どんな問題が?洗顔料の危険な成分を徹底分析!

肌に優しい洗顔料を選ぶ時、危険な成分が添加されていないかどうか、しっかりチェックしましょう。最近は合成界面活性剤不使用の洗顔料も増えていますが、この成分は皮膚にどんな悪影響を及ぼすのでしょうか。

洗剤と同じで危険!?合成界面活性剤とは

合成界面活性剤フリーの洗顔料が人気を集めていますが、市販されている洗顔料を1つ1つチェックしてみると、合成界面活性剤が使用されていない商品の方が少ないことに気づきます。「良いの?悪いの?」とジャッジしにくい成分ですが、メリットとデメリットの両方兼ね備えている複雑な成分です。
合成界面活性剤のメリットは、洗浄力が強いこと。合成洗剤にも使われているほど、汚れを落とす働きに優れています。また、汚れだけではなく、他の成分と結びついて安定させる作用もあるため、様々なスキンケアアイテムにブレンドされています。保湿成分や美容成分など、化粧品に配合される成分は、ただ混ぜるだけだと時間の経過と共に分離してしまい、スキンケアアイテムとして成り立ちません。ところが、合成界面活性剤を入れるだけで、水分と油分のような混ざりにくい成分同士もスムーズになじませることができます。これは他の成分にはない合成界面活性剤特有の優れている性質です。

合成界面活性剤で肌トラブルが起きやすくなるってホント?

ただし、合成界面活性剤は、メリットだけではなくデメリットも併せ持ちます。石油から抽出された化学的な成分なので、肌の弱い方、アレルギー体質の方は過敏に反応する可能性があります。ニキビや吹き出ものができやすくなる、と指摘する専門家も。高い洗浄力もデメリットと紙一重で、肌の潤いまで奪い去り、肌荒れしやすくなる可能性も否定できません。

特に刺激が強い合成界面活性剤の中でものは?

もし合成界面活性剤を使用している洗顔料を選ぶ時は、できるだけ刺激が少ないものを選びましょう。ラウリル硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸ナトリウム、スルホン酸ナトリウム、パレスー3硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸アンモニウムなどは、数ある合成界面活性剤の中でも特に刺激が強い石油系合成界面活性剤です。

合成界面活性剤以外の天然の洗浄成分をチェック

敏感肌の方、アレルギー性皮膚炎の方は、洗浄力が合成界面活性剤ほど強くなくても、肌に優しい洗浄成分を使っている洗顔料がおすすめです。特に天然由来の成分は、皮膚に負担をかけにくいので、肌トラブルを抱えている時にも安心して使うことができます。ぬかやウグイスの糞、クレイ、小豆の粉など、探してみると予想以上にたくさんあるので、洗顔料を選ぶ時の参考にしてみて下さい。

合成界面活性剤フリーの洗顔料BEST3

合成界面活性剤を使っていない安全性の高い洗顔料をご紹介するので、洗顔料を購入する時に役立てて下さい。

然―しかり―よかせっけん(長寿の里) 1,944円

2,000万個以上売れた大ヒット石鹸で、洗浄成分として毛穴よりも小さい超微細シリカパウダーが配合されています。毛穴に詰まった汚れを奥から吸着することで、皮膚にダメージを与えずにきれいにすることができます。天然ミネラルの含有率も高く、消炎作用に優れたグリチルリチン酸ジカリウムもブレンドされているので、ニキビや肌荒れ対策にも効果的です。

ハニーサンゴ石鹸(ファーストフレンズ) 3,611円

洗浄成分と保湿成分が黄金比率で配合されている優秀な石鹸で、洗浄成分として天然のサンゴパウダーを配合しています。肌にしっかり潤いを与えるはちみつもたっぷりブレンドされているので、乾燥が気になるドライスキン、エイジングスキンのお手入れに向いています。合成界面活性剤はもちろん、合成香料や着色料、パラベンなど、皮膚に刺激を与える可能性がある添加物は一切使用していません。また、国内工場で製造されている点も魅力の1つです。60日間返金保証サービス付き。

ナールスフォーム(ナールス) 2,916円

パウダータイプの洗顔料で、洗浄成分として天然パパインが配合されています。パパインは、不要な角質だけを狙い撃ちして分解してくれる優秀な洗浄成分で、黒ずんだ毛穴トラブルのお手入れにも最適です。肌に必要な油分まで奪い去らない、適度な洗浄力が高く評価されています。ただし、スペシャルケア向きの酵素洗顔料なので、週に1~3回程度のペースで使うのが理想的です。ピーリング石鹸同様、毎日使ってしまうと少し肌が疲れるかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする