洗顔石鹸でシミは取れる?オススメのしみ用石鹸3選

見た目年齢の印象を決めるのはシミ!?

シミは加齢トラブルの代表ですよね。濃いシミはコンシーラーでも隠すのが難しく、お化粧が厚塗りになって余計老けて見られてしまう原因に・・・。顔にシミがあるだけで2歳から8歳も実年齢より上に見られてしまう、と言う調査結果も報告されています。つまり、シミさえなければ、今より最大8歳も若く見られる可能性がありますよね。30歳なら22歳、40歳なら32歳に見られるので、若く見られる鍵を握っているのはシミ対策と言っても過言ではありません。

シミは洗顔石鹸だけで取ることは可能か徹底検証!

では、洗顔石鹸だけでシミを取ることはできるのでしょうか。もちろん、もう何年も肌に居座っている濃いシミを取るのは、美容皮膚科の技術を頼らなければいけません。スキンケアにも限界がありますが、できたばかりの薄いシミなら、びっくりするほど目立たなくすることは可能です。また、スキンケアは基本的に予防メインのアプローチです。シミ対策に効く洗顔石鹸を使い続けることで、結果的にシミの数を減らすことに役立つことは間違いありません。そして、シミに効く洗顔石鹸は、シミの予防効果がある成分と、今あるシミに働きかける美白成分、古いシミが早く排出されるよう、ターンオーオーバーを促進する成分が入っているものが理想的です。

洗顔石鹸のシミ対策成分で特におすすめなのは?

それでは、洗顔石鹸に含まれている具体的なシミ対策成分をチェックしてみましょう。
■メラニン生成を阻害し新たなシミを作りにくくする成分→トラネキサム酸、カミツレエキス、オルセリン酸エチル
■チロシナーゼを抑制する成分→ルシノール、アルブチン、プラセンタエキス、エラグ酸、ビタミンC誘導体、コウジ酸、マグノリグナン
■チロシナーゼの数を減らす成分→リノール酸、油溶性甘草エキス
■ターンオーバーを促進する角質ケア成分→酵素、AHAなどフルーツ酸やBHAなどサリチル酸、スクラブ
■血流促進効果が高く肌を活性化する成分→プラセンタエキス、ビタミンE

シミへの効果を半減させてしまう洗顔石鹸の間違った使い方

シミを少しでも減らすためには、シミ対策に特化した洗顔石鹸を使うのがポイントです。シミ対策用の美容液を使っても、洗顔がいまいちだと皮膚の奥まで有効成分が浸透しにくくなるので、土台をしっかり整えることから取り組むのが一番です。また、シミができやすい肌は角質層も厚みを増し、クスミがちになっているパターンが大半です。できるだけ肌に負担をかけないよう、顔を洗う水の温度はぬるま湯程度を心がけましょう。寝起きに熱いお湯で顔を洗って目を覚ます方もいらっしゃいますが、体温より高い温度のぬるま湯で洗ってしまうと、皮脂が必要以上に洗い流されてしまい、皮膚が乾いて厚みを増す原因になりかねません。タオルでゴシゴシ拭く、予備洗いをほとんどせずに顔で直接洗顔料を泡立てるようにして洗うのもNGです。

シミに効くと評判のおすすめ洗顔石鹸BEST3

洗顔はシミ対策の基本中の基本です。スキンケアのファーストステップでつまずかないよう、できるだけシミ対策のために開発された専用の洗顔石鹸を選びましょう。

■然(しかり)よかせっけん(1,800円)

美肌成分が6割を占める贅沢な仕上がり。シミやソバカスに働きかける成分がたくさん入っているので、使い続けるうちに素肌に自信が持てるようになると評判です。超微細天然シラスパウダーが配合されているので、毛穴が皮脂で黒く汚れているタイプの肌にも向いています。

■いつかの石けん 1,728円

シミやクスミの原因になるタンパク質にダイレクトに働きかける酵素が配合されています。毛穴汚れの改善効果も高いので、肌全体が明るくなると口コミでも高く評価されている洗顔石鹸です。古くなった角質層には、普通の洗顔料では完全に落とせない酸化した汗や皮脂が蓄積されています。いつかの石けんに含まれる酵素の中のプロテアーゼは角質内部まで働きかけ、シミの元になるタンパク質結合を切断することができます。いつかの石けんの改善効果が医学誌でも取り上げられたことからも、信ぴょう性が高いシミ対策用洗顔石鹸だとお分かりいただけるのではないでしょうか。

■サンソリットスキンピールバー 5,000円

ピーリング石鹸はシミ対策用の洗顔石鹸の定番ですよね。特に売れているのが、現在でも爆発的ヒットを続けているサンソリットスキンピールバーです。全国の2,500機関以上のクリニックでも取り扱われているので、名前ぐらいは聞いたことがある方も多いでしょう。ドクターズコスメの代表でもあります。スキンピールバーは青色、黄緑色、赤色、黒色の4種類あり、肌質や狙い美容効果から選べるようになっています。シミ対策の目的なら、シミやクスミに効く黒色をチョイスしましょう。ハイドロキノンが入っているので、シミの元になるメラニンの合成を阻止し、既にあるメラニンも還元して取り除いてくれるダブルの働きが期待できます。威力が強いので、週に1回から2回程度の使用にとどめましょう。洗う時は泡洗顔の要領で、顔に泡を乗せたまま2~3分置くのがポイントです。公式ショップでは1個5,000円しますが、楽天市場などではミニサイズが1,000円前後で販売されているので、チェックしてみて下さい。