洗顔料のせいで脂性肌になるって本当なの?

脂性肌の原因は洗顔料?

頑固な脂性肌の方に試す価値がある、と言われているのが、水洗顔です。水洗顔は極端な美容法なので、乾燥肌や敏感肌には不向きとされています。ただ、基礎化粧品の工夫では改善できないほどギトギトの脂性肌なら、少々荒療治ではありますが、洗顔料を使わず水だけで顔を洗う水洗顔が効果を発揮する可能性があります。

洗顔料のせいで脂性肌になるメカニズム

なぜ、洗顔料のせいで脂性肌になるのでしょうか?脂性肌の方は、湧き出るように分泌される汗や皮脂を排除するために、強力な洗浄成分の洗顔料を使う傾向があります。普通の洗顔料ではさっぱりしないので、洗顔後の爽快感を求め、毛穴の奥までしっかり洗浄できるタイプを追い求める方も。洗顔後は収れん化粧水などでお手入れしている方も多いでしょう。確かに日々の汚れを落とし、洗顔後も毛穴を引き締める対策を施すことは大切ですが、過度な洗浄、スキンケアによって、肌が本来持つ自然治癒力や自浄作用が失われてしまっていることも。

洗顔料を使わない水洗顔をおすすめしたいタイプは?

色々試しても脂性肌がひどくなる一方だと自覚しているなら、肌をリセットする意味で一度水洗顔に挑戦してみてはいかがでしょうか。より洗浄力の強い洗顔料を求め、肌に刺激を与え続ける作戦は、あまりおすすめできません。皮脂を奪い過ぎると、皮脂腺は「皮脂が足りない!」と錯覚し、余計大量に分泌するよう活性化してしまいます。洗い過ぎが原因で脂性肌になってしまっている方は、是非水洗顔にトライしてみて下さい。ただしメイクをした日はクレンジング剤が欠かせませんし、日焼け止めを使った日も、水洗顔だけでは汚れを落とすことはできないので注意しましょう。

口コミから学ぶ水洗顔の正しいやり方

水洗顔は賛否両論ある美容法で、口コミをチェックしてみると「水洗顔で顔がニキビだらけに」なんて失敗した方の意見が目立ちます。ただし、水洗顔で脂性肌が改善したと言う成功例が報告されているのも事実です。失敗派と成功派の明暗を分けたのは、実は水洗顔の回数やタイミングでした。また、いわゆる肌断食と言うスキンケア用品を一切使わない美容法をいきなり実践するのも、避けた方が無難です。肌断食は、洗顔料はもちろん、顔を洗ったあと化粧水や乳液も一切つけない荒療治とも言える美容法です。皮膚の自然治癒力、自浄作用、バリア機能を蘇らせる効果があるとも言われていますが、失敗すると一気に肌がボロボロになる恐れがあります。万人に合う方法ではないので、試してみるかどうか慎重に決めましょう。

水洗顔は朝?回数もチェック

今まで洗顔料をたっぷりつけて顔を洗っていた方が、突然水だけで洗うようになれば、肌が戸惑うのも当然です。また、水だけでは落としきれない汚れもあるので、朝だけ水洗顔にするのがポイントの1つです。慣れるまで、最初は2日に1回のペースで水洗顔にするパターンも。そして自然治癒力が戻ってきたな、と感じたら、3ヶ月ぐらいで一旦水洗顔を中止するのも効果があるようです。いずれにしても、しばらく試してみて、皮膚の調子が良くなっているかどうか、観察するしかありません。肌と相談しながら続けるかどうか決めるのも、大事なポイントの1つです。

洗顔料を使わない時も熱いお湯に注意

洗顔料を使わず、水だけで洗顔すると、どうしてもすっきりしないと感じるようです。特に慣れないうちは物足りなさを感じてモヤモヤするかも知れませんが、水洗顔の基本は水かぬるま湯です。体温より高い38度以上のお湯を使わないようご注意下さい。熱過ぎるお湯は、天然の保湿成分でもある皮脂やセラミドなどを根こそぎ奪い去ってしまいます。皮膚の自浄作用を取り戻すためにも、皮脂腺を不要に刺激しないようにしましょう。肌には適度な潤いが必要なので、洗顔の時に徹底的に潤い成分を洗い流すのは逆効果になってしまいます。髪を洗う時も顔を洗う時も、シャワーを出しっぱなしにして温度調節をしない方もいらっしゃいますが、シャワーの温度が脂性肌の原因になっている可能性大です。普通の洗顔方法の時も水洗顔の時も、水の温度はとても重要です。