていないので、バリア機能の衰えが気になる50代にもぴったり。髪や顔、身体まで、全身を洗うことができるので、介護現場でも重宝されているメーカーです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする