とにかく潤い成分が多い洗顔料5選!

洗顔直後に乾燥しやすいなら、洗顔料の選び方が間違っている可能性大です。もちろん、評判の良い洗顔料を買っても洗顔方法が間違っていれば肌の潤い成分はどんどん逃げてしまいます。

正しい洗顔料の選び方、使い方をお伝えするので、早速今日から実践してみて下さい。

潤い成分が逃げ出すNG洗顔方法

皮膚に汚れが残っていると、毛穴詰まりや吹き出もの、ニキビなどのトラブルを招きやすくなります。ただ、汚れを落とすために力を入れ過ぎてしまうと、肌に必要な天然の潤い成分まで根こそぎ洗い流してしまうことになります。

強い力でゴシゴシ洗うやり方、肌の上で直接洗顔料を泡立てるような乱暴な洗い方はNGです。

潤い不足は洗顔料の泡立ちが悪いせい?

そもそも、ゴシゴシ洗わなければならないのは、洗顔料の泡立ちが悪いせいかも知れません。泡立ちが良い洗顔料ならすぐにきめ細やかな泡がたくさんできるので、泡を皮膚の上で転がして洗う理想の洗い方ができます。

また、手に汚れが残ったまま泡立てると、洗浄成分が手の汚れを落とすために使われてしまう可能性があります。顔を洗う前に手を洗ってきちんと準備しましょう。

洗顔料の泡を最初にのせる場所

肌の潤いをキープしたいなら、洗顔料の泡をのせる順番も大切です。皮膚が薄く皮脂の分泌量が少ない頬、口や目の周りは最後に残った泡で軽く撫でる程度で充分です。一番乾燥しやすい頬や目元、口元から洗う方もいらっしゃいますが、皮脂量が多いTゾーンや小鼻から洗い始めるのが「正解」です。

泡を洗い流す時も体温より高い温度のお湯は潤い成分まで洗い流してしまうので、30度から33度ぐらいのぬるま湯を使うようにしましょう。冷たすぎる水も肌に刺激を与える可能性があるので、ご注意下さい。

乾燥肌必見!とにかく潤い成分が多い5つの洗顔料

乾燥肌、刺激に弱くなっている加齢肌は潤い成分の多さで洗顔料を選びましょう。保湿成分が多い洗顔料は、顔を洗っている最中、肌の水分を逃がしにくいのが特徴です。

■ディセンシア つつむジェントルウォッシュ

乾燥肌、敏感肌用のコスメを開発しているディセンシアの洗顔料。角質を守る保護成分のクパスがブレンドされているので、顔を洗ったあともすぐに乾燥することがありません。

手で5~6回石鹸を転がすだけで、ホイップクリーム状の柔らかい泡を作ることができます。きめ細かい泡がクッションとなり、肌に物理的な刺激を与えにくいよう、計算されている洗顔料。

■VCOマイルドソープ

母乳と同じ潤い成分のヴァージンココナッツオイルを配合し、顔を洗いながら皮膚のバリア機能を上げることができます。クスミとなる汚れや古い角質は取り除いてくれるので、洗顔後、化粧水の浸透力も上がると評判です。

■アンプルール ラグジュアリーホワイト ウォッシングフォームN

美白洗顔料は乾燥しやすい、と言うイメージを見事に覆してくれる洗顔料。アミノ酸系と石鹸系の2種類の洗浄成分をバランスよくブレンドし、肌に負担をかけず、不要な汚れだけ落とせる洗顔料に仕上がっています。

ヒアルロン酸など潤い成分をたっぷり配合しているので、「洗う前よりしっとりしている!」と口コミでも評判です。

■カウブランド 無添加うるおい洗顔

天然由来の潤い成分、セラミドがたっぷりブレンドされているので、皮膚のバリア機能が弱ってしまっている方にもおすすめ。プチプラにも関わらず、泡立ちの良さと潤い成分の多さでリピーターを続々と増やしています。

着色料や香料、防腐剤、アルコールなど肌に刺激を与える可能性がある添加物を排除しているので、敏感肌でも安心して使うことができます。

■ミヨシ 無添加洗顔せっけん

余計なものは一切加えていない純石鹸なので、添加物に過敏に反応するタイプの乾燥肌の方にも向いています。ブレンドされている潤い成分のマカデミアナッツオイルは、加齢肌を労わる効果もあります。年齢の影響で肌が乾きやすくなっている方も是非試してみて下さい。