「洗顔クリームは50代にぴったり!」と絶賛される理由が判明!ただしNGアイテムも?

50代になったら洗顔クリームを試してみませんか?従来の洗顔料にはない、加齢対策になるメリットがあります。

50代に最適な洗顔クリームとは

50代が洗顔クリームを使う5つのメリット

洗顔クリームには一般的な洗顔料にはないメリットがあります。特に加齢の影響が気になる50代にとって見逃せないのが、肌への優しさです。クリーム状の洗顔料で肌を洗うことで、刺激に弱い角質層をいためる心配が激減します。

実は、通常の洗顔フォームには高確率で汚れを落とすための合成界面活性剤が大量に含まれています。合成界面活性剤は汚れを落とす働きに優れているものの、デリケートなバリア機能にダメージを与えるデメリットも・・・。

その点、水とオイルを乳化させているだけのシンプルかつ肌に優しい作りになっている洗顔クリームなら、洗う度に角質層へ負担をかけることもありません。

特に泡立たないタイプの洗顔クリームは摩擦によるダメージも少ないため、傷つきやすくなっている50代の肌にも安心です。

~洗顔クリームのメリット~

・合成界面活性剤が残りにくい
・角質をいためない
・水分や皮脂が根こそぎ奪われない
・摩擦ダメージを最小限に抑えることが可能
・マッサージ効果による血流促進作用

唯一のデメリットは毛穴の汚れが取れないこと?

クレンジングでも一番肌に優しいのはミルククレンジングですよね。ジェルやオイル、リキッドタイプよりミルク系の形状の方が肌に負担をかけにくいのが特徴的です。

ただし、クレンジング力の弱さがミルククレンジングの弱点でもあるように、洗顔クリームも洗浄力はあまり高くありません。従って、特に肌が汚れている日やメイクを完璧に落としそびれてしまった日は、汚れが残ってしまう恐れがあります。

また、前から居座っている毛穴の奥の頑固な汚れも取りきれない可能性があるので注意が必要です。50代になると乾燥によって皮脂腺が刺激を受け、妙に肌がギトギトすることもあります。そのため、油性肌寄りの方は最初だけ物足りなさを感じるかも知れません。

ただ、洗浄力が強い洗顔料を使い続けてしまうと、慢性的なうるおい不足になってしまう可能性大です。洗顔クリームのネックも把握した上で賢く活用し、バリア機能を正常に保ちましょう。毛穴の汚れは専用パックでも対処可能ですよね。

50代になっても毎日の洗顔で強めの洗顔料を使ってしまうと、乾燥や老化が進行するだけです。

実は50代の大敵・・・ドラッグストアコスメのロゼットはダメ?

「洗顔クリーム=ロゼット洗顔パスタ」をイメージする方も多いでしょう。ロングセラーアイテム、ロゼットの洗顔パスタは現在でもドラッグストアで飛ぶように売れている元祖洗顔クリームです。

ただし、洗顔クリームの中でもロゼット洗顔パスタにはイオウが含まれ、脱脂が非常に強いところが特徴的です。10代、20代のニキビ対策には重宝しますが、50代のエイジングケアには不向きかも知れません。

50代になると皮膚の水分量やコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分は激減するので、洗顔時になるべくうるおいを温存できる洗顔料が必要です。

50代の支持率が高い!かずのすけも評価するソフィーナの洗顔クリームをチェック

ソフィーナは泡立てないタイプのクリーム状洗顔料を多く発売しているため、50代からも人気を集めています。

・ソフィーナ クレンズ 美容液洗顔料 150ml (1,500円)

ドラッグストアでも買えるソフィーナの泡立てない洗顔料。約63%も美容液成分を含有しているので、深刻な乾燥肌にも向いています。洗顔中流失しやすい肌のセラミドもしっかり守ってくれるので、顔を洗う度カサカサ感がひどくなることもありません。

辛口評価のかずのすけ解析サイトでも、「化粧水や美容液だとしても珍しいほど保湿成分が高濃度」と高く評価されています。ただし肌に優しい分、洗浄力は弱いのでメイクなどの汚れは事前にしっかり落とす必要があります。(ソフィーナ・ボーテ美容液洗顔料のリニューアル洗顔料)

・ソフィーナ エスト ウォッシングエッセンス エンリッチド 180ml (3,500円)

乾燥肌ケアに特化したエストシリーズの洗顔料。美容液に使われる保湿成分も贅沢に配合しているため、洗顔直後から肌がつっぱるような乾燥肌でも安心して使うことができます。

口コミでも「おすすめ」と人気!プチプラ洗顔クリームの中で50代に向いているのは?

2,000円以上する洗顔料は高い・・・と感じる50代のために1,000円台のプチプラ洗顔クリームをピックアップしました。

・米ぬか美人 洗顔クリーム 100g (1,296円)

口コミからリピーターを増やし、楽天市場でもアマゾンでもロングセラーを記録している話題の洗顔クリーム。米ぬかや天然ヤシ油系石けんなど、ナチュラルな洗浄成分を厳選し、コラーゲンやスーパーヒアルロン酸など保湿成分の含有量も多いのが特徴です。

・プロハーブ EMホワイト洗顔クリーム 100g (1,490円)

泡立つタイプの洗顔クリーム。ミツバチが持つ酵素、フラボノイドを含む樹液を混ぜ合わせたプロポリスエキスが入っているため、肌そのものを活性化することができます。カミツレエキスや米ぬか、ドクダミエキスなど繊細な日本人の肌に合う天然由来成分もたっぷり配合し、高レベルなエイジングケアも可能。

・ルバンシュ クリアフォーム 80g (1,800円)

泡立つタイプの洗顔料ですが、食用成分しか入っていないので洗顔後のつっぱり感とは無縁です。旧指定成分はもちろん、石油系界面活性剤など50代のデリケートな肌にマイナスの影響を及ぼす恐れがある成分は一切カット。1本で2ヶ月は持つので、クオリティが高い上コスパも抜群です。