酵素入り洗顔料を使うメリット!ランキング上位商品まとめ

最近注目されている酵素配合の洗顔料について、使う効果や注意したいことなど、気になる情報をまとめました。最新の人気ランキングトップのメーカーもご紹介するので、洗顔料選びの参考になれば幸いです。

メリットがたくさん!酵素洗顔料の効果とは?

酵素が入っている洗顔料は、毛穴の黒ずみが目立つ方、角質が厚くなってクスミがひどくなっている方に向いています。普通の洗顔料では落としにくい頑固な汚れをスムーズに分解し、肌の透明感をアップしてくれるところが、酵素洗顔料の魅力です。

また、酵素洗顔料で古い角質を取り除くことで、遅れ気味のターンオーバーを正常なサイクルに戻す効果も期待できます。肌のターンオーバーは10代、20代では28日周期ですが、30代40代以降は1周期1ヶ月以上かかることも。新しい肌に生まれ変わるスピードが遅いと、その分肌トラブルを解決するまでの時間も長くなります。

皮脂量が増える夏場だけでも、酵素が配合された洗顔料でお手入れするのがおすすめです。

気になるデメリット面もチェック

ただし、酵素をブレンドした洗顔料は威力も強いので、肌が弱い方だと肌荒れする可能性があります。また、洗浄力が強いので、毎日連続で使うと肌に欠かせないタンパク質まで取り除いてしまう可能性も。メーカーによって適切な使用頻度は違うので、正しいペースで使って下さい。

洗い上がりもさっぱりして癖になるので、つい癖になって毎日洗ってしまう方もいらっしゃいますが、週に2~3回ぐらいの頻度が丁度良く、それ以上は洗い過ぎになってしまいます。

選んではいけない酵素洗顔料って?

酵素洗顔料を選ぶ時は、できるだけ植物性の材料を使っているものを選びましょう。同じ酵素でも合成酵素は安定感に乏しく、洗浄成分が強過ぎる可能性があります。

肌に必要な分のタンパク質、角質まで落としてしまうと、皮脂腺が危機を察知して皮脂を大量に分泌し、肌がギトギトになることも珍しくありません。バリア機能が崩れ、紫外線の被害を受けやすくなるのも問題です。

パウダータイプが主流!人気のパパウォッシュなどランキング上位をピックアップ

数ある酵素洗顔料の中でも特に人気があるものをご紹介します。基本的にパウダータイプの洗顔料が主流になります。

■ESS パパウォッシュ

昔からある酵素洗顔料の代表メーカー。パパイヤから採った天然酵素を使っているので、皮膚に負担をかけず、不要な角質や汚れだけを優しく落とすことができます。

通常、酵素洗顔料は1回使ったらしばらく肌を休ませなければなりませんが、天然酵素を配合しているパパウォッシュは毎日使用しても問題ありません。洗い上がりや香りによって6タイプから選べるのも魅力。分包や詰め替えボトル、ハーフサイズなど、サイズの選択肢が多いのも好評です。

■オバジC 酵素洗顔パウダー

タンパク質分解酵素のプロテアーゼ、皮脂分解酵素のリパーゼをブレンドした個包装タイプの酵素洗顔料。シミ対策で有名なオバジの酵素洗顔料なので、メラニンに備えるビタミンCもたっぷり配合しています。

ヒメフウロエキス、アスコフィルムノドスムキスなど潤い成分も多いので、洗い上がりはしっとりしています。毛穴の黒ずみや肌のざらつきはもちろん、美白も気になる方に。

■肌極 つるすべ素肌洗顔料

化粧水で有名な肌極の酵素洗顔料で、使いやすい個包装になっています。肌に不要なタンパク質を分解するプロテアーゼ、皮脂をクリアにするラウロイルグルタミン酸Na・シリカを配合し、普通の洗顔料では落ちしにくい頑固な角質、皮脂汚れを取り除くことができます。

米ぬかオイル、コメ胚芽オイル、ライスステロールなど潤い成分もたっぷりブレンドされているので、顔を洗ったあとすぐに保湿をしなくても突っ張りません。

■カネボウ スイサイ ビューティクリアパウダーウォッシュ

タンパク質分解酵素のプロテアーゼ、皮脂分解酵素リパーゼの他、余計な皮脂を取り除く洗浄成分ラウロイルグルタミン酸Na、ミリストイルグルタミン酸Naも配合。洗顔後「化粧水がグングン染み込む」と口コミサイトでも話題になっています。ドラッグストアでも売っているので、入手しやすさも魅力の1つ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする