クリームタイプの洗顔料を使うメリット&デメリットまとめ

洗顔料は固形石鹸タイプとクリーム状になっているタイプの2種類に大別されます。形状によってメリット&デメリットは異なりますが、クリームタイプの洗顔料を使う魅力、ネックについて詳しく調べて見ました。

クリームタイプの洗顔料は洗い上がりが最高!

クリームタイプの洗顔料は、洗ったあとにさっぱり&しっとりするので、本当に気持ちが良いですよね。固形石鹸だとさっぱりし過ぎてヒリヒリする・・・と感じる方にも、クリーム状の洗顔料はぴったりです。泡立ちも良く、顔を洗っている実感を得やすいのも特徴の1つかも知れません。ただし、最近クリームタイプの洗顔料の弱点が専門家からも指摘され始めています。それは油分を含む割合が多いこと。オイルフリー洗顔料が流行っているように、今は洗顔料のオイル成分が疎まれる傾向があります。

なぜオイルが多い洗顔料はいけないの?

クリームタイプの洗顔料も相性があるので、長年使い続けても何の問題もなければ、そのまま継続して使用しても大丈夫でしょう。ただし、使ううちに肌が乾燥しやすくなった、逆にギトギトしてオイリースキン気味になった・・・と感じるようなら、もしかすると原因は洗顔料に含まれる油分のせいかも知れません。油分が一度肌に付着すると、ただ水やぬるま湯で洗っただけでは完全に落とすことが難しく、そのまま皮膚に残り、油膜をつくることも。最初は「しっとりしていつもより潤い!」と感じるかも知れませんが、皮脂腺が混乱し皮脂の分泌バランスがおかしくなってしまう可能性があります。

皮膚の皮脂腺をおかしくさせるクリーム洗顔料の油分

本来、人間の皮膚は自ら天然の潤い成分である皮脂を分泌し、肌が乾かないよう保湿したり、外部から刺激を守るためのバリア機能を働かせることができます。ところが、顔を洗う度に油膜を張っていると、皮脂腺が戸惑い、皮脂の分泌をストップして乾燥肌になることがあります。そして肌の乾きを敏感に察知した皮脂腺は、今度は慌てて大量に皮脂を分泌するようになり、洗顔直後から肌がギトギトすることも・・・。厄介な混合肌も洗顔料の油分が原因になっていることが多いので、注意しましょう。

石鹸でヒリヒリするなら・・・オイルフリーの洗顔料がおすすめ

もちろんクリームタイプの洗顔料は、油分以外にも美容成分や保湿成分が多く、全体的に肌に優しい仕上がりになっていることは間違いありません。もし固形石鹸ではなくクリームタイプの洗顔料を使いたい、と希望するなら、皮脂腺に余計な刺激を与えないためにもオイルフリーの洗顔料を使ってみてはいかがでしょうか。

■キールズオイルフリークレンザーUFC(150ml 2,800円)

チガヤ根エキスやアンタークチシンなど希少成分を贅沢に配合し、顔を洗ったあとも肌が水分を保持しやすい環境を整えます。レモンエキスもブレンドされているので、洗顔後の肌を引き締める効果も。キールズは160年以上前に創業した調剤薬局から誕生したコスメブランドで、天然由来成分を活かす質の良いスキンケアアイテムを作り続けています。

■スキンライフ薬用洗顔フォーム(130g 480円)

50年以上ニキビ肌用スキンケアアイテムを開発し続けたメーカーの洗顔料です。ニキビに刺激を与えるオイルを一切排除し、皮膚アレルギーテストやノンコメドジェニックテストも受けているので敏感肌にもぴったりです。殺菌成分や消炎成分でニキビをケアしながら、ヒアルロン酸、フルーツ酸などで潤いを与えます。洗う度にキメも整うので、次第に毛穴も目立たなくなると評判です。

■エイボン・プロダクツ ファーストクラッシュ3-in-1(180g 2,503円)

ミネラルオイル、スクラブ剤、着色料など肌に負担がかかる可能性がある成分は添加せず、優しく毛穴の皮脂汚れを洗い流します。デリケートな日本人女性の肌質にも合うとリピーターを続々と増やしています。天然植物成分を8種類もブレンドしているので、顔を洗ったあとの保湿やトリートメントまで1本でOK。1本で3役こなす優秀な洗顔料なので、顔を洗ったあと化粧水や乳液をつける必要はありません。