洗顔料は頻度が大事!ニキビがある男性は1日2回にすべき?

洗顔料の善し悪しは使う頻度によっても変わると言われています。肌質、性別に合わせ適切な頻度を探りましょう。

洗顔料の頻度

洗顔料を使う頻度は1日1回?それとも2回?

洗顔料を使う頻度に関するアンケート調査を行った結果、一番多いのは1日1回夜だけ洗顔料を使うパターンでした。2番目に多いのは1日2回朝晩の洗顔時に使うパターンです。中にはまったく洗顔料を使わない肌断食実践中の方も。

また、2~3日に1回ほどのペースで洗顔料を使い、普段の洗顔ではお水やぬるま湯だけで済ませている方も少数見かけました。

一昔前まで洗いすぎによるトラブルがよく勃発していましたが、最近は洗わない洗顔法が人気を集めているため、1日3回以上洗顔料を使っている方はいませんでした。

「洗顔料の頻度は男だから多めに・・・」は嘘!洗い過ぎでニキビができることも

洗顔料を使用する適切な頻度は一人一人の肌質によって異なるため、「男だからたくさん洗う必要がある」なんてことはありません。確かに男性は女性よりも皮脂の分泌量は増えますが、過剰な洗浄によって乾燥が進む反応は共通しています。

ギトギト感を洗い流そうとして洗顔料に頼りすぎ、皮脂腺が刺激を受けて厄介な混合肌になるパターンもよくあります。バリア機能が崩れ皮脂腺の調子が狂うと、乾燥しているのにギトギトする最悪の状態になります。

ニキビもできやすくなるので、皮脂腺を正常に戻すためにも過剰な洗浄は避けましょう。いずれにしても1日3回以上の洗顔料の使用は厳禁です。

洗顔料を使う適切な頻度を見極めるためには?

結局洗顔料を使う適切な頻度は1回と2回のどちらなのでしょうか。この答えは肌質によっても違うので一概には言えません。一般的な正解はないので、共通の答えを求めること自体ナンセンスです。

両方のやり方を1週間以上試してみて、調子が良い方が選びましょう。朝の洗顔料使用をやめてスキンコンディションが改善するケースもよくあります。逆に、朝の洗顔料使用をやめることで毛穴が黒ずむこともあるので、肌の様子を細かく観察して下さい。

特に汗っかきの方は就寝中の汗や皮脂の汚れで思うより寝起きの顔が不衛生になっている恐れがあります。平均的なデータでも、人は寝ている間に500ml前後の汗をかくことがわかっています。

lusf(ラッシュ)やsuisai(スイサイ)は2~3日に1回のペースで

落とす力が強い洗顔料を使う場合は、回数を控えめにして使用することが大切です。しっかり洗えるタイプの洗顔料は頻繁に使用しないようにしましょう。

例えばラッシュのスクラブ配合洗顔料や酵素が入っているカネボウのスイサイ洗顔パウダーも、連続使用によってバリア機能が弱くなってしまう恐れがあるので要注意です。

少なくても2~3日に1回の使用頻度が限界です。肌が弱いと自覚している方は週に1~2回ほどでも十分でしょう。

スクラブ洗顔料、酵素洗顔料の他、ピーリング洗顔料も使用頻度に注意しなければならない洗顔料です。皮脂や常在菌を根こそぎ洗い流してしまうと、皮膚の健康は損なわれてしまいます。増えすぎるとトラブルに繋がる皮脂や常在菌も、ある程度肌に残っているのが理想的な状態です。

・ラッシュ ブラックダイヤ 100g (1,280円)

「化粧水がグングン入る」と評判のスクラブ洗顔料。ブラックシュガーと炭の強力スクラブ効果、ラソールマッドによって毛穴深部に居座る頑固な汚れまで取り除くことができます。

ラッシュのスクラブ成分が入っている洗顔料の中でも特に吸着力が強いため、毎日使うと肌が荒れる原因になりかねません。

・カネボウ スイサイ ビューティクリア パウアーウォッシュ 0.4g×32個 (2,333円)

カネボウの大ヒット洗顔料。アミノ酸系洗浄成分を数種類ブレンドしているとは言え、スクラブに加えタンパク質を溶かす酵素など強力な洗浄成分とスクラブをミックスしている攻めの洗顔料です。

脱脂力も強力なので効き目も高い分、連続使用は厳禁。