化粧落としと洗顔料の違い!W洗顔不要の洗顔クリームは本当に肌に良い?

W洗顔不要の洗顔クリームの人気が急上昇中です。専門家の間でも賛否両論あるW洗顔は果たして肌に良いのか悪いのか、真実を追求します!

ダブル洗顔の役割

スポンサーリンク

一緒じゃない!そもそも化粧落としと洗顔料は何が違うの?

W洗顔が必要か不要か論じる前に、改めて洗顔料と化粧落としの違いについて考えたいと思います。かなり大雑把に分類すると、肌に付着する汚れは水性と油性の2種類に大別することができます。

最近はオイルフリーのメイクアップアイテムもかなり増えましたが、お化粧による汚れは脂汚れになります。化粧落としの目的は、油性のお化粧や毛穴を塞ぐ黒ずみ、角栓などを落とすこと

一方、過剰に分泌された皮脂や古い角質、汗、ホコリなど水性の汚れを落とすのは洗顔料の役目です。クレンジングだけでも見た目はきれいになるので、W洗顔は不要かも・・・と感じるかも知れません。

けれど肉眼では確認できない水性の汚れは確実に肌に残っているので、基本的には「化粧落とし+洗顔」のW洗顔が必要です。

日焼け止めだけで室内で1日過ごして外に行かなかった日も、UVカットアイテムには油性の成分も多く配合されることが多いので、肌をしっかりリセットするためにも二度洗いした方が安心です。

W洗顔を巡る議論は不毛!?

実はW洗顔の賛否を巡って議論を交わすのはナンセンスです。メイクの濃さなどその日の汚れ具合によってもW洗顔が必要かどうか決まります。使うクレンジングの種類や肌質など色々な条件を重ね、自分は今日W洗顔する必要があるかどうか日々判断しなければなりません。

メイクをしている日は二度洗いの必要がありますが、軽いメイクならクレンジング機能を兼ね備えた洗顔料でも十分に落とすことができるでしょう。厳密に言えばクレンジングもメイクの濃さに合わせ、クレンジング力が強いものから弱いものまで揃え、使い分けるのが理想的です。

あのかずのすけも「肌に悪い」と断言!W洗顔で敏感肌が悪化することも・・・

ただ、肌が弱い方はW洗顔による負担で皮膚が慢性的に荒れてしまうこともあります。メイクをきちんと落とすには専用のクレンジングを使う必要がありますが、油性の汚れがするっと落ちるぐらいなので、クレンジング剤が肌に与える刺激は小さくありません

他のスキンケア方法なども見直し、洗顔やクレンジングに問題がありそうだと自覚している場合は、クレンジングをやめて化粧落としにもなる洗顔料に切り替え、肌の負担を減らす作戦を検討した方が良いかも知れません。

化粧品の辛口解析サイトを運営するかずのすけも、「『洗顔やクレンジングが肌に負担になる』というのは紛れもない事実」と断言しています。サイト内で何度も同じことを伝えているので、信ぴょう性があります。

マツエク中もおすすめ!ロゼットや豆乳イソフラボンなど格安のW洗顔不要洗顔クリーム

化粧落としも兼ねた洗顔クリームは、時間がない時の時短対策にもなりますよね。水ですすぐ時間が激減するので、長時間水に濡らさない方が良いマツエク装着中も便利です。

・ロゼット メイクも落とせる洗顔パスタ 90g (645円)

ロゼットさん(@rosette.official)がシェアした投稿


角質軟化作用に優れ古い角質を取り除いてくれるイオウを配合した化粧落とし兼洗顔クリーム。甘草エキスやピオニンなどニキビや肌荒れに効く成分も入っているので、荒れがちな肌のケアにもぴったりです。

・なめらか本舗 クレンジング洗顔NA 150g (806円)

ゴエたんさん(@nyamnyan27)がシェアした投稿


なめらか本舗のクリーム状洗顔料も、クレンジング機能を兼ね備えています。肌の弾力性と保湿性の両方与えてくれる機能的な洗顔料で、顔を洗ったあとのツッパリ感が気になる方にもおすすめ。豆乳イソフラボンがデリケートな日本人女性の肌をモチモチにしてくれます。

豆乳を発酵させることで潤いパワーが倍増しています。強力なクレンジング力は期待することができないので、ウォータープルーフマスカラなど濃いメイクは部分的に落としてから使った方が安心です。