洗顔ブラシで毛穴の黒ずみは取れる?広がる悪影響の噂ってホント!?

一旦できると中々取れない毛穴の奥の黒ずみ。洗顔ブラシで取れるという説もあれば、「逆に広がる!」なんて意見も。果たしてどちらの説が正しいのでしょうか。

洗顔ブラシで鼻の頑固な毛穴の黒ずみは取れる?取れない?

鼻は他のパーツよりも皮脂の分泌量が多く、黒ずみができやすい場所です。毛穴の奥に古い角質や角栓が詰まり、酸化して黒くなると、普段使っている洗顔料やクレンジングだけで落とすのが難しくなります。そこで、スペシャルアイテムの洗顔ブラシを使うと、毛穴の奥深くに付着した汚れもスムーズにかき出され、いちご鼻に悩まされずに済みます。

皮膚表面のゴワゴワした部分、汚れや古い角質によるくすみも取り除かれ、肌がワントーン明るく見える効果も。毛穴の黒ずみが気になり始めたら、洗顔ブラシでお手入れしましょう。

直接かき出すだけじゃない!肌の解毒効果も高まる洗顔ブラシ

洗顔ブラシが毛穴の汚れに効く、と高く評価されているのは、2つの理由があります。まず、ブラシが直接毛穴の黒ずみをかき出すこと。毛穴が塞がっていると、洗顔料やクレンジングを使っても有効成分が毛穴の奥まで浸透しません。その点、細いブラシは毛穴の奥まで入り込むことができるので、老廃物や落とし切れなかったメイクなど、古い汚れも一掃することができます。

また、ブラシの振動が程よいマッサージ効果となり、血の巡りも良くなって肌の新陳代謝力が高まります。代謝力が上がった肌は自ら汚れを排出する解毒機能も高めるので、汗と一緒に汚れも排出されやすくなり、汚れが溜まりにくい毛穴になります。普段から皮脂量が多く、毛穴が黒ずみやすい肌質の方は、洗顔ブラシのダブル効果で毛穴の汚れをケアしましょう。

洗顔ブラシで鼻の毛穴が広がる?

ただし、洗顔ブラシは使い方を間違えてしまうと肌にダメージを与える可能性があります。力を込めてゴシゴシ擦るように使うのもNGで、使う頻度も週に1回程度にとどめましょう。お手入れの時も時間をかけず、1分程度で終了します。また、洗顔ブラシを毎回きれいに洗浄することも大切です。ブラシの毛も、毛穴の奥まで入り込める細いもの、肌を傷つけない柔らかい素材のものを選んで下さい。

深刻な毛穴トラブルがあるなら電動タイプがおすすめ

洗顔ブラシは手動と電動タイプに分かれますが、ニキビなどトラブルがなく、毛穴の汚れだけがひどいなら、電動タイプがおすすめです。電動の洗顔ブラシは顔の隅々まで均一に洗うことができますし、タイマーがついているものも多いので、洗い過ぎを防ぐことができます。手動では難しい細かい振動を加えることもできますし、手で顔を洗うより10倍以上洗浄力がアップすると言われています。

黒ずみ毛穴に効くと評判の3つの電動洗顔ブラシ

洗顔料でもクレンジングでも落ちない毛穴の汚れも取れる、と評判の電動洗顔ブラシをピックアップしました。

■DBPOWER 電動洗顔ブラシ 6 in 1

2,000 円以下のプチプラながら、ヘッドが5つも付属しているお得な洗顔ブラシ。スピードも2段階調節できるので、毛穴を洗浄する時は高速振動を選びましょう。防水仕様になっているので、浴室で入浴中にケアできるのも魅力です。

■ICLEANSING SMART 電動洗顔ブラシ

電動洗顔ブラシはごつく無機質なデザインが多いので苦手・・・と感じている女性にぴったりのブラシです。一見、洗顔ブラシとは分からないほど、香水ボトルのような美しいフォルムをしています。カラーも白と金でシックにまとめているので、洗面台に出したままにしてもインテリアの一部に。スピード調節も3段階、汚れを落としやすい360度回転方式・・・など、機能性も抜群。

■フィリップス 美顔器・洗顔ブラシ付き ビザピュアアドバンス SC5320/20

回転式と音波式でしっかり毛穴の汚れを落としてくれる洗顔ブラシ。回転しながら上下振動するブラシの洗浄力は高く、長く居座っている毛穴の汚れ対策にも有効です。引き締め効果もあるので、洗浄後の毛穴が広がるのが怖い・・・と心配している方にもおすすめ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする