今すぐドラッグストアで買える乾燥肌用の洗顔石鹸!

乾燥肌にぴったりな洗顔石鹸の中でも、ドラッグストアで買うことができる市販のおすすめをピックアップしました。乾燥肌の洗顔で絶対にやってはいけない間違ったケア情報も必読!

乾燥肌 洗顔石鹸

洗顔石鹸が原因で乾燥肌になる!?

乾燥肌になる原因は色々ありますが、洗顔石鹸のせいで皮膚の乾燥が進行するケースも少なくありません。せっかく洗顔石鹸を使うなら、現状維持ではなく、より肌質を理想の状態に近づけてくれる実力派の石鹸を選びたいものです。

まして、石鹸のせいで肌トラブルを招き寄せる事態は断じて避けなくてはなりません。自分に本当に必要な洗顔石鹸を見極めるためにも、まずは肌の状態を正確に把握することが大切です。

年齢を重ねた肌は問答無用に乾燥気味

洗顔石鹸のせいで乾燥肌になりやすいのが、自分の乾燥肌に気づかず、いつまでも昔の肌質に合った洗浄力重視の石鹸を使い続けるパターンです。10代、20代前半は皮脂の分泌も多く、特に油性肌ではなくても肌がギトギトしがちです。

ところが、お肌の曲がり角を曲がり、20代後半、30代に突入すると、皮膚に元々備わっている潤い成分はどんどん減少します。

そのため、顔を洗う洗顔石鹸も保湿対策できるものを選ばないと、加齢の影響と洗顔の負担で一気に乾燥が進む傾向があります。健康的な普通肌でも、特別に対策を施さない限り、保湿成分は減り乾燥気味になります。

乾燥肌になりやすい間違った洗顔方法4つ

肌の乾燥を引き起こすNG洗顔方法を4つご紹介します。

 ①しっかり泡を立てずに洗顔
 ②泡ではなく指の力でゴシゴシ洗い
 ③洗顔時間&すすぎ時間が長い
 ④洗顔後肌がヒリヒリするほど洗顔石鹸の洗浄力が強い

ピーリング石鹸など肌に負担をかける洗顔石鹸を毎日使うのも、ひどい乾燥肌を引き起こす原因になります。いずれにしても、このNGポイントを考えると、乾燥肌にとって理想的な洗顔石鹸が見えてきませんか?

つまり、泡立ちがよく、すぐに濃厚な泡を作ることができれば、摩擦で洗うこともなく肌に負担をかけません。泡切れが良ければすすぎ時間も短くて済みますし、洗浄力もマイルドなものを選べば洗顔後慌てて化粧水をつけなくて大丈夫です。

市販ランキングトップは?ドラッグストアは実力派洗顔石鹸の宝庫

角質層を傷つけず、肌の潤いをキープしつつ汚れだけを洗浄できる乾燥肌用洗顔石鹸は、ドラッグストアにたくさん売っています。

ドラッグストアはデパートコスメとは異なり、「美容液も一緒にライン使いした方が効果的です!」なんて他の化粧品のセット購入を勧められることはありません。

買いたいものだけピンポイントで購入することができるので、予算が限られている時にも便利です。ドラッグストアコスメの中でも特に乾燥肌対策に効くと評判の洗顔石鹸を絞り込みました。

・花王ホワイトバスサイズ (3個 198円)

130gの石鹸が3個もセットになって200円以下、と言うプチプラ中のプチプラ石鹸。あまりの安さに「ボディ用?」と誤解している方も多いようですが、幅広い年齢層のリピーターを多数抱えるロングセラーの洗顔石鹸です。天然植物原料にこだわり、合成仮面活性剤を使用していない点も注目ポイント

天然保湿成分のスクワランもたっぷり配合されているため、まるでクリームのような濃厚な泡を手早く作ることができます。泡切れのよさでも定評があるため、すすぎ時間が長いせいで肌が乾燥するタイプにおすすめ。

・ミヨシ石鹸 無添加 泡の洗顔せっけん(200ml 518円)

伝統的な製法で作られたシンプルな洗顔石鹸の泡タイプ。泡を上手に作るのが苦手なら、最初から泡で出てくるタイプの洗顔料を使うのがおすすめです。泡の洗顔せっけんにしては珍しく無添加なので、添加成分による刺激を回避することができます。

・アレッポの石鹸 エキストラ (180g 864円)

保湿力と洗浄力のバランスが抜群のシリアの洗顔石鹸。オリーブオイルとローレルオイルがタッグを組んで保湿成分をガードしてくれるため、潤い成分を奪わずに顔を洗うことができます。人間の皮脂に近いオイルをブレンドすることで、洗顔時の刺激を最小限に抑えることに成功。世界中で愛用されるオリーブ洗顔石鹸になりました。

乾燥肌の洗顔で絶対にやってはいけない洗い方

肌の乾燥が気になるなら、とにかく指で擦る乱暴な洗い方ではなく、豊かな泡で洗う丁寧な洗顔を心がけましょう。乾燥肌用の高価な洗顔石鹸を買っても、「もったいない!」とチビチビ使ってしまうと、せっかくの効果も台無しになりかねません。

泡立ちが足りないと皮膚に汚れが残り、過酸化脂質と呼ばれる刺激物質に変化してしまいます。刺激物質のせいで肌の乾燥を悪化させないよう、ボリュームたっぷりのきめ細やかな泡で洗うのがポイントです。

ドラッグストアのプチプラ石鹸は、ネットを使わなくても素早く濃密泡を作れるものが多く、価格も安いのでケチケチすることなく使いやすいのも魅力です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする