究極の美肌術に洗顔&化粧水はいらない!?肌断食でホントに肌質改善できるか徹底検証

洗顔フォームや化粧水を一切使わない肌断食で究極の美肌になれる、と噂されています。メリット、デメリットを詳しく解説!

洗顔&化粧水NG

スポンサーリンク

肌断食は美肌の近道?洗顔料なし化粧水なしのスキンケア方法が人気

美肌のためになにか行動を起こそうと思い立った女性の10人中9人は洗顔料や化粧水など、普段使っているスキンケアアイテムを見直そうと考える傾向があります。

アラサー、アラフォー世代になって肌が乾燥するようになったため、保湿効果の高い化粧品に切り替えるパターンもよくありますよね。ところが、そういったスキンケアアイテムを一切使わずに肌質改善を目指す一風変わったアプローチが、肌断食になる美肌術です。

医療用語ではないので明確な定義はありませんが、シャンプーやリンスを使わない湯シャンのように、洗顔料や化粧水を使用しないことで肌本来の保湿機能や自浄作用を取り戻し、健やかな肌に整えることが目的です。

洗顔しない美肌術の意外なメリット!デメリットはもちろん・・・

肌断食の方法は色々ありますが、洗顔しないやり方も有名です。洗顔料を断つ肌断食は、洗顔フォームや洗顔石鹸を使用せず、水やぬるま湯だけで顔を洗う美容法です。洗顔料には肌の刺激となる強い洗浄成分が含まれているため、洗顔自体肌にマイナスの影響が及んでいる恐れがあります。

洗顔料の洗浄成分によって皮膚の水分や保湿成分が奪われすぎている場合、肌断食を続けることで潤いを温存し、乾燥しにくくなる可能性もあります。長年の間違ったスキンケアで乾燥肌が慢性化していた場合も、水洗顔に切り替えることでバリア機能が復活し、肌が元々持つ保湿機能が正常に働くようになるケースも珍しくありません。

自ら潤う力が蘇ることで「顔を洗ったあと、慌てて化粧水をつけなくてもつっぱらない肌質になった」と喜ぶ声も。また、洗顔料を使わないことで毎月の美容費が安くなった、なんて思わぬメリットもあります。

肌断食で肌がみずから潤う?市販の化粧水がいらない肌になれるの?

ニキビが炎症を起こしヒリヒリしている状態の方、極度の乾燥肌で洗顔後に肌が赤くなってしまう方など、肌のコンディションによっては一時期洗顔料を使えないこともありますよね。

肌断食、と意識していなくても、肌トラブルを抱えている方で、一定期間洗顔料を使わずに過ごした経験がある方も多いでしょう。ただ、本格的な肌断食では皮膚の保湿機能を復活させるため、洗顔後の化粧水も使用しないそうです。

化粧水をつけなくも人間の皮膚は自然に潤うようになっています。確かに男性は洗顔後に化粧水をつけない方が大半ですが、男の人がみんな乾燥肌になっているわけではありません。

皮膚の保湿機能、バリア機能がしっかりしていれば、顔を洗ったあとも皮脂腺が適度な皮脂を分泌し、カサカサすることもなくなります。過剰なスキンケアで肌を甘やかすほど水分と油分のバランスが崩れ、様々な肌トラブルが発生しやすくなる・・・というのが肌断食派の主張です。

災害に遭ったことがきっかけで、丁寧なスキンケアをしなくても肌は結構大丈夫、と気づき肌断食に目覚めたケースも。

皮膚科の見解は?洗顔石鹸や化粧水を使わないデメリット

ただし、肌断食を行うなら、水やぬるま湯だけで汚れを落とせるよう、メイクもクレンジング不要の軽いものを使う必要があります。やり方を間違えると肌質改善どころか、肌が最悪の状態になるのでご注意下さい。

肌の汚れを落としきることができないと、毛穴にもメイクや古い角質が蓄積し、にきびや吹き出もの、くすみなど新たな肌トラブルの原因になりかねません。美容家や皮膚科医など専門家の間でも意見が分かれる美肌術ですが、反対派の意見として目立ったのがUVケアアイテムの存在です。

紫外線被害は軽く見ることができないため、年間を通して日焼け止めを塗りお手入れすることが大切です。このUVケアアイテムは強力なものだと専用のクレンジング剤が必要なほど、落とすのに苦労します。軽いものでも洗顔料を使うよう、推奨されているものが大多数を占めます。

そのため、UVケアを行うことを考えると、洗顔料を使わない美肌術には無理がある、と指摘されています。また、大気汚染によって肌に付着する汚れなど、水やぬるま湯だけでは落としきれない現代特有の汚れも少なくありません。

朝の肌断食から始める?いきなり化粧品の使用をストップするのはおすすめできない

洗顔料や化粧水のマイナス面も無視することはできませんが、マイナスの影響が及ぶことも覚悟した上で、やはり頼らざるを得ない必須アイテムなのかも知れません。いきなり「洗顔料も化粧水も使わない」と突っ走るのではなく、少しずつ肌断食によるアプローチを試してみた方が無難かも知れません。

朝の洗顔をお休みする方法、週末だけ肌断食に取り組む方法、洗顔料や化粧水をシンプルなものに切り替える方法など、肌の反応を確かめながら徐々に実践していきましょう。