洗顔料は泡立てないタイプが人気に!?

洗顔料は泡立てるのが基本ですよね。けれど今、泡立てないタイプの洗顔料がびっくりするほど売れています。クレンジングもオイル、ジェル、ミルク、バームなど色々な形状に分かれているように、洗顔料もどんどん多様化しています。

洗顔料は泡立てないと・・・の思い込みを捨てた女子が急増中

「思い切って泡立てないタイプの洗顔料を使うようになってから、肌トラブルが激減した」と喜ぶ女性が増えているようです。泡立つタイプ、泡立たないタイプの洗顔料はそれぞれ違う魅力を備えていますが、実は泡がよく立つ洗顔料ほど洗浄力が優れているわけではありません。洗顔料の泡に関する実験でも、泡のボリュームやキメの細かさは、洗浄力や潤い力がアップするわけではない、と言う驚きの結果が報告されています。むしろ泡が多いほど汚れを落とす力が弱まる、なんて指摘も。

泡立ち重視の洗顔料が乾燥肌を引き起こす!?

モコモコの泡で顔を洗うと、本当に顔がさっぱりします。泡立ち重視で洗顔料を選んでいる方も少なくないはずです。ただ、洗顔料の泡は私たちが思うより美容にプラスになる効果がありません。泡の正体は洗浄成分です。泡立ちが良い洗顔料ほど、洗浄成分に合成界面活性剤がたくさん含まれている傾向があります。合成界面活性剤の洗浄力は非常に強く、シャンプーや食器洗剤にも使われています。合成界面活性剤は汚れを落とすだけではなく、皮膚のタンパク質まで溶かしてしまう作用があります。毎日合成界面活性剤入りの洗顔料で顔を洗う度、細胞間脂質がとかされ、角質層がボロボロになり、肌を守るバリア機能が失われていく・・・と言っても過言ではありません。その結果、肌の水分が蒸発しやすい状態になり、深刻な乾燥肌が引き起こされます。

石鹸の泡もダメ?

洗顔フォームは界面活性剤の割合が多いので、動植物の油脂から作られる石鹸に切り替えている方も増えていますよね。石鹸なら洗顔フォームより添加物の量が少ないので、肌トラブルを抱えた女性、乾燥肌の女性に向いているとされています。ところが、一見皮膚に優しい印象の石鹸の泡も、アルカリ性なので乾燥肌には不向きです。アルカリ性の泡は、肌に欠かせない角質まで落としてしまうので、肌が弱っている時は肌荒れの原因になります。皮膚のコンディションが万全なら、アルカリ性の石鹸で一時的に肌がアルカリ性寄りになっても、本来の弱酸性にすぐ戻すことができます。ただ、肌の回復力が衰えている状態では、洗顔後の肌を弱酸性に戻すのに時間がかかり、諸々のトラブルを引き寄せやすくなってしまいます。

プロアクティブの洗顔料が泡立たないのもニキビを守るため!

ニキビ肌はそれ以上炎症をひどくしないためにも、泡立てるタイプの洗顔料を避けた方が良いかも知れません。ニキビ肌専用のスキンケアメーカー、プロアクティブの洗顔料も、泡立たないタイプです。泡立てなくてもスクラブが入っているので、軽くマッサージするだけで毛穴内部の汚れ、肌表面に蓄積された角質を優しく落とすことができます。ただし、プロアクティブはニキビやニキビ跡を改善するためのスキンケアアイテムなので、洗顔料にはピーリング作用が強いサリチル酸が配合されています。泡による刺激はないものの、サリチル酸による刺激で肌が赤くなる可能性があるのでご注意下さい。60日間返金保証がついているので、合わないと感じたらサービスセンターに連絡した方が無難です。

泡立てないタイプの洗顔料が合っている肌質は?

泡立てないタイプの洗顔料が合っている肌質は、ずばり敏感肌、ニキビ肌、乾燥肌の3タイプです。泡立たないタイプの洗顔料は、基本的に石油系の合成界面活性剤を配合していません。石油系合成界面活性剤による刺激で肌が荒れていた方は、泡立たないタイプの洗顔料に切り替えるだけで、肌の調子が良くなることを実感するはずです。洗顔料に含まれる洗浄成分はメーカーによって異なりますが、泡洗顔とは異なり、洗浄成分をダイレクトに肌に伸ばすことができます。汚れだけを吸着する天然クレイも、泡立たないタイプの洗顔料によく使われています。一旦泡にするプロセスがないので、洗浄力が落ちません。しかも、合成界面活性剤が含まれていないので、皮膚に必要な潤い成分まで根こそぎ洗い流すこともなく、角質も破壊されません。最初は泡立たない洗顔料に物足りなさを覚えるかも知れませんが、しっとりした洗い上がりにすぐに慣れるでしょう。合成界面活性剤は純粋に洗浄目的でしか使えません。その点、天然の洗浄成分は洗浄と同時にミネラルなど美容成分を与えることもできるので、洗いながら同時進行で肌を磨くこともできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする