洗顔料のナチュサボンはマツエクOK?意外な成分解析結果に迫る!

コーセーソフティモのナチュサボンは、ニキビ肌から乾燥肌向きのモイストタイプまで、肌質に合わせて選ぶことができます。口コミでも「プチプラなのに使える!」と高く評価されているので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

ナチュサボン

スポンサーリンク

ナチュサボンはコーセーのソフティモシリーズ

コーセーソフティモシリーズのナチュサボンは、肌のコンディションや求める洗い上がりに応じて、ぴったりのタイプを選ぶことができます。最高の洗顔料は、肌に合っていること。どんなに美容成分が多い洗顔料でも、肌質に合っていなければ、理想の洗顔料とは言えません。

ソフティモは定番のディズニーシリーズ5種類、天然・植物由来成分が85%も占めるボタニカルシリーズが4種類、合計9種類からチョイスできるので、ジャストフィットする洗顔料が見つけやすいはずです。

ニキビ肌にぴったりの洗顔料もある?毛穴クリアタイプも人気!

ディズニーのキュートなイラストが目印になっているナチュサボンフェイスウォッシュシリーズは、肌のコンディション、お悩みに合わせて5種類のタイプが用意されています。

・ナチュサボン 毛穴クリアタイプ→皮脂を吸着し、肌を整えるクレイ成分、ブルターニュ産シーソルトが入っているので、毛穴の汚れをすっきり洗い流したい方にぴったりの洗顔料です。シトラスサボンのフレッシュな香り。

・ナチュサボン すっきりクリアタイプ→ローズマリーエキス、ユキノシタエキスなど整肌、潤い成分を主成分とする洗顔料。透明感が失われ、くすみが目立つ肌をワントーン明るくします。クリスタルサボンの香り。

・ナチュサボン なめらかモイストタイプ→オレンジハチミツエキス、モモ葉エキスをブレンドし、瑞々しい洗い上がりを堪能することができます。ピーチやハニー、フローラルなど甘くまろやかな香り。

・ナチュサボン リッチモイストタイプ→濃密潤い成分のダマスクバラハニー、オーガニックホホバ抽出オイルがたっぷり入った乾燥肌対策用洗顔料。潤い成分が多く、顔を洗ったあと肌がつっぱる心配がありません。フルーティーなベリー、ローズが混ざり合う華やかな香り。

・ナチュサボン アクネケアタイプ→アクネケア成分のサリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されたニキビ肌用洗顔料。爽やかなシトラスミックス、優しいフローラル系の香りが融合した心地よい香り。

マツエク向き?成分を解析した結果・・・石油系界面活性剤0%!

コーセーソフティモ、ナチュサボンフェイスウォッシュシリーズは、定価460 円とプチプラの洗顔料です。低価格の洗顔料は石油系合成界面活性剤の割合が多い・・・と心配する方も少なくありませんが、実はナチュサボンの石油系界面活性剤配合率は0%

ほんの1 gも含まれていません。石油系合成界面活性剤の他、防腐剤のパラベン、シリコーン、人工着色料、鉱物油など、肌に少しでも負担を与える可能性がある添加成分を徹底的に排除しているので、どのシリーズも安心して使い続けることができます。

また、マツエクは石油系合成界面活性剤のような刺激の強い成分に弱いので、優しい石けん成分で洗うことができるナチュサボンはマツエク中にもぴったりです。

セレクトシリーズのホワイトとモイストも口コミ高得点!詰め替え用はある?

できるだけナチュラル成分が多い洗顔料で顔を洗いたいなら、ナチュサボンのセレクトシリーズがおすすめです。天然・植物由来成分が85%も占め、洗浄成分もアミノ酸と脂肪酸からつくられているマイルドな成分が厳選されています。

しかも、化学肥料を一切使用しないオーガニックの潤い成分、天然香料が使用されているので、顔を洗っている最中、アロマのリラクゼーション効果も期待することができます。

セレクトシリーズはクリーミィーな泡がポンプから出てくるウォッシングフォーム、一般的なフォームタイプのウォッシングクリームの2種類の形状からチョイスできますが、それぞれホワイトとモイストタイプに分かれています。

合計4種類から選べるので、自分にとって今一番必要な洗顔料を選びやすいのが魅力です。ウォッシングフォームはお得な詰め替え用もあるので、リピーターに好評です。

・ナチュサボン セレクト ホワイト フォームウォッシュ(180 ml 544 円)
・ナチュサボン セレクト モイスト フォームウォッシュ(180 ml 544 円)
・ナチュサボン セレクト ホワイト ウォッシングクリーム(130 g 462 円)
・ナチュサボン セレクト モイスト ウォッシングクリーム(130 g 462 円)