ニキビに効くノブの洗顔料は4種類!違いや選び方まとめ

ニキビ肌用のノブ洗顔料は4種類あります。大人ニキビと思春期ニキビ、乾燥によるニキビで合う洗顔料は違うので、ニキビの種類によって使い分けましょう。各シリーズの特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

ノブacアクティブシリーズは大人のニキビ専用シリーズ!

ノブは肌質や目的によって専用のシリーズを展開しています。ニキビはタイプによって数種類に分けることができますが、大人ニキビ肌に合うのは、acアクティブシリーズ。臨床皮膚医学に基づく30年もの研究から、ニキビを治す近道はマイルドピーリングによる毛穴ケア、という結論に辿り着いたそうです。

そのため、acアクティブシリーズのウォッシングフォームも、毛穴の汚れをしっかり除去できるピーリング洗顔料に仕上がっています。

・ノブ acアクティブウォッシングフォーム 医薬部外品(100 g 2,700 円)
・ノブ acアクティブトライアルセット (洗顔料を含む5アイテム1週間分 1,620 円)

繰り返しやすい大人ニキビは洗顔料で予防できる?

大人ニキビの特徴は、度々ニキビに悩まされること。ストレスや生活習慣、疲れなど心身の影響をダイレクトに受けるため、一旦落ち着いてもすぐにぶり返す傾向があります。

規則正しい生活を送り、ストレスを溜め込まないようにすることも大切な予防方法の1つですが、毛穴が詰まらないよう日々対策を施すことも重要なアプローチ方法。毛穴に古い角質や過剰な皮脂が詰まると、コメドができてニキビもできやすくなります。

毎日の洗顔でしっかりコメドを予防すれば、白ニキビや赤ニキビも激減するはずです。

オイルはニキビの大敵!acアクティブ洗顔料の成分は?

ノブのニキビ用洗顔料は、肌表面の古い角質を洗い流す成分、AHA(グリコール酸)とBHA(サリチル酸)が配合されています。グリコール酸の効果で肌の表面が柔らかくなると、古い角質も洗い流しやすくなります。また、サリチル酸の効果でアクネ菌が活性化しないよう、抑えることもできます。

acアクティブシリーズはどのアイテムも、ニキビの誘発原因になりにくい原料を厳選しています。オイルフリー処方なのも、アクネ菌がオイルを好むため。ノンコメドジェニックテストを実施し、ニキビができにくい処方と認められています。

「乾燥+ニキビ」のお悩みに効くacシリーズ

肌が乾燥するとニキビができやすくなります。乾燥によるニキビにお悩みなら、ノブのacシリーズがおすすめです。acアクティブシリーズ同様、acシリーズもオイルフリー処方でノンコメドジェニックテスト済みです。

パッチテストやアレルギーテストもクリアし、低刺激処方になっているので、敏感肌でも安心して使うことができます。また、acシリーズの洗顔料には、アクネ菌の生育を抑える抗菌成分、感光素201号が配合されています。

・ノブ acウォッシングフォーム 医薬部外品(90 g 2,160 円)

70gのアクネソープは固形石鹸!思春期ニキビ用アイテムが揃うaシリーズ

ノブaシリーズは、皮脂量が多くアクネ菌が増殖しやすい思春期ニキビ用のシリーズです。aシリーズのニキビ用洗顔料は、固形石鹸のアクネソープとフォーム状洗顔料のアクネフォームの2種類あります。量は同じ70gで、同じ価格で販売され、配合成分にも違いがないので、使いやすい方を選びましょう。

どちらも肌荒れを緩和するグリチルリチン酸2K、オウバクエキスが配合されているオイルフリー処方の洗顔料で、ノンコメドジェニックテストもクリアしています。

・ノブ a アクネソープ 医薬部外品 (70 g 864 円)
・ノブ a アクネフォーム 医薬部外品 (70 g 864 円)

医薬部外品の洗顔料・・・なにが違うの?

ノブのニキビ用洗顔料は4種類もありますが、すべて医薬部外品です。医薬部外品の洗顔料には、政府から効果効能が認められた成分が配合されています。そのため、ニキビな特定のトラブルを解決したい時にとても頼りになるアイテムです。

ノブのニキビ肌用洗顔料にも、ピーリング成分やアクネ菌対策用成分など、一般的な化粧品に比べて効果が高い成分が一定量入っているので、早く治したい時にも役に立ちます。