ちふれの洗顔料全4種類をとことん解析!ニキビ肌に合うのは?

数ある洗顔料の中でも特に人気があるちふれについて、最新価格や成分解析情報をお伝えします。公式サイトの他、アマゾン、楽天市場、マツモトキヨシなどドラッグストアでも販売されている身近なブランドです。

ちふれ洗顔料

公式サイトで成分解析!他のブランドにはないメリットって?

ちふれの洗顔料は全部で4種類あります。一般的な洗顔フォームの他、スクラブタイプ、泡タイプ、固形石鹸タイプ・・・と肌質や使いやすさに応じて好みの形状からチョイスできるのも、嬉しい魅力です。

ちふれの洗顔料が素晴らしいのは、どのアイテムも成分をどれぐらい配合しているのかオープンにしているところです。配合成分は明記していても、配合量まで細かい解析結果を公開しているブランドはほとんどありません。自信がなければできないサービスです。

ちょっとした刺激で肌が反応してしまう方、特定の成分で皮膚が荒れてしまう敏感肌、アレルギー肌の方の間で絶賛されているのも納得ですよね。配合成分の種類と量をチェックすることができるので、安心して使えると評判です。

定番中の定番!ワンコインで買えるちふれの洗顔フォーム

ちふれの洗顔料を使うのが初めてなら、定番の洗顔フォームもおすすめです。肌が荒れやすい敏感肌でも使えるよう、香料や着色料、アルコールは配合されていません。アミノ酸系の洗浄成分が選ばれているので、いらない汚れを優しく落とし、皮膚に必要な潤いはしっかり残すことができます。

しっとりした洗い上がりを求める方に最適な洗顔料です。5種類の石鹸成分の他3種類の洗浄成分が組み合わされていますが、洗浄成分より保湿成分の方が多いことも注目ポイントです。

・ちふれ 洗顔フォーム しっとりタイプ (150 g 460 円)

ちふれ 洗顔フォーム しっとりタイプ

泡立てネット不要の泡洗顔料に注目!

理想的な洗顔は、決めの細かいたっぷりの泡で撫でるようにして洗うこと。ボリュームのある濃密泡を作るための泡立てネット、スポンジなどの専用アイテムも売れています。ただ、専用アイテムを使っても十分な泡を立てるのは、少し時間や手間がかかることも・・・。

泡立てる手間暇を一切省きたいと言うことであれば、ポンプを押すだけで即弾力のあるもっちり泡が出てくるちふれの泡洗顔料を試してみて下さい。泡洗顔料の洗浄成分は全体の10%未満しか配合されていません。30%以上がローズマリー葉油など、乾燥肌に嬉しい保湿成分で占められています。

・ちふれ 泡洗顔 (180 ml 550 円/詰替用 450 円)

ちふれ 泡洗顔

ちふれの洗顔料でニキビ肌に向いているのは?

繰り返しニキビができる肌質なら、普段から皮脂と角質を集中的にケアできる洗顔料でお手入れする必要があります。皮脂腺から皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まりやすくなると、どうしてもニキビができやすい状態になります。

ちふれのスクラブ洗顔フォームなら、炭で余分な皮脂を吸着し、スクラブ成分が角質をきちんと落とすことができます。

プラスチックでできている一般的なスクラブ成分とは異なり、丸みを帯び、クッション性抜群の合成ワックスが使われているため、肌を傷つけずに角質や汚れだけを洗い流すことができます。

・ちふれ スクラブ 洗顔フォーム (100 g 560 円)

ちふれ スクラブ 洗顔フォーム

枠練りの洗顔石けん・・・どんな違いが?

固形石けん愛用者も増えていますが、ちふれの洗顔石けんは伝統的な枠練り製法で作られています。大量生産されている機械練りの石けんと、どんな違いがあるのでしょうか。一般的な機械練りの石けんは、全工程を機械に任せています。

大量生産できるので1個1個の価格を安く抑えられるのは魅力ですが、型崩れしやすく、溶けやすいのがネックです。また、98%ほど石けん素地で占められてしまうため、美容成分や保湿成分を配合する余裕がなく、肌が弱い方だと洗顔後皮膚がつっぱってしまうことも。

その点、枠に流し入れ、時間をかけて固める枠練り石けんは、独自配合の保湿成分もブレンドすることができます。ちふれの洗顔石けんも5種類の保湿成分を混ぜ、しっとりした洗い上がりに仕上げています。

丁寧な作業が求められる製法なので1つ3,000円近くするメーカーも少なくありませんが、ちふれは350 円とリーズナブルな価格で提供しています。

・ちふれ 洗顔石けん 枠練り (80 g 350 円)

ちふれ 洗顔石けん 枠練り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする