泡立てネットで洗顔の効果に驚愕の差が!?

泡立てネットを使うと、濃厚な泡がすぐにできるので、洗顔の時短対策にも欠かせません。

洗顔後の肌荒れや乾燥・・・泡の作り方が原因かも

顔を洗ったあと、慌てて化粧水をつけなければならないほど乾燥し、ピリピリ感、赤みを感じるなら、洗顔方法を見直す必要があります。洗顔後に肌荒れする原因も色々考えられますが、泡立ちが足りないことが影響しているケースも少なくありません。

洗顔料は泡立てることを前提に作られています。泡立ちが不十分だと洗浄成分がダイレクトに肌に付着し、強い刺激を与えてしまう可能性もあります。

同じ洗顔料でも、泡の立て方1つで最適な洗浄力に調節することができるので、泡の立て方も見直してみて下さい。泡立てネットを使うと理想的な泡をすぐに作ることができるので、普段のお手入れの時短対策にもなります。

クリーミーに仕上げるコツ!泡立てネットの正しい使い方

既に泡立てネットを使っていらっしゃる方も多いはずですが、改めて正しい使い方を確認してみましょう。濡らして軽く絞った泡立てネットの中に洗顔料を包み、揉むようにして泡を作ります。

うまく泡を作るポイントは、水を少しずつ足していくこと。最初から水を大量に使うと濃密な泡を作りにくくなります。水が少な過ぎてもキメの細かい泡になりにくいので、ほんの少しずつ追加するのがコツです。

また、完成した泡を顔にのせる前に、手のひらで軽く抑えて潰してみて下さい。この一手間を加えることで、大きな泡が消え、より濃厚でクリーミーな泡に仕上がります。

使わない時のお手入れがポイント!

手軽に洗顔料の美容効果、洗浄力をアップさせることができる泡立てネットは大変人気があります。ただ、泡立てネット自体が汚れていると、洗顔料の洗浄力も半減してしまう可能性があります。

使ったあとは軽く洗ってよくすすぎ、しっかり絞って乾燥させることが大切です。できれば外に干すのが理想的ですが、無理な時はできるだけ湿気の少ないところに干して乾かしましょう。

ダイソーなど100均の泡立てネットも人気

泡立てネットはお風呂場で使うものなので、きちんとお手入れしていても、どうしても汚れやすくなります。ダイソーなど100均の泡立てネットは安いので、気軽に買い換えやすいのが魅力です。

ダイソーの泡立てネットも100円で2つ入っているので、毎月買い換えてもお財布の負担になりにくいですよね。シンプルなものからバラ型のネットなど、色々なタイプがあるのでチェックしてみて下さい。

無印もおすすめ!ランキングトップの泡立てネット

同じ泡立てネットでも、泡の立てやすさ、使いやすさには微妙な差があります。ネットの素材や形状にも油断しないメーカーのものは、泡立ちの良さも一味違うと評判です。

■無印良品 洗顔用泡立てネット (111円)

全長21cmもあるので、顔はもちろん、身体を洗う時の泡立てにも便利。メッシュネットの効果で、手軽にホイップ状の濃厚な泡を作ることができます。

■魔法の泡立てネット (540円)

リングを指にはめ、濡らして洗顔料をつけたネットを揉み込むだけでシルキータッチの泡ができるネット。特許を取得しているオリジナル技術で、弾力抜群の泡に仕上がります。

パックでも落ちにくい毛穴の深い部分の汚れまで、洗顔だけできれいにケアできると評判のネット。

■安心の国内生産泡立てネット (292円)

泡立てネットに使用されている素材は国産のものを・・・と日本製にこだわる方にぴったりの泡立てネット。原料、加工プロセスは両方とも日本で行っています。また、原料にリサイクルプラスチックを使っていないので、有害物質汚染問題の心配もありません。

糸の断面の形まで徹底的に考慮し、キメの細かい泡が作れる網目サイズ、デザインに仕上げているため、ただ洗顔料をつけて揉むだけで適度な空気量を取り込める設計になっています。

■匠の手作り泡立てネット (250円)

「泡立てネットはどれも一緒」なんて思い込みを覆してくれるハイクオリティネット。摩擦係数にこだわり、ミクロサイズの泡が簡単に立てられる形状を選んでいます。

1つ1つ丁寧に手作業で加工しているため、びっくりするほどボリューミーな泡の塊も、時間をかけずに完成させることができます。機械で大量生産されたネットとは違う、と口コミでも大評判です。