黒ずみ毛穴に本当に効く洗顔料とは?特に人気なアイテム5選

洗顔料で解決できる2つの黒ずみタイプとは

同じ毛穴の黒ずみでも、タイプによってケア方法は異なります。一般的に多い毛穴トラブルは、毛穴の奥に汚れが蓄積しているタイプ、開き切っているせいで汚れやすくなっているタイプ、加齢や摩擦による刺激でたるんでしまっている毛穴など。洗顔料で解決しやすのは、汚れが溜まっているタイプと開き毛穴です。今ある汚れを洗顔料で洗い流し、引き締めることができれば、毛穴の黒ずみが目立たない透明感溢れる肌に生まれ変わることができるはずです。

自分に必要な洗顔料のタイプをチェック

同じ洗顔料でも得意分野は違うので、自分が抱えている毛穴トラブルに効く洗顔料のタイプを把握しておくことも非常に大切です。
黒ずみ毛穴→酵素系成分を含む酵素洗顔料、毛穴に詰まった古い角質や角栓を分解するAHAなどピーリング洗顔料
開き切った毛穴→毛穴よりも分子が小さいクレイ成分を配合したクレイ洗顔料

毛穴の黒ずみ対策用洗顔料の正しい選び方&使い方

毛穴の黒ずみ対策用の洗顔料は洗浄力が強く、肌の負担になるものも少なくありません。酵素洗顔やピーリング洗顔も毎日使用するより、2~3日に1回のペースで使った方が皮膚を不要に疲れさせることがなく、安心です。洗顔料によって適量や使用ペースは決まっているので、説明事項をよく読み、守りましょう。また、洗顔料のタイプも肌質によって違います。普通肌ならフォームタイプ、オイリー肌は固形石鹸、敏感肌はミルクタイプがおすすめです。混合肌も汚れをしっかり落とせる固形石鹸を選んでおいた方が安心です。

人気ランキング上位の洗顔料!1回で効き目を実感できるのは?

洗顔料のメリットは、たった1回洗っただけでも「顔色が明るくなった・・・」など、効果を実感しやすいところですよね。また、どの洗顔料でケアするにしても、ゴシゴシ洗いは禁物です。肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうと、皮脂不足を感じた皮脂腺が慌てて皮脂を大量に分泌し、毛穴が汚れやすくなります。皮脂の過剰分泌にも繋がるので、ピーリングやマスクを使ったスペシャルケアも連続してやり過ぎないよう気をつけて下さい。

口コミが良いおすすめ洗顔料5選

■イッテンコスメ泥練洗顔

泥のまま泡立てずに洗う方法、泡立てて洗う方法、泥パック・・・と1本と3通りの洗い方ができる優秀な洗顔料です。泥は毛穴の黒ずみ除去が得意なので、汚れの程度に合わせ、洗い方を工夫しましょう。細かい粒子が毛穴の奥まで入り込み、汚れを落とします。開いた毛穴を引き締める効果も見逃せません。

■クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジングN

1,000円と言うプチプラながら、AHAも配合し、しっかりピーリングケアできる優秀な洗顔料です。パパイン酵素も入っているので、酵素とピーリングの相乗効果で頑固な黒ずみもすっきり落とせるでしょう。スクラブ効果もあるので、長年居座っている黒ずみにも試してみて下さい。

■マークス&ウェブ ハーバルクリアソープ ラベンダー

毛穴の奥深くまで汚れがこびりついてしまっていても、モロッコ溶岩から生まれた天然粘土のガスールと炭のダブルパワーで、黒ずみをしっかり落とします。老廃物や皮脂、落とし損ねたメイク汚れなど、強い洗浄力が必要な汚れが残っている時に集中して使ってみて下さい。プチプラとは思えないほどの仕上がりに、深刻な油性肌に悩む男性にも人気がある洗顔料です。

■ミノン アミノモイストクリアウォッシュパウダー

敏感肌で普通の酵素洗顔と使うとピリピリしてしまう方に最適な洗顔料です。酵素で黒ずみ汚れをきちんと落としながら、皮膚に不要な刺激を与えないよう配合成分に厳しくこだわっています。毛穴の汚れを優しく洗いたい方にぴったり。

■dプログラム コンディショニングウォッシュ

一般的な洗顔料で荒れてしまう敏感肌におすすめの洗顔料です。肌に極力負担を与えないよう、配合成分を厳選し、黄金比率でブレンドしています。余計な毛穴の汚れだけを落とし、皮膚に必要な潤いは残したい方に満足度が高い1本です。dプログラムのスキンケアアイテムは肌質に合わせて選べるところが魅力です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする