洗顔料がぬるぬるする理由が判明!実は肌によくない?

きちんとすすいだのに洗顔料がぬるぬるすることはありませんか?「ぬるぬる=潤い成分」と誤解している方もいらっしゃいますが、実は肌によくない成分です。

洗顔 ぬるぬる

スポンサーリンク

ヌルヌル系の洗顔料は肌によくない!

顔を洗ったあと、肌がぬるぬるするなら、洗顔料を変えた方がよいかも知れません。極度の乾燥肌、もしくは洗顔に肌がつっぱるのが苦手な方は、あえてヌルヌル系の洗顔料を使っているかも知れませんが、ほとんどの方は水ですすいでもぬるぬる感が残ると不快に感じるのではないでしょうか。

「ぬるぬるが消えないため、いつすすぎを終えてよいのか分からない」、「ぬるぬるがスッキリするまですすぐので、時間がかかる」なんて困っている方もいらっしゃるようです。

すすぎは洗顔の欠かせないプロセスとは言え、すすぐ回数が増えるほど肌の潤い成分や水分が流失してしまう可能性が強くなります。洗顔直後にぬるぬるしているために、いつの間にか乾燥肌になっていることに気づかないケースも。

年齢の数だけすすぐ美顔法もありますが、一般的には10回前後すすいでもまだスッキリしないようなら、洗顔料の見直しが必要です。

洗顔料のぬるぬる・・・正体は?

大半の場合、洗顔料のぬるぬるの正体は保湿成分ではなく、合成界面活性剤です。洗顔料に配合されている保湿成分は、顔を洗っている最中の水分、保湿成分の流失を防ぐためのもので、水やぬるま湯ですすげば汚れと一緒に洗い流されてしまいます。

水やぬるま湯で洗い流しても肌に残っているぬるぬるは、高確率で界面活性剤と言えるでしょう。界面活性剤の中には肌に優しいものもありますが、合成界面活性剤は皮膚の角質層にダメージを与え、バリア機能を衰えさせてしまいます。

オイル系の洗顔料もリスクが高い!

洗顔料の中には、オイル系の保湿成分を高配合しているために、顔を洗ったあとにぬるぬる感が残るタイプもあります。この場合、ぬるぬる感は油膜なので、保湿成分と言えないこともありません。

ただし、洗顔後肌に油膜が残ることで、化粧水や乳液、クリームなど基礎化粧品の有効成分が肌に浸透しにくくなります。そのため油膜ができる洗顔料を使い続けると、基礎化粧品で十分な水分を補うことができず、結果的に肌の乾燥が進むことも・・・。

そもそも保湿は洗顔後のスキンケアで行えば済むことで、洗顔時に過剰な保湿成分は不要です。保湿成分が多いために肝心な洗浄成分が少なく、肌の汚れを落とし切れず、新たな肌トラブルを招きやすくなる洗顔料も少なくありません。

洗顔後に肌がぬるぬるする保湿系、しっとり系の洗顔料を購入する時は、合成界面活性剤やオイル系保湿成分に注意しましょう。

朝の洗顔はぬるぬる感と無縁の固形石鹸もおすすめ

洗顔後、肌がぬるぬるするのが不快なら、固形石鹸が一番安心です。固形石鹸もメーカーによってはオイル系の保湿成分を配合していますが、大半はシンプルな洗浄成分しか使われていないので、さっぱりした洗い上がりが特徴です。

特に忙しい朝はぬるぬる感を取るためにすすぎに時間をかけていられませんよね。朝の洗顔だけでも固形石鹸に切り替えると、肌にかかる負担をだいぶ減らすことができますし、時短対策にもなります。

反対にぬるぬる感が残りやすい洗顔料の形状は、油分と界面活性剤が多いクリームタイプやリキッドタイプです。泡タイプもメーカー次第で界面活性剤や発泡剤などの添加物がたくさん入っているので、成分表示を確認してみて下さい。

特にぬるぬるする洗顔料はビオレ?

口コミをチェックしてみると、メジャーな洗顔料の中でも特にぬるぬる感が残りやすい・・・と言われているのがビオレの洗顔シリーズです。

ビオレの洗顔料はプチプラでたっぷり入っているのでコスパこそ抜群ですが、成分を詳しく確かめてみたところ、やはり合成界面活性剤も多く、様々な解析サイトでも批判的な評価がされています。

合成界面活性剤の他、増粘成分のアクリル系ポリマーなど、肌に残存する成分が多く、敏感肌やアレルギー性皮膚炎の方は避けた方がよい洗顔料かも知れません。