混合肌の洗顔料選びで注意すべき3つの条件

乾燥トラブルとギトギトトラブルを両方抱えた混合肌の場合、理想的な洗顔料に出会うのが難しいですよね。混合肌の洗顔料選びで大事なポイントをお伝えします。

毛穴のギトギトと乾燥、どっちが気になる?

混合肌の洗顔料選びでは、脂っぽいTゾーンを気にして、洗浄力の強い洗顔料を購入してしまう傾向があります。確かにギトギトしている部分はしっかり洗いたくなりますが、乾燥している部分にとって、洗浄力が強い洗顔料は刺激が強過ぎます。

皮脂をしっかり落とせるタイプの洗顔料を長年使い続けるうちに、しっかり乾燥肌が慢性化してしまうケースも少なくないようです。ただ、乾燥している部分に合わせ、保湿重視の洗顔料を選んでしまうと、皮脂を取り切れずニキビなどのトラブルが現れることも。

朝だけ保湿重視の洗顔料を使うのもおすすめ

余裕があれば、朝は保湿重視の洗顔料、夜はしっかり皮脂を落とせる洗顔料・・・と2種類の洗顔料を使い分けるのもおすすめです。

人によっては2種類の洗顔料を顔のパーツによって使い分けているようですが、かなり大変なので、せめて朝、晩の洗顔料を使い分けることで乾いた部分と脂っぽい部分に備えましょう。

ニキビの原因にも・・・脱脂力の強過ぎる洗顔料はNG

もし1本の洗顔料で済ませたいなら、毛穴汚れまできちんと落とせる洗浄力をキープしつつ、脱脂力が強過ぎない洗顔料をチョイスすることが大切です。脱脂力が強過ぎる洗顔料は乾燥トラブルがひどくなる可能性が強い上、皮脂腺が皮脂不足を察知し、大量に皮脂を分泌する可能性もあります。

洗いすぎにも気をつけて下さい。混合肌向けの洗顔料は、具体的に、ミリスチン酸やステアリン酸などのアミノ系洗浄成分が入っているものが最適です。低刺激性で皮膚に必要な水分まで奪い去ることがないので一押しです。

アミノ酸系洗浄成分は乾燥肌にもオイリー肌にも合う優秀な洗浄成分です。また、肌の潤い成分をなるべく逃がさないよう、ヒアルロン酸やセラミドなど保水力の高い成分も入っているのが理想的です。

混合肌のメンズが急増中!

最近、部分的に脂っぽいのに乾燥している部分も多い混合肌に悩む男性が増えています。混合肌になる原因は色々ありますが、やはり脱脂力の強過ぎる洗顔料を使っていることも少なからず影響しているはずです。

メンズ用の油性肌用洗顔料は爽快感を重視するために肌にかかる負担も少なくありません。洗い上がりがさっぱりしているので洗顔直後は「気持ち良い!」と感じるかも知れませんが、乾燥部分をこじらせやすいので、アミノ酸系のマイルドな洗浄成分の洗顔料を選びましょう。

口コミランキングでもトップにランクイン!混合肌向けの市販洗顔料

混合肌でも安心して使える洗顔料をピックアップしました。使い続けるうちに、乾燥部分はしっとり、皮脂分泌が激しい部分もさっぱりと調和が取れてくるはずです。

■ビーグレン クレイウォッシュ

吸着力が高い天然クレイは、肌を擦ることなく、不要な皮脂、古い角質など要らない汚れだけを優しく洗い流すことができます。

潤い成分も多く、皮膚にかける負担を最小限に抑える洗顔ができるため、混合肌はもちろん、ニキビ肌やクスミ肌、敏感肌、乾燥肌にも対応できます。塗布後洗い流すだけの泡立てない洗顔料。

■長寿の里 然―しかり― よかせっけん

毛穴より分子サイズが小さい超微細シリカパウダーを含む泡は、毛穴の奥の根深い汚れまでするっと吸着してくれます。天然ミネラル成分も多く、肌の乾燥部分は労わりつつ、皮脂でギトギトしている部分もさっぱり洗い上げることができます。

コラーゲン、アロエエキス、ロイヤルゼリーなど自然由来成分が大半を占める無添加洗顔料なので、刺激に弱い混合肌でも安心して使うことができます。

■フジフィルム ルナメアAC ファイバーフォーム

ニキビトラブルを抱えた混合肌におすすめの洗顔料。毛穴の詰まりを優しく取り除くファイバースクラブが配合されているので、角質が詰まりがちなギトギト部分のお手入れに最適です。ニキビにダイレクトに働きかける独自成分、アクネシューターは浸透力が高く、毛穴の奥まで届いて作用します。

セイヨウナシ果汁発酵液、ヒオウギ抽出液など植物由来の潤い成分もたっぷり配合しているので、汚れはしっかり取り除きつつ、潤いやすい優しい洗い上がりが期待できます。1080 円のお試しセットがあるのも魅力です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする