洗顔クリームはDHCが「しつこいニキビに効く」と口コミで人気!

DHC洗顔クリームでニキビができにくくなったと話題になっています。絶賛する口コミに信ぴょう性はあるのかどうか、詳しい成分や使い方について調査しました。

ニキビに効果的なDHCの洗顔クリーム

「ニキビ肌におすすめの洗顔クリームはDHC」と支持率UP

大人ニキビに効く、と口コミでも大絶賛されているのがDHCの洗顔クリームです。DHCの洗顔料は1,000円以下のものも多く、かなりリーズナブルな価格帯です。

ニキビ専用ブランドのプロアクティブは洗顔料だけでも1本4,000~6,000円もするので、4倍から6倍以上DHCの方が安いことになります。

あまりにも低価格ゆえ「効果がないのでは?」と不安に感じる方もいらっしゃるかも知れません。けれど、「プロアクティブからDHCに乗り換えた」なんて愛用者も少なくないほど、ニキビに対して一定の効果を発揮していることは事実のようです。

そんなに賞賛されているなら一度試してみたい、と思った方もいらっしゃるでしょう。手軽なお値段なので、お財布の中身をあまり気にせず気軽に購入しやすいのもDHCの魅力です。

・プロアクティブ+ スキン スムージング クレンザー 120g (5,900円)
・プロアクティブ リニューイングクレンザー 120ml (3,456円)

洗顔クリームだけでも8種類!酵素や炭酸・・・DHCの洗顔料は今何種類あるの?

リーズナブルな価格で有名なDHCのもう1つの特徴は、アイテムの数が非常に多いこと。パウダー状の酵素系や炭酸系など洗顔料だけでも30種類以上出ているので、一体どの洗顔クリームがニキビに効くのか戸惑ってしまう方もいらっしゃるかも知れません。

クリーム状の洗顔料だけでも8種類もあります。

ニキビに効くと評判のDHC洗顔クリームは?他のメーカーと大きく違う魅力が判明!

ニキビに効く、と口コミサイトなどで騒がれているDHCの洗顔クリームはアクネコントロールシリーズです。ネーミング通り、ニキビ勃発の引き金になるアクネ菌をコントロールするための洗顔料で、固形石鹸1種類、洗顔クリーム2種類の合計3種類が発売されています。

固形石鹸タイプも「すっきりする」と売れ筋アイテムですが、現在飛躍的に支持率が上昇しているのはクリーム形状の洗顔料です。一般的なメーカーとは異なり、DHCのニキビ用洗顔クリームは思春期用、大人用とニキビの種類に合わせて配合成分が厳選されています。

同じニキビでも思春期ニキビと大人ニキビは原因も治し方も違うので、それぞれ専用の洗顔料を使うことが最短で治す近道になります。選択肢の多さも「DHCの洗顔クリームでニキビを治そう」と考える人が増えている理由の1つかも知れません。

2種類のアクネコントロール洗顔クリーム!有効成分が違うってホント?

DHCのニキビ用洗顔クリーム、アクネコントロールシリーズはどちらも薬用です。ニキビに効き目がある、と厚生労働省が認めた成分が一定量配合されています。

・DHC 薬用アクネコントロール フレッシュ フォーミングウォッシュ (850円)※思春期ニキビ用

有効成分としてイソプロピルメチルフェノールが添加されています。思春期ニキビの大敵は過剰に分泌される皮脂。皮脂量が多いため毛穴も塞がれ、ニキビ勃発の引き金になります。

イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用が極めて高いため、アクネ菌が増殖しないよう抑えることでニキビの発生を食い止めます。

ローヤルゼリーやオウゴンエキス、ドクダミエキスなど天然由来成分もたっぷりブレンドされているところもポイント。

・DHC 薬用アクネコントロール モイスチュア フォーミングウォッシュ (900円)※大人ニキビ用

大人ニキビの場合、強すぎる洗浄力が乾燥肌を進行させ、逆効果になる恐れがあります。そのため、不安定な肌を刺激しないよう、アミノ酸系の優しい洗浄成分が選ばれています。

肌荒れを防ぐ薬用成分のグリチルリチン酸ジカリウムも、甘草から抽出される穏やかな成分です。ストレスや睡眠不足など複雑な要素が絡み合って発症する大人ニキビの場合、強力な洗浄成分で洗い流せば良いと単純に考えることはできません。

モイスチュアバランスを整えることが皮脂腺の正常化にも繋がり、ニキビを寄せつけにくい肌質に整えてくれます。

実は人気ない?マイナスの口コミも気になる・・・

1,000円でお釣りがくる洗顔クリームでニキビが快方に向かうなら、それが理想的ですよね。事実、ご自身のニキビの種類に合わせて洗顔クリームを使い分けることは、トラブルを根本的に解決するためにも大切なことです。

ただ、大人ニキビ用も思春期ニキビ用も、刺激や威力が強い有効成分が配合されています。ニキビが活性化している時には使う分には頼りになりますが、肌の状態が落ち着いている頃に使用すると成分の刺激性によって肌が不安定になる恐れがあります。

アットコスメなどの口コミサイトでも「一定の量までは減るものの、そこからの減りを感じられない」と長期使用の限定を示唆する感想も寄せられています。ある程度ニキビの状態が改善されたら、マイルドに作用する他の洗顔クリームに切り替えた方が無難です。