洗顔ブラシの効果を知りたい!2つのメリットとは?

ちょっと痛そう・・・洗顔ブラシを使う意味はあるの?

ちょっと古いイメージで「洗顔ブラシ=痛そう」なんて思っている方もいらっしゃるでしょう。確かに旧タイプの洗顔ブラシは毛質もナイロンなどの人工毛が多く、肌を傷つける可能性がある品質のものが少なくありませんでした。ただ、現在大ブームになっている洗顔ブラシは本当に進化しているので、手動のものでも熊野筆を使っているもの、3万円近くする電動タイプも。特に肌を傷めずに毛穴の奥の汚れまで取り除くことができる超音波タイプの電動洗顔ブラシは、画期的な美容家電として大変注目を集めています。性能が高い洗顔ブラシを使えば、汚れの残りや加齢の影響で厚くなった角質も落としやすくなりますし、普通の手洗顔では落としきれない細部の汚れまできっちり洗い流すことができます。これが洗顔ブラシを使う2大メリットです。

各メーカーの実験でも洗浄力が10~20倍UP

電動洗顔ブラシは現在世界中で大ヒットしているので、日本はもちろん、アメリカや韓国でも流行っています。色々なメーカーが洗浄力に関する実験を行っていますが、手で顔を洗うより10倍から20倍も洗浄力をアップすることが分かっています。もし洗顔料だけで洗浄力を上げようとすると、強い洗浄成分を配合することで、皮膚に負担をかけてしまいますよね。洗顔ブラシはいつも使っている普通の洗顔料の洗浄力を引き上げることができるので、肌が弱い方にも安心です。

特にこんな肌トラブルに有効

洗顔ブラシが効果を発揮するのは、黒ずみやいちご鼻、顔全体のクスミトラブルなどです。毛穴の中に皮脂が詰まり、酸化すると、角栓と呼ばれる厄介な存在に。貼って剥がすよくある毛穴パックは逆効果で、一瞬キレイになったように見えますが、強引に剥がすことで毛穴がどんどん大きく広がってしまいます。大きく広がった毛穴は余計汚れを溜め込みやすくなり、顔中に黒い点々が・・・。黒い毛穴が多いと顔もくすんで見えますから、洗顔ブラシで本格的なお手入れが必要です。

洗顔ブラシの選び方も知りたい!

洗顔ブラシは驚くほどたくさん種類があるので、どれを選んで良いのか迷ってしまうほどです。目的や肌質、予算によってぴったりの1本は異なりますが、ブラシの毛はできるだけ柔らかいものを選びましょう。毛穴よりも細い微細毛を採用している洗顔ブラシもたくさんありますが、毛が硬ければ毛穴の中を傷つけてしまう可能性も否定できません。細く柔らかい毛なら、毛穴に入り込んでも安心ですよね。また、毛穴の数は顔だけでも20万個と言われています。洗い残しを防ぐためにも、たくさんの毛が密集したブラシを使うのが理想的です。9万本もの毛を束ねているブラシもあるので、毛の本数もチェックポイントの1つだと頭に入れておいて下さい。その他、長く使うものなので、お手入れしやすいものも便利です。ブラシは定期的に付け替えることになるので、付け替え用のブラシの価格もチェックポイントです。

プロアクティブの電動洗顔ブラシも気になる!

現在ニキビで辛い思いをしている方は脂性肌の方も多く、普通の手洗顔だと毎回毎回すっきりできないと悩んでいるケースが目立ちます。テレビコマーシャルでもよく流れているプロアクティブの電動洗顔ブラシが気になっている方も多いでしょう。プロアクティブの電動ブラシは初回購入時にプレゼントされる特典アイテムなので、単独で購入することはできません。プロアクティブは使い切っても60日間返金保証がついているニキビ専用スキンケアメーカーなので、もしニキビに悩みなら試してみても損はないと評判です。プロアクティブの洗顔ブラシはソフトとシリコンの2種類のブラシがついているので、肌質や洗うパーツによって使い分けることができるのも魅力です。

■プロアクティブ薬用3ステップセット30日サイズ(電動洗顔ブラシ+ボディブラシ)初回特別価格4,900円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする