わたしの乾燥肌の原因はもしかして洗顔料!?

洗顔料のせいで乾燥肌になるってホント?

「乾燥肌の原因は洗顔料」と、洗顔料を使わず水だけで顔を洗う水洗顔なる洗顔方法が一時期流行ったことがありました。他にも、シャンプーを使わない湯シャンや、洗顔のあと化粧水などのスキンケア用品を使用せず、皮膚の自然治癒力を引き出す肌断食など、同じ考えの美容法があります。確かに人によっては効果があるアプローチ方法かも知れませんが、美容や皮膚の専門家の多くも、洗顔料を使わない水洗顔方法には注意を促しています。年齢も若く、肌トラブルもゼロで、お化粧もしない方ならともかく、ある程度の年齢で普段お化粧をしている方なら、クレンジングと洗顔料は欠かせません。お化粧をしていなくても、最低限のUVケアは必要ですよね。新説を鵜呑みにして、水洗顔を続けてニキビや吹き出ものを作ってしまった方、洗顔後化粧水をつけず、シワを作ってしまった方も少なくありません。実践した方の「絶対無理」、「余計肌が荒れた」なんて口コミが増え、現在では水洗顔ブームも廃れてきています。

乾燥肌ほど洗顔料でしっかり顔を洗うのが効果的

肌が乾燥しやすい方ほど、洗顔料を使ってきちんと日々の汚れを落とすお手入れが必要です。洗顔料は乾燥肌の大敵どころか、肌の調子を整えるための大事なパートナーです。皮膚や毛穴の奥に汚れが残っていると、ニキビや吹き出ものなどトラブルの原因になります。汚れや皮脂でギトギトしているせいで、皮脂腺にも刺激が与えられ、皮脂量が増えて乾燥しやすくなるパターンも。油性肌と乾燥肌は紙一重なので、正常なターンオーバーに戻すためにも、肌を清潔にして、スキンかで自活作用を補うことが大切です。

ランキングもチェック!乾燥肌におすすめの洗顔料

ランキングトップにランクインしている乾燥肌向けの洗顔料をチェックしてみましょう。ランキングの順位は日々変動していますが、常に上位にランクインしているのが、泡立ちを重視した洗顔料です。専科のパーフェクトホイップnや、ビフェスタの泡洗顔ブライトアップなども、人気の洗顔料ですよね。最初から泡状で洗顔料が出てくるタイプの商品もよく売れているようです。確かに乾燥肌は刺激に強くありませんから、肌の上で洗顔料を直接泡立てるのは厳禁です。初めからモコモコの泡が出てくる洗顔料なら、忙しい朝の時間帯でも、泡で丁寧に顔を洗うことができます。

オーガニックを選ぶメリット

肌の乾燥がひどい場合、オーガニックの洗顔料を試してみて下さい。オーガニックのスキンケアアイテムは、添加物など化学物質が排除されています。もし使用する場合も必要最低限の量にとどめているのが特徴です。メイン成分は、植物原料。しかも農薬を使わずに育てている特別に安全な原料がベースになっています。手間暇かかっているだけに、お値段は少々高めになる傾向がありますが、皮膚に負担をかけずに汚れを落とすのが得意です。

乾燥肌に合うのは?洗顔フォームVS石鹸

洗顔料を選ぶとき、洗顔フォームタイプと石鹸で迷うことがありますよね。合う、合わないの問題は実際に使ってみないと分かりませんし、一人一人感じ方が違います。ただ、さっぱりした洗い上がりを望む場合は、石鹸がおすすめです。洗顔フォームは潤い成分をたっぷり配合しているので、泡を流してもぬるぬるした感触が残ることが。そのため、何度も水ですすがなければならないため、人によってはすすぎの段階で皮膚に負担をかけ、肌の乾燥を促進してしまっているケースもあります。オールインワンタイプの化粧品が増え、最近は洗顔も化粧水ケアも1本でできるタイプも登場しています。ただ、乾燥肌のようにトラブルを抱えた肌は、洗顔は洗顔、化粧水は化粧水、とプロセス毎にしっかりケアすることが大切です。保湿対策も兼ねている洗顔料より、純粋に汚れを落とすための洗顔料を使うことが、肌の乾燥をこじらせないためにも必要かも知れません。いくら保湿力が高くても、肝心な洗浄力に問題がある洗顔料は、理想的とは言えません。