洗顔クリームVS炭酸洗顔料!美容効果を徹底比較

今話題の洗顔クリームと炭酸洗顔料のどちらを買おうか迷っている方も多いでしょう。どんな違いがあるのか、向いている肌質情報も併せて魅力を比較してみました。

洗顔クリームVS炭酸洗顔料

スポンサーリンク

攻めと守りの洗顔料!肌タイプを分析しよう

同じ洗顔クリーム、炭酸泡洗顔料もメーカーによって価格や配合成分、効能は全然違うので一概に比較することはできませんが、一般的には低刺激性のものが多い洗顔クリームは守りの洗顔料と言われます。

合成界面活性剤など肌に負担をかける可能性がある成分を排除し、天然由来成分しか入っていないものも珍しくないので、これ以上肌に不要な刺激を与えたくない方にもぴったりです。一方、炭酸洗顔料は炭酸の力でグイグイ攻めるイメージです。

肌が弱いと少し刺激を感じることもありますが、美白や毛穴の汚れなどのトラブル肌にも有効です。まずは自分の肌タイプを分析し、どんな目的で使いたいのか洗顔料に求めるものをはっきりさせましょう。

普通の洗顔フォームより優しい・・・洗顔クリームのメリット

洗顔クリームの中でも、泡立たないタイプは合成界面活性剤が入っていないものが大半なので敏感肌におすすめです。特に年齢を重ねた肌はバリア機能も衰え、ほんのわずかな刺激にも弱くなっています。

朝晩2回の洗顔ですすぐプロセスさえ肌の見逃せない負担になっている可能性も否定できません。肌の調子が悪い日が続いているなら、泡を立てる洗顔を見直すことも必要かも知れません。

泡を立てない洗顔クリームは界面活性剤の問題だけではなく、すすぎ回数も少なくて済むので、全体的に肌の負担をお幅に減らすことができます。普通の洗顔フォームから泡立たない洗顔料に切り替えるだけで、洗顔時の肌ダメージを減らすこともできます。

ぬるぬるする?さっぱりしない洗顔クリームも

ただし、洗顔クリームの中には天然由来成分の含有率が高いためにすすいでもぬるぬるするタイプのものがあります。あえて美肌成分を肌に残すタイプの洗顔クリームもありますが、慣れないとすすぎの時にストレスを感じるかも知れません。

石油系界面活性剤は肌のバリア機能を破壊するデメリットもありますが、泡立ちや泡切れを良くする作用が高いのが特徴です。普通の洗顔フォームに慣れていると、洗顔クリームの洗い心地に不満を感じる可能性があります。

1回でも毛穴パックレベルの洗浄力!炭酸泡洗顔の美容効果

炭酸泡洗顔は洗顔料に炭酸を練り込むことで、外側から様々な美容効果を与えることができます。一番特徴的なのは血行を促進する効果で、顔色がワントーンも明るくなる可能性もあります。

血色が良くなることで目の下のクマやくすみも解消されるので、美白効果も期待することも可能です。しかも炭酸はタンパク質を吸着する性質もあるので、毛穴の奥の頑固な角質汚れもきれいに洗い流すことができます。

ただ顔を洗うだけで毛穴パックと同じぐらいの洗浄力を発揮するので、黒ずみ毛穴にお悩みの方には断然炭酸泡パックの方がぴったりです。

炭酸洗顔のデメリットもチェック

ただし、炭酸泡洗顔は威力が強いために、弱っている肌には刺激が強すぎる恐れもあります。炭酸濃度はメーカーによってかなり差がありますが、濃度が濃いタイプだと洗顔後しばらく顔が赤くなってしまい、外出できないこともあります。

初心者が注文しやすい2つの炭酸泡洗顔料を発見!

攻めの洗顔料、炭酸泡洗顔は人によって刺激を感じることもあります。1度実際に使ってみて、ご自身の肌と相性が合うかどうかチェックしてみましょう。返金保証や初回割引特典があるメーカーがおすすめです。

・テンデシカ 150g (3,200円)※初回限定1,600円

テンデシカ
初回半額サービスがあるので、初めて買う時は1,600円で購入可能。30日間の全額返金保証もついています。天然由来のアミノ酸洗浄成分が配合されているので、敏感肌でも安心して使いやすいと評判です。

50マイクロ炭酸泡は5分経っても消えないので、こすらずに肌の上にのせてパック感覚で使いましょう。

・リッチモイストクレンジング (3,980円)※初回限定1,980円

リッチモイストクレンジング
クレンジング、洗顔、パック・・・と3機能が1本に詰まっている優秀な炭酸泡洗顔料です。デリケートな日本人女性の肌に合う53種類の美容成分も入っているので、美肌効果も抜群。

出雲の温泉水も使っているので、角質層まで上質な潤いが届き乾燥とは無縁の肌質に近づけることができます。